事故 に関する記事 事故 に関する質問

「事故」最新記事一覧

自然エネルギー:
大型風車の落下事故から丸1年、地元の理解を得て再建設が始まる
2013年4月7日に三重県で発生した大型風車の落下事故から1年が経過して、事故機の再建設が始まった。従来と同じメーカーの直径83メートルの風車を使って7月に運転を開始する予定だ。事故原因の究明と再発防止策の実施を迅速に進めたことが地元の理解につながった。(2014/4/18)

福島原発事故で造酒中断の地酒「白富士」 アメリカで復活目指しクラウドファンディングで資金調達中
日本で再開できないため、米シアトルで300年の伝統の味を復活させようと資金を募集しています。(2014/4/16)

不明マレーシア機 飛び交う憶測 「テロ説」から「事故説」まで 機長は本当は英雄?
マレーシア航空行方不明事件で、「テロ」や「ハイジャック」の可能性が取り沙汰される中、最近盛んに語られ始めているのが、機がパイロットらの手を離れて自動操縦で飛び続けた末、燃料切れで墜落したとする「事故説」だ。(2014/3/31)

シカゴ空港で激しい脱線事故が発生 終点を突き抜け列車がエスカレーターを駆け上がる衝撃の世紀末映像
なお大きな怪我人は出なかったもよう。(2014/3/27)

【動画あり】すべての飼い主さんに知っておいてほしい ペットとエレベーターに乗る際に注意すべきこと
死亡事故に繋がってしまったケースもあり。くれぐれもご注意を。(2014/3/27)

タイヤ販売サイトがコワ〜い「BAN動画」公開 特設サイトにはカワイイ萌えキャラも
タイヤ販売のオートウェイが公開した、恐怖の「BAN動画」が話題だ。コンセプトは「激カワ生主がネット生配信中に起こったありえない放送事故」。ツインテールの女の子に待ち受ける衝撃の結末は……。(2014/3/27)

【放送事故】美少女生主の配信中に……いきなりBAN オートウェイのCMが謎の気合入りっぷり
本当に事故ってBANなので心して閲覧した方がいいかも!?(2014/3/26)

半径300メートルのIT:
もう「Twitterのアプリ認証」は使わないに限る
世間が注目する事件や事故、ゴシップには、悪意がある人たちも便乗し、あの手この手でウイルスに感染させようとします。少なくともTwitterについては、悪意が便利さを上回りました。(2014/3/24)

安全・安心・信頼できる風力発電所(4):
第4回:風力発電設備の安全認証
風力発電所で事故が起きてしまうと、発電量に影響を与えるばかりか、事業の採算性に影響を及ぼし、最悪の場合には人命にもかかわる。風力発電の安全性は社会的な責任を伴うものである。事故を防ぐ上で風力発電設備の安全認証が重要な役割を果たす。(2014/3/24)

ベビーシッター仲介サイトにすがる母 匿名でもニーズ、事故覚悟で利用も
ベビーシッターと子供を預けたい親をつなぐマッチングサイトを利用すれば、匿名だが格安で子どもを預けられる。リスクを覚悟しながら、わらにもすがる思いで利用する母もいる。(2014/3/19)

誠 Biz.IDセミナーリポート:
ビジネススマホのセキュリティ対策が必要なただ1つの理由
スマホを仕事で使うのは便利だ。だが、紛失したり不正アプリをインストールしたりすると重大な情報漏えい事故につながる。経営者よ、社員のスマホを管理する理由を考えたことがあるか?(2014/3/27)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
ユーザーメイドで何が悪い!? 「インシデントレポート」からの教訓
ささいな手違いが重大事故にもつながりかねない医療の現場。そのリスク排除の一助となるべきITシステムだが、実際にはIT化が起因となるリスクを抱えてしまうこともある。(2014/3/13)

ドコモ、自転車事故など最大2億円を補償する「ドコモ サイクル保険」
ドコモは、スマホやケータイから申し込める「ドコモの保険」に、主に自転車事故に備える「ドコモ サイクル保険」を追加した。(2014/3/3)

