「事故」最新記事一覧

相模原の爆発事故、米軍がFacebookで現地写真公開 建物の屋根が吹き飛んでる……
爆発が起こったのは窒素や酸素などのボンベ類が保管されていた建物だったとのこと。(2015/8/24)

Windows 10のツボ(14):
Windows 10のライブタイルで「隠したい画像」がさらされる事故を防ぐ方法
他人に見られたらちょっと恥ずかしいプライベートな画像をPCに保存している人は多いハズ。Windows 10のスタートメニューには「ライブタイル」というアプリ内のコンテンツを自動で表示する機能が備わっているが、場合によっては厄介なことになりそうだ。(2015/8/24)

路線バスのタイヤが突然破裂、乗客パニック……「手榴弾並み」の風圧に恐怖、原因特定できず
路線バスの車内が突然“爆発”したら――滋賀県内で、路線バスのタイヤがバーストし、乗客3人が軽傷を負う事故が起きた。原因はいまだ特定されていない。(2015/8/21)

年金機構の情報漏えい、事故対応のミスで被害拡大と報告
調査報告ではセキュリティ担当者が標的型メール攻撃の可能性を感じながらも、組織的なインシデント対応が不十分だったことが被害拡大につながったと指摘している。(2015/8/20)

裸で乗馬すれば交通事故は減る! イギリスの19歳女性が発案したキャンペーンが話題に
「裸で馬に乗っている人を見たら、ドライバーは間違いなくスピードを落とすでしょう」。(2015/8/19)

スマートカーに「死角」、ハッカーが「侵入」映像の衝撃……Googleは自動運転車の事故続発に動揺?
スマートカーに死角が次々と浮上してきた。ネットに接続した車をハッカーが「乗っ取る」映像が米国で公開されて物議を醸しているほか、Googleの自動運転車では事故が続発。課題が浮き彫りになってきた格好だ。(2015/8/14)

日本型セキュリティの現実と理想:
第4回 常時接続から始まったセキュリティ対策の“無間地獄”
連日のようにセキュリティの事故や事件が取り上げられ、守る側と攻める側との“いたちごっこ”の状態が続いている。なぜ、このような事態になったのか。今回はインターネットの歴史からひも解いてみたい。(2015/8/13)

母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は……
小学校5年生だった少年が乗った自転車と歩行者との衝突事故をめぐる損害賠償訴訟で、少年の母親に約9500万円という高額賠償を命じた。9500万円の内訳はどうなっているのか。(2015/8/7)

「これ以上何をすれば……」 ドラム式洗濯機の安全策、決定打なく 子供の窒息死に消費者から不安の声殺到
都内でドラム式洗濯乾燥機に閉じ込められた男児が窒息死する事故が起き、メーカー各社が対応に迫られている。考えられる限りの安全対策を導入するなかで起きた事故にショックは大きく、各社は「これ以上何をすれば……」と頭を悩ませている。(2015/8/5)

PR:安全な製品を届けるには? もう避けては通れない疲労問題
製品が引き起こす事故の多くは疲労破壊が原因だ。英国のジェット機「コメット」の墜落事故以降、疲労破壊の研究は進んでおり、重要性も認識されている。それにもかかわらず、いまだに疲労破壊による事故が減っていない。現在では大規模な構造物だけでなく、自動車や電子機器に搭載される電子部品の疲労破壊が重大事故を引き起こすようになってきた。(2015/7/31)

バイソンと自撮りしようとして……女性がバイソンにはね飛ばされる事故 米で発生
米国立公園局は「野生動物に近づくべきではない」と注意を呼びかけ。(2015/7/28)

調布市の小型機墜落事故について市長がコメント 再発防止策が構築されるまで自家用機の発着自粛を要請
同市はこれまでも安全対策の徹底と自家用飛行機の使用削減を強く要請していたとし、遺憾の意を表明。(2015/7/27)

ポケットにライターを入れて焼ける事故多発 着火レバーに触れずとも燃える「残り火」に注意
急にシャツのポケットが燃え出す、なんて怖い事例が。(2015/7/24)

「感電事故」の「電気柵」年1万キロ、爆発的に普及……届け出不要、実態つかみ切れず
獣害対策用の電気柵を含む侵入防止柵は年に延長約1万キロという、すさまじいペースで普及している。各自治体も使用状況をつかみ切れていないのが実情だ。(2015/7/24)

車載セキュリティ:
クライスラーの車載情報機器「Uconnect」に脆弱性、「不正侵入の報告ない」
Fiat Chrysler Automobiles(FCA)の車両に採用されている車載情報機器「Uconnect」に、遠隔ハッキングが可能な脆弱性が見つかった。同社は「不正な遠隔ハッキングによる事故は発生していない」とコメント。既に対策プログラムも用意している。(2015/7/23)

西伊豆感電事故 柵を自作、男性「施工ミスだった」 昇圧器取り付け440ボルトに
西伊豆町の電気柵付近で7人が感電し、うち2人が死亡した事故で、電気柵を設置した70代男性が電気柵を自作していたことが分かった。(2015/7/23)

