事故 に関する記事 事故 に関する質問

「事故」最新記事一覧

安全システム:
新型「レジェンド」が「世界初」の歩行者との衝突を自動回避するシステムを採用
ホンダは2014年内の発売を予定している新型「レジェンド」に、新開発の運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用すると発表した。「世界初」(同社)の「歩行者事故低減ステアリング」機能を搭載している。(2014/10/24)

平野レミさん、レシピサイト公開 話題の「倒れたブロッコリー」も 「『生きる放送事故』なんて言われてますから……」
「ツイッターでは『生きる放送事故』なんてからかわれていますが、ホームページなら何をやっても安心ですね」――料理愛好家の平野レミさんがこのほど、人気レシピやコラムなどを掲載するWebサイト「Remy」を公開した。(2014/10/22)

F1コメンテーター、シューマッハの負傷とGoProカメラを関連付けた発言を撤回
シューマッハ氏がスキー事故で重傷を負った原因がGoProカメラにある可能性を示唆したF1コメンテーターが発言を撤回した。(ロイター)(2014/10/16)

シューマッハの負傷はGoProカメラが原因? F1コメンテーターの指摘で株価が急落
元F1ドライバーであるシューマッハ氏がスキー事故で重傷を負った原因はGoProのマウント部分が原因だった可能性について指摘があり、GoProの株価が急落した。(ロイター)(2014/10/14)

ホワイトペーパー:
誤送信事故と情報漏えい事件の実例から分析する、メールセキュリティの具体策
「他人宛のメールを受け取ったことがある」従業員は49.0%──。実際に起こったメールの誤送信事故と情報漏えい事件の分析と、従業員への意識調査から、事件・事故の特徴とメールセキュリティの具体策が浮き彫りになった。(2014/10/14)

連載・“シャドーIT”との向き合い方:
シャドーIT問題を増長させる「インフラの重力に魂を縛られた人々」と「ニュータイプ社員」とは?
重大なセキュリティ事故などを引き起こす恐れがある「シャドーIT」問題。今回は、企業が自社に潜むシャドーITを発見するポイントを「ニュータイプ社員」「インフラの重力に魂を縛られた人々」という2つのキーワードを用いて解説しよう。(2014/9/30)

“自転車保険”で家族を守れる?:
警察も注目、子どもや高齢者の自転車交通事故に注意
警察庁の「秋の全国交通安全運動」が始まり、取り締まりを行っている警官を見かけた人も多いのでは。最近では、自転車における交通事故防止の風潮が高まっているが、もしもに備えて自転車保険に加入するという対策も考えた方がいいかもしれない。(2014/9/24)

JR青梅線で乗客待つホームに向かってクルマが突っ込む事故
SNSに多くの報告。(2014/9/16)

「吉田調書」も 福島第一原発事故調査委の「ヒアリング記録」をWeb公開
朝日新聞は「吉田調書」を巡る報道に誤りがあったことを認めて謝罪する方針。(2014/9/11)

ホワイトペーパー:
組織化するサイバー攻撃は「相関」で防ぐ
セキュリティ対策を実施していたのに情報漏えいを起こしてしまった。こうした事故が起こってしまう原因は、組織化によるサイバー攻撃の高度化や、セキュリティを取り巻く環境の変化が挙げられる。そうした現在に有効な、“相関”を活用したセキュリティ対策方法とは?(2014/9/9)

Googleの「Android Wear」戦略:
スマートウオッチは“歩きスマホ”を減らす?
Googleの「Android Wear」を搭載したスマートウオッチの発売が続いている。腕時計で時間を確認する感覚でメッセージを確認できるスマートウオッチは、増加する“歩きスマホ”による事故の件数を減らすことにつながるのだろうか。(2014/9/4)

ネットで「飛び込みスポット」として拡散 歴史的景勝地「宮滝」を踏みにじる“度胸試し” 死亡事故も
奈良県吉野町の歴史的景勝地として知られる「宮滝」で深刻な問題が起きている。インターネット上で「飛び込みスポット」と有名になってしまい、県外から「度胸試し」に訪れる若者たちが殺到しているのだ。県などは対策に乗り出しているが、無謀な挑戦者は後を絶たない。(2014/9/4)