醤油と昭和の香り:
がんばれ銚子電鉄! 一難去ってまた一難
今年1月に脱線事故が発生したこともあり、大幅な減便ダイヤによる運行となっている銚子電鉄。かつて経営危機をぬれ煎餅のヒットで乗り越えたことで知られる会社だが、一難去ってまた一難、厳しい経営状況が続く。(2014/3/3)

杉山淳一の時事日想:
ぜんぶ雪のせい……ではなかった? 東横線追突事故
2014年2月15日。東急東横線元住吉駅で電車の追突事故が起きた。大雪の惨事、死者がなくて不幸中の幸いだ。報道によると、非常ブレーキが作動したにもかかわらず、電車が停まらなかったという。でも、それって……。(2014/2/21)

セキュリティ業界、1440度(5):
自動車もサイバー攻撃の対象に?「Automotive World 2014」レポート
自動車の安全性といえば、「いかに事故を起こさないか」という点に着目してきました。自動車が進化するにつれ、「セキュリティ」も必要になってきたようです。(2014/2/13)

安全・安心・信頼できる風力発電所(1):
第1回:風力発電の最新動向
日本でも風力発電に対する期待が高まってきた。一方で風力発電所の事故も報告されている。すでに欧州では風力発電の普及が進んで、安全・安心・信頼できる風力発電所が一般的になっている。そうした状況をふまえながら、風力発電所の設置に求められる要件を解説していく。(2014/2/7)

車載情報機器:
米国運輸省が車車間通信の導入に本腰、搭載義務化も想定
米国運輸省の道路交通安全局は、乗用車に車車間通信技術を搭載するための取り組みを本格的に始める。車速や走行位置といった走行時の安全に関わるデータを、車車間通信によって1秒間に10回やりとりすることによって衝突事故を回避できるようになるという。(2014/2/5)

「Mステでポロリ」などスパムツイート拡散 アプリ連携の不用意な許可で意図せず投稿、注意を
「Mステでおっpいポロリ放送事故ww」「ドラえもん放送打ち切りが決定」など、デマを含むスパムツイートが拡散している。ツイート内のURLをクリックして連携アプリを認証すると、自分のアカウントからもスパムツイートが自動投稿されてしまう。(2014/2/3)

公式サイトで全編公開中:
イラストレーター榎本よしたかさんの壮絶すぎるエッセイ漫画が話題に これは思わず一気読み!
将来の夢に向けて歩んでいく榎本さん。その道程には、家庭内暴力、ブラック企業、介護、事故、事件など困難がゴロゴロと転がっていて……タフな姿勢に心を打たれる人が続出しています。(2014/1/31)

「田原総一朗オフレコ!」 ゲストは池田信夫さんなど
文化放送とニコニコ生放送がコラボして配信している番組「田原総一朗 オフレコ」。今回は「“原発事故の検証総括”と“再稼働の是非”を問う!」と題し、田原さんと畑村洋太郎さん(東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会委員長)、池田信夫さん(アゴラ研究所所長)がトークを繰り広げる。配信は2月4日20時0分〜。(2014/1/29)

信号機読み取りで追突防止 ホンダが実証実験、燃費向上も
ホンダは、道路脇などに設置された光ビーコンから車に信号機の情報を送り、追突事故の防止や燃費向上につなげる大規模な実証実験に乗り出す。(2014/1/29)

歩きスマホ、危険なワケ ぶつかる直前まで気づかず 5人に1人が事故やけが
「歩きスマホ」の危険性が叫ばれるようになった。周囲への注意が散漫になり、とりわけお年寄りや子供への気づきが遅れがちになるという。(2014/1/16)

自然エネルギー:
風車に雷が落ちて火災発生、福井市の風力発電所で起きた破損事故
2013年12月1日に福井市内の風力発電所で発生した火災・破損事故の原因は落雷だった可能性が大きくなった。発電所を運営する北陸電力が中間報告で明らかにした。ただし落雷を受けたとみられる主要部分が回収できておらず、詳しい事故の原因は6月末をめどに最終報告でまとめる。(2014/1/8)

なぜ日本は福島原発で作業するロボットを創れないのか 大手が市場独占、技術力あるベンチャー参入できず
福島原発の事故を機に、原発施設で作業するロボット開発が加速している。日本では市場を大手企業や有名大学が独占し、ベンチャーは画期的な技術を開発しても参入は困難なのが実情だ。(2014/1/7)

