メディア
ニュース
» 2018年09月27日 09時30分 公開

総投資額は約400億円:村田製作所、MLCC増産に向け生産子会社に新棟建設

村田製作所は、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の生産能力を増やすため、子会社の出雲村田製作所に新生産棟を建設する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

2019年11月に竣工予定、総投資額は400億円

 村田製作所は2018年9月、生産子会社の出雲村田製作所(島根県出雲市)が新たに生産棟を建設すると発表した。積層セラミックコンデンサー(MLCC)の生産能力を増やし、需要増に対応するのが狙いだ。総投資額は400億円を予定している。

 新生産棟は、出雲村田製作所から南へ700mに位置する「斐川中央工業団地」内に建設する。用地は2017年4月に取得済みである。建屋は鉄骨造り4階建て、延べ床面積は約4万1000m2である。2018年10月に着工し、建物の完成は2019年11月となる予定だ。

新生産棟の外観予想図 出典:村田製作所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.