蓄電・発電機器:
停電時でも実は余っている電力がある、余剰電力でBCPを強化できる新サービス
東日本大震災以降、災害や事故などの不測の事態に備えた「事業継続計画(BCP)」が重要視されている。日立製作所と三井不動産はこうしたBCP対策の強化に有効な、非常用発電機の余剰電力を有効活用できる電力供給自動制御システムを開発。2015年7月15日より販売する。(2015/7/17)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
マイナンバー制度の情報漏えいリスクを検証する(後編)
マイナンバー制度において、日本年金機構での情報漏えい事故と同じ事象が発生した場合にどのようなことが起きるでしょうか。懸念されている「マイナンバーの漏えい」と「漏えいによる被害」の2つの可能性について検証します。(2015/7/14)

Maker's Voice:
ウイルス感染は防げない? 標的型攻撃対策での落とし穴
セキュリティ技術者でFFRI社長の鵜飼裕司氏は、ウイルス感染などの「事故前提の対策にとらわれるのは危険」と警鐘を鳴らす。(2015/7/13)

ロシア国内で「自撮り事故死」が多発 すでに数十人が死亡、内務省が注意を呼びかける事態に
あなたの命は100万いいね!をもらうよりも大切です!(2015/7/11)

12歳アイドル卒倒「ヘリウム事故」で何が起きていたのか……学会も注意喚起
パーティーグッズのスプレー缶を吸引したアイドルの少女が卒倒、全身けいれんを起こした。日本小児科学会は「また同じ事故が起きる可能性がある」とし、子供に使わせないよう注意を呼びかけている。(2015/7/8)

iPhoneで事故が起こりやすいスポット 駅・電車編
落下や破損の危険と、常に隣り合わせのiPhone。生活に欠かせないものだけに、事故が起きやすいポイントでは、意識してリスクを回避する必要があります。(2015/7/7)

産業用ロボット:
ロボットによる“殺人”は、工場の“自律化”に危機をもたらすか
ドイツの自動車メーカー フォルクスワーゲンの工場で、産業用ロボットによる事故が発生した。インダストリー4.0などで、工場やロボットの自律化への動きが注目されているが、製造現場ではこの事故をどう受け止めるべきだろうか。(2015/7/7)

フジテレビの情報バラエティー番組を巡り自転車事故の遺族がBPOに申し立て
事前の説明と異なり虚偽を含む内容が放送されたと抗議している。(2015/7/6)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
マイナンバー制度の情報漏えいリスクを検証する(前編)
日本年金機構での情報漏えい事故を契機に、マイナンバー制度でも同様のリスクを懸念する声が聞かれますが、本当に危険なのでしょうか。特定個人情報の保護措置がどのように検討されてきたのかについて検証します。(2015/7/6)

iPhoneで事故が起こりやすいスポット 飲食店・オフィス編
常に持ち歩いているiPhoneは、壊してしまうリスクと背中合わせ。特にリスクが高まる、事故が起きやすいポイントでは、意識してiPhoneを危険から遠ざけるように努力したいところです。(2015/7/5)

iPhoneで事故が起こりやすいスポット 水回り編
気を付けていても起きてしまうiPhoneの故障や破損。実際には、どんなシーンでこうした事故が起こりやすいのかまとめました。こうした場面に遭遇したときには気を引き締めたいものです。(2015/7/3)

セキュリティ事故対応力はどのくらい? 診断ツールが公開
25の質問に答えてサイバー攻撃などの事故対応に必要な力を診断できるツールが公開された。(2015/7/1)

R25スマホ情報局:
「171」「118」etc.…知っておきたい電話番号
事件、事故など、緊急時にかける特別な電話番号。「110番」や「119番」だけじゃないんです。いざという時に役に立つ、特別な電話番号をまとめてみました。(2015/6/30)

ローソンHMV、7月のカラーランイベントを開催中止に 台湾の事故を受け
安全性の確認に時間がかかることから「Color Me Rad HOKKAIDO」を中止に。今後のイベントは安全確認の検査結果によって開催可否を判断する。(2015/6/30)

設計開発ツール:
仮想人体モデルに筋肉が付くともっとドライバーに優しい自動ブレーキを作れる?
トヨタ自動車は、衝突事故における人体傷害の解析に利用できるバーチャル人体モデル「THUMS(サムス)」の新バージョン「THUMS Version 5」を発表した。人の身構え状態から脱力状態までを模擬可能な筋肉モデルを追加したことを特徴とする。(2015/6/26)

芋を温めたら発火!? 電子レンジの発火事故相次ぐ 庫内の汚れにご用心
「電子レンジで加熱していたら火が出た」――こんな相談が相次いでおり、「庫内の汚れや食品の加熱しすぎに注意してほしい」と国民生活センターが呼び掛けている。(2015/6/23)