ロボット大国なのに:
なぜ日本は福島原発で作業するロボットを創れないのか
福島第1原発の事故を機に、原発施設で作業するロボット開発が加速している。日本でも世界に先駆けた技術も登場しているが、市場は実績のある大手企業が独占し、ベンチャー企業の参入は難しい。(2014/1/7)

安全システム:
マツダの自動ブレーキ試乗会事故、使用車両に故障や異常は見つからず
マツダは2013年12月26日、埼玉県深谷市の同社販売店で同年11月10日に実施した安全装備の体感試乗会における事故について、警察との合同調査の結果、使用車両に故障や異常がなかったことを確認したと発表した。(2013/12/26)

ひたすら頭を下げる:
ボーナスゼロ……疲弊する九電社員、過酷勤務続く
福島第一原発事故のあおりを受け、九州電力の経営状況が急激に悪化している。昨年冬のボーナスは7%減にとどまったが、4月からは給与が5%カットされ、今夏のボーナスはゼロだ。(2013/12/17)

au未来研究所の研究仮説を神山健治監督がアニメ化
未来との通話実験中起きた事故をアニメで再現した。(2013/12/12)

自然エネルギー:
落雷が原因か、福井と北海道で風力発電所の事故が連続
風力発電所の事故が止まらない。12月1日(日)に福井県の「国見岳風力発電所」で火災が発生したのに続き、5日(木)には北海道の「オロロン風力発電所」でも風車の羽根などが落下する事故が起きた。原因を調査中だが、2件とも落雷による可能性がある。(2013/12/9)

善意の行動が:
電車とホームの隙間への転落事故……電車を押すのは危険!?
電車とホームの隙間に転落した乗客を救うため、居合わせた周囲の乗客が協力して電車を押して傾け、隙間を広げる。こうした善意の「救出劇」が、全国で相次いでいる。しかし専門家からは……。(2013/12/6)

電車とホームの隙間への転落事故 電車を押すのは危険?! 善意の「救出劇」に賛否
電車とホームの隙間に転落した乗客を救うため、周囲の乗客が協力して電車を押して傾け、隙間を広げる。こうした善意の「救出劇」が、「実は危険な行為」との指摘も専門家から出ている。善意の行動に潜む危険とは――(2013/12/5)

ドコモ、「あんしんモード」アプリに「歩きスマホ防止機能」を追加
NTTドコモは、スマートフォンの画面を見つめながらの歩行による事故防止とマナー向上の取り組みとして、「あんしんモード」アプリに「歩きスマホ防止機能」を追加。2013年12月5日から提供する。(2013/12/3)

蓄電・発電機器:
北海道の風車落下事故、修理時のミスと断定も検査結果に不安残る
2013年9月5日に北海道の苫前町で発生した風車の落下事故に関して、運営事業者のユーラスエナジージャパンが最終報告書を監督官庁に提出した。中間報告の時点で明らかになった修理時のミスによるものと断定したが、検査結果を見ると今後に向けた不安な面も残されている。(2013/12/3)

止まるはずが止まらない――マツダ試乗車事故の波紋 自動ブレーキは発展途上
マツダの乗用車試乗会で自動ブレーキ機能が作動せず発生した衝突事故が波紋を呼んでいる。“未来のクルマ”といわれる自動運転技術の実用化にも影響を及ぼす可能性もある。(2013/11/25)

止まるはずが止まらない:
自動ブレーキ事故で、「未来のクルマ」に水を差した「マツダ」の“功罪”
マツダの乗用車試乗会で自動ブレーキ機能が作動せず発生した衝突事故が波紋を呼んでいる。事故原因については操作ミスか、構造上の欠陥かは現時点で不明だが、新たな安全技術として期待される「自動ブレーキ」の普及に水を差したのは間違いない。(2013/11/22)

EE Times Japan Weekly Top10:
さまざまな話題に注目集まる、1位はトヨタの事故解析
EE Times Japanで先週(2013年11月9日〜11月15日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/11/18)