人に話したくなるコラム:
航空業界へ参入したヘビメタ界の巨人に学ぶ、ビジネスで成功する戦略
航空業界といえば、飛行機事故や経営破たんなど、ネガティブな話題を想像する人もいるだろう。ビジネスの難しさが浮き彫りになっている業界だが、ニッチなサービスにフォーカスして注目を浴びている会社がある。それは……。(2014/8/29)

注目高まる安全な原発 日本がトップ独走、次世代型「高温ガス炉」 国が開発推進
原発事故を受け、過酷事故のリスクが低い次世代の原子炉「高温ガス炉」が脚光を浴びている。放射性物質の放出や炉心溶融などが起きないとされ、2030年の実用化を目指して実験が進んでいる。(2014/8/27)

全速力のバイクが車に激突 大事故かと思いきや奇跡の着地で九死に一生を得る
アクションスターの誕生である。(2014/8/26)

自然エネルギー:
太陽電池メーカーが倒産しても大丈夫、保証プランを用意
双日インシュアランスは2014年8月、太陽光発電関連事業者向け保険のソリューションプラン「サンブレラ」の販売を開始した。メーカー保証の喪失に備えることができる他、自然災害や売電収入の機会損失、第三者に対する賠償事故など、顧客の必要に応じて保険の内容を選択できる。(2014/8/21)

杉山淳一の時事日想:
鉄道会社の「虚偽申告」 鉄道事故の原因究明は十分か?
2012年2月に起こった鉄道の脱線事故で、JR北海道が提出した記録に「改ざん」があった。事故調査委員会はJR北海道の虚偽を見破った。この改ざんは直接の事故原因ではなかったが、過去の事故はどうか。再検証が必要なのではないか。(2014/8/15)

ナレッジワーキング!!:
僕らは確率の世界に生きて、確率の世界で死ぬ
最近、飛行機の墜落事故が連続して発生しました。ある統計によれば飛行機に乗って事故にあい、死亡する確率は0.009%だといいます。(2014/8/6)

蓄電・発電機器:
地面に電流が漏れる事故、そこから復旧しやすい装置
オムロンは、太陽光発電システム向けの地絡過電圧継電器(OVGR)の新製品3モデルを2014年10月に発売する。太陽光発電システムの設計が容易になり、部品コストを低減できる。2015年4月に導入される新規制に対応することで運用・保安コストの削減にも結び付く。(2014/7/29)

スマホ充電コネクタの発火に注意 製品評価技術基盤機構
スマートフォンやタブレットの充電端子接続部分が発火するなどの事故が相次いでいるとし、製品評価技術基盤機構(NITE)が注意を呼び掛けている。(2014/7/25)

T-SIRT作りました:
怪しい動きは自社でも調査 大成建設に聞くセキュリティの取り組み
昨今のセキュリティ対策ではサイバー攻撃などのインシデント(事故や事件)へ迅速な対応をできることが強く求められている。大成建設はそのためのチーム「T-SIRT」を2013年に結成した。T-SIRT誕生の経緯や日々の活動とはどのようなものか――。(2014/7/17)

手元を離れたファイルをコントロール
委託先から流出した顧客情報を「一括消去できる」“魔法”の情報漏えい対策とは
情報漏えいはどの企業にも起こり得る事故・事件である。しかし、完璧な対策は不可能に近いのが実情で、大きな発想の転換が必要だ。強力な情報漏えい対策の手法と成り得るその実践方法を紹介する。(2014/7/16)

狙われた女性たち 「歩きスマホ」は無防備のサイン 犯罪被害も誘発
「歩きスマホ」による事故が全国で相次いでいる。20代の女性が、手にしていたスマホを自転車の男にひったくられるなど、犯罪被害に直結する問題になっている。(2014/7/15)

インシデント発生を前提に考えるサイボウズのセキュリティ対策とは?
完璧なセキュリティなどあり得ない――サイボウズが自社製品における脆弱性対策やインシデント(事故や事件など)における対応などについて語った。(2014/7/15)

安全システム:
デンソーが自動運転の公道試験を開始、愛知県の交通事故抑止プロジェクトで
デンソーは2014年6月下旬から、高度運転支援技術の開発に向けた公道走行試験を、愛知県の南知多道路で開始した。安全運転の支援とドライバーの運転負荷軽減を目的にしており、単一レーン内の自動運転や自動レーンチェンジなどを実施するという。(2014/7/14)

乳児は100%誤飲:
ボタン電池以外にも……子どもの誤飲どう防ぐ?
電化製品やおもちゃに使われるボタン電池を乳幼児が誤って飲み込む事故が多発している。中には命に関わるような事故もあり、専門家は「製品側にも誤飲できない工夫が必要だ」と呼びかけている。(2014/7/11)

制御システム技術者のためのセキュリティ基礎講座(7):
「状況認識」を実現するSIEMの活用(前編)――スリーマイル島事故の教訓
制御システム技術者が知っておくべき「セキュリティの基礎知識」を分かりやすく紹介する本連載。今回と次回は2回に分けて、「状況認識」(Situational Awareness)という考え方について取り上げ、それを実現するSIEM(Security Information and Event Management)というソリューションについて解説する。(2014/7/8)

自然エネルギー:
北海道の風車落下事故で原因判明、落雷による電流がブレードを破損
2013年12月に発生した「オロロン風力発電所」の風車落下事故で最終報告がまとまった。事故当時から落雷の影響が有力視されていたが、実際に国際規格を超えるレベルのエネルギーをもつ落雷を受けていた。その結果、風車の中心部の内部圧力が上昇して破損につながったことが判明した。(2014/7/7)

「どんな機械もハッキングできるアプリをあげるよ」→ 街で大事故に発展する壮大なドッキリ
もしもゲーム「ウォッチドッグス」の機能が現実にあったら。(2014/6/27)

超危険:
電車とクルマ「正面衝突」誘発する京都“魔の踏切”
線路への車の誤進入による大事故が2年連続で発生し、「魔の踏切」として恐れられている阪急京都線の松原通踏切。京都府警や道路を管理する京都市、阪急電鉄が合同で改善策の検討に乗り出した。(2014/6/27)

小田急線の相模大野駅で脱線事故 Twitterに現場の写真も
帰宅時間を直撃。(2014/6/19)

うまく運用できないCSIRTを作らないために:
CSIRTをめぐる5つの誤解
サイバー攻撃の複雑化、巧妙化にともなって、「インシデントは起きるものである」という事故前提の考えに基づいた対応体制、すなわちCSIRT(Computer Security Incident Response Team)への注目が高まっています。一方でさまざまな「誤解」も生まれているようです。この記事ではCSIRT構築の一助となるよう、よくある5つの誤解を解いていきます。(2014/6/12)

電力供給サービス:
事故で停止中の石炭火力発電所が8月に仮復旧へ、九州の供給力が40万kW増加
3月に事故を起こして運転を停止している「松浦火力発電所2号機」が8月中旬に仮復旧する見通しになった。通常時の出力100万kWに対して40万kW程度の発電能力を予定している。この発電所から電力の供給を受ける九州では今夏の需給状況が厳しく、経済産業省は運転開始の前倒しを要請した。(2014/6/2)

逃がしませんわよ:
最高速度325km/h「ランボルギーニ・ウラカン LP610-4」、警察パトカーに
イタリア国家警察に、0─100km/h加速3.2秒のランボ新モデル「ウラカン LP610-4ポリツィア」が納車された。前世代の“ガヤルドパトカー”に続き、より高性能となったモデルで事故や違反の大きな抑止力に結び付ける。(2014/5/26)

クルマのIT化はビジネスチャンス――排出量ゼロ、重大事故ゼロを目指す
早稲田大学 IT戦略研究所は、ビジネスチャンスとしての自動車IT化の加速をテーマに「第42回 インタラクティブミーティング」を開催。日産自動車 総合研究所 モビリティ・サービス研究所 所長の三田村健氏が「自動車の電動化と知能化が目指すもの」をテーマに講演を行った。(2014/5/26)

App Town ツール:
歩きスマホによる事故を防ぐAndroidアプリ「STOP歩きスマホ」――ソフトバンクがリリース
ソフトバンクモバイルは「歩きスマホ」による事故の防止やマナー向上を目的としたAndroid向け無料アプリ「STOP歩きスマホ」をリリースした。(2014/5/23)

いまさら聞けない 電装部品入門(14):
エアバッグが開かないのは衝突安全ボディのせい!?
衝突事故が発生した際には、必ず展開して乗員を守ってくれると信じられているエアバッグ。しかし実際にはエアバッグが展開しないことも多い。これは、衝突安全ボディが、エアバッグを展開する必要がないレベルまで衝撃を吸収してくれているからだ。(2014/5/22)