ビジネスニュース 企業動向:
トヨタの急加速事故は欠陥だらけのファームウェアが原因?――原告側調査の詳細
2007年に米国オクラホマ州で、トヨタ自動車の乗用車「カムリ」が急加速したことによる死亡事故が発生した。事故をめぐる訴訟において、原告側証人として事故原因の調査を行った組み込みソフトウェアの専門家は、裁判で「カムリのエンジン制御モジュール(ECM)のファームウェアに重大な欠陥が見つかった」と報告した。(2013/11/11)

4月9日にサポート終了:
XPサポートの終了目前、対策は待ったなし――JBCC、“今から間に合う”無料の対策セミナー開催
移行を怠ると、取引先をも巻き込む事故を招きかねない――。JBCCが、サポート終了間近のWindows XPについて、今から間に合う対策法を紹介するセミナーを開催する。(2013/11/11)

自然エネルギー:
安全性を問われる風力発電、国際的な認証機関が日本でサービス開始
各地の風力発電所で落下事故が相次ぐ中、発電機の安全認証や発電所の性能評価を実施するサービスが国内でも始まる。風力発電の認証機関として世界第3位の実績を誇るULが、小型風力を皮切りに年末から来年にかけて、発電機メーカーと発電事業者を対象にしたサービスを展開する。(2013/11/7)

INSIGHT NOW:
JR北海道が抱える宿唖(しゅくあ)
このところ事故と不祥事が連続して発生しているJR北海道。厳しい経営状況がもたらしたコスト削減への脅迫観念が、経営陣の正気と社員の士気を蝕んでいないか。(2013/10/21)

「クラウド型セキュリティバーチャルフォーラム」の注目Webキャスト
頻発する「Web改ざん」の実態と3つの対策
昨今世間を騒がせているさまざまなセキュリティ事件、事故の中から、今最も旬なトピックを掘り下げるWebキャストシリーズ。第1回のテーマは、この数カ月、国内でも多発している「Web改ざん」について取り上げる。(2013/10/16)

芸能人が不倫現場をネット生配信 「どーするぅ?」→ドッキリ企画だった
前代未聞の“放送事故”にネットは騒然。ところが……。(2013/10/15)

「大島てる」代表も出演 事故物件ナイトが面白そう
事故物件を語るイベントが新宿ロフトプラスワンで開催される。(2013/10/8)

ソフトバンクBBのiPhone用ワンセグチューナーで発火2件 回収へ
ソフトバンクBBのiPhone用のバッテリー付きワンセグチューナー「TV&バッテリー」で発火事故が起きたため、製品を回収する。(2013/10/4)

窪田順生の時事日想:
原子力、医療、JR……、「ムラ」の不正はなぜ原因究明ができないのか?
事件、事故が起きたときに、その原因を追及するのもムラの人間だ。だから、犯人がムラの外へと逃げてしまったら、それを追いかけて取っ捕まえるということまではしない。(2013/10/1)

杉山淳一の時事日想:
JR北海道の問題はどこにあるのか。そして解決する方法はあるのか。
列車火災、脱線事故などを発端としたJR北海道の整備ミス問題は収束どころか拡大する一方だ。いま、JR北海道の鉄道を守るために誰が立ち上がるべきか。現場の職員だ。風当たりは強かろう。しかしこれを再生のチャンスとして改革を進めてほしい。(2013/9/27)

生放送でゆるキャラ・松姫マッピーの「中の人」が露出する事故が発生
テレビ番組の「ご当地キャラ椅子取りゲーム」で着ぐるみの頭が取れてしまう事態に。(2013/9/25)

エネルギー列島2013年版(26)京都:
「京都議定書」の誕生の地、伸び悩む再生可能エネルギーを21倍に
温暖化防止のシンボル都市として世界中に名を知られる京都だが、再生可能エネルギーの導入では後れをとっている。2030年までに導入量を21倍に拡大する目標を掲げて、太陽光と風力に期待をかける。メガソーラーが増える一方で、府内唯一の風力発電所は落下事故で運転を停止したままだ。(2013/9/24)

今こそ見直す「Webセキュリティ対策」
Webサイトを標的としたセキュリティ事故が相次いで明るみに出ている。今後対策が急務だと考えられるポイントとは何か。Webサイトの中心的な要素であるWebアプリケーションに必要なセキュリティ対策とは。徹底解説する。(2014/1/27)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.