電力供給サービス:
プロジェクト開始から19年、紆余曲折を経て火力発電所が稼働
中部電力の「上越火力発電所」が4基の発電設備で230万kWの営業運転に入った。1995年に東北電力と共同で開始した最先端のガス火力発電プロジェクトだったが、電力需要の低迷により計画を縮小したうえで、両社が個別に開発を進めてきた。その間には発電設備の不具合や事故も発生した。(2014/5/19)

誠 Weekly Access Top10(2014年5月5日〜5月11日):
「リポビタンD」には“自販機専用”のボトルがある(本当)
先週はIEの脆弱性に対するマイクロソフトの“神対応”に関する記事がトップに。韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故の記事も、引き続き注目を集めています。(2014/5/16)

「歩きスマホ」に罰金が科される日 重大事故頻発、ネット世論は8割が「規制必要」
「歩きスマホ」が日常の光景になり、階段から転げ落ちたり、駅のホームから転落したりするなど、さまざまな事故が報告され始めた。「歩きスマホ」が規制される日は来るのか。(2014/5/14)

スマートシティ:
地熱と小水力のダブル発電へ、福島の温泉町が風評被害を乗り越える
福島県の中通りにある土湯温泉は震災と原発事故による風評被害を受けたために、16軒あった旅館のうち5軒が廃業してしまった。温泉町の再生に向けて、地元の温泉事業者などが地熱発電と小水力発電のプロジェクトを立ち上げ、2015年の稼働を目指して2つの建設工事を開始する。(2014/5/9)

安全システム:
ホンダ「N-WGN」が安全性能総合評価で5つ星、軽自動車で初
自動車事故対策機構(NASVA)は、平成25年度(2013年度)の「JNCAPファイブスター賞」の受賞車種を発表した。ホンダの「N-WGN」は、新・安全性能総合評価が採用された平成23年度以降で軽自動車として初受賞。最高得点の「JNCAP大賞」に輝いた「クラウン」は、衝突試験の様子を映像で公開している。(2014/5/9)

誠 Weekly Access Top10(2014年4月28日〜5月4日):
さよなら「四月病」、こんにちは「五月病」
先週はIEの脆弱性が大きく話題になった1週間でした。韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故の記事も引き続き注目を集めています。(2014/5/9)

「美味しんぼ」問題に環境省動く 「放射線被ばくが原因で、住民に鼻血が多発しているとは考えられません」
環境省が福島第一原発事故による健康被害について「不当な風評被害が生じることを避ける」ためコメント。明らかに「美味しんぼ」問題への対応です。(2014/5/9)

再検証「ロボット大国・日本」(15):
国産・災害対策ロボット、実用レベルに達した「櫻壱號」
千葉工業大学と日南が開発した新型の災害対応ロボット「櫻壱號」が原子力緊急事態支援センターに導入された。櫻壱號は福島第一原子力発電所の事故で国産ロボットとして初めて現場に投入された「Quince」のDNAを継承するロボットである。その実力とは?(2014/5/9)

誠 Weekly Access Top10(2014年4月21日〜4月27日):
「ニコニコ超会議3」に行ってきました
先週のBusiness Media 誠は、韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故に関する記事と、連載「父と娘のマジトーク」書籍化記念の記事が盛り上がりました。(2014/5/2)

口からしっぽが…… 水族館でサメがサメをガブリとまる飲みしそうになる大事件発生
通常では起こりえない事故だそうです。(2014/5/1)

藤田正美の時事日想:
「まるで殺人のようだ」――セウォル号事故に対するパク大統領の“失言”
「セウォル号」沈没事故で韓国政府の支持率が下がり、首相が辞意を表明するまでの事態になっている。そんななか、パク・クネ大統領が船長ら乗組員に対して「殺人のようだ」と発言したが、これは政治家としての資質を疑うものだ。(2014/4/30)

サバイバルホラー漫画「HOLY HOLY」第1巻が発売延期に 旅客船沈没事故を受けて
出版社は「第1話に今回発生した事故を想起させる描写がある」としている。(2014/4/25)

窪田順生の時事日想:
「セウォル号事故」で韓国が日本の支援を断ったのは「反日」だからではない
「セウォル号」沈没事故で、韓国政府が日本からの支援を断った。誰がみても「支援を受けたほうがよかった」状況なのに、なぜ韓国政府は受け入れなかったのか。それは「反日だから」という理由ではなく……。(2014/4/22)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.