落としたり壊したりする前に iPhoneの画面を割らないためにやっておくべきこと
気を付けていても、不慮の事故などでiPhoneの画面が割れてしまうとかなりショックです。そうならないために、細心の注意を払うのは当然ですが、iPhoneは落とすもの、という前提で対策を考えてみることも大事かもしれません。(2015/6/20)

サイバー犯罪調査ツール、東京EDが企業向けに提供
警察など法執行機関が使うSS8のネットワークフォレンジックツールの企業版を展開。情報漏えい事故などの原因調査に活用できるとしている。(2015/6/18)

自然エネルギー:
福島第一原発から22キロの工場、1万枚の太陽光パネルで720世帯分の電力
携帯電話などに使われる電子回路基板の製造工場にメガソーラーが完成した。福島第一原子力発電所から22キロメートルの場所にある工場で、事故から3カ月以上に及ぶ操業停止を余儀なくされた。敷地内に残っていた遊休地を利用して、地域の再生可能エネルギーの拡大に貢献する。(2015/6/15)

「実は私は交通事故を起こしました」 校長が突然告白、そのとき児童は……「一生背負う」覚悟で決めた復帰の是非
昨年交通事故を起こしたとして現行犯逮捕され、懲戒処分を受けた小学校の校長が今春、別の小学校の校長として着任した。着任式では「実は私は交通事故を起こしました」と異例の告白。児童たちの心にどう響いたのか。(2015/6/10)

Google、自動運転カーの月間事故報告をスタート
Googleが、自動運転カープロジェクトの公式サイトを立ち上げ、5月分から毎月、事故報告を含む進捗リポートを掲載していくと発表した。(2015/6/7)

携帯各社、安全な充電を促すロゴ・キャッチフレーズを発表
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、MCPCがモバイル機器充電時の事故防止を目的とした安全充電啓発ロゴ・キャッチフレーズを発表した。(2015/5/27)

「キケン! 水濡れ充電」 携帯各社、充電時の事故防止をロゴで啓発
「キケン! 水濡れ充電」――スマートフォンなどの充電時の事故防止の啓発を図るためのロゴとキャッチフレーズを新設。大手3キャリアが採用する。(2015/5/27)

帝国劇場、今秋に大規模補修工事 「Endless SHOCK」LEDパネル転倒事故の再発防止策発表
舞台上を移動する可動式LEDパネルは今後使用しない。(2015/5/21)

職場で役立つデジタル化レシピ:
不慮の事故でも安心 NASのデータを守る外部バックアップの種類と特徴
電源部などの故障で複数ドライブがまとめて損傷を受けた場合、災害で本体ごと破損・喪失してしまった場合などは、RAIDでデータを復旧させることはできない。こうした場合に有効な、外部ドライブへのバックアップ方法をまとめた。(2015/5/20)

ビジネスニュース 業界動向:
自動運転に根深い懸念、アンケート回答者の7割が「信用できない」
ドイツのコンサルティング会社が行った自動運転車に対するアンケート調査によると、回答者の70%が、自動運転のメリットを認識しつつも、同技術を十分に信用できないとしている。とりわけ、自動走行中に事故が起きた場合の責任問題について懸念する人が多い。(2015/5/15)

米Googleが明かす障害復旧の舞台裏
Gmail消失事故で分かった「だからテープバックアップが必要なんだ」
米Googleで発生した2011年のメール障害。そこから得られた教訓は、実に興味深いものだった。Googleスタッフが明かした障害復旧の舞台裏を示す。(2015/5/15)

暴かれた事故 Googleの自動運転車、安全性に疑念も 「過失なし」を強調
Googleの自動運転車の公道での試験走行で、2009年から6年間に11件の事故が起きていたことが判明。AP通信の報道を受けGoogleが公表したが、これまで事故やトラブルは起きていないと公表しており、事実上の隠蔽に非難が集まっている。(2015/5/14)

6年間で11件:
暴かれた事故隠ぺい グーグル自動運転、「過失なし」強調
米グーグルが開発を進めている自動運転車の公道での試験走行で、2009年から6年間に11件の事故が起きていたことが分かった。自動運転車の実用化の大前提としてきた「ミスを犯す人間の運転よりも安全」という主張にも疑念を招きかねない状況だ。(2015/5/14)

Googleの自動運転カー、公道での270万キロ走行で11件の“もらい事故”
Googleが、公道で試験走行中の自動運転カーがかかわった事故はこれまでに11件で、すべて軽度のもので、しかも信号待ちでの追突などの“もらい事故”だったという報告を米ブログメディアに寄稿した。(2015/5/12)

アイルトン・セナの事故死に迫るドキュメンタリー番組 NHK BSで5月13日放送
あれから21年。(2015/5/7)

加入率わずか2割:
数千万円の賠償請求も……絶対に加入しておきたい「自転車保険」の比較と選び方のコツ
過去に9000万円以上という高額賠償判決もあった自転車事故。公道を走るれっきとした“軽車両”として自転車保険の選びかたを考える。(2015/5/2)

繰り返されるステージ事故 舞台装置の大型化・精密化で危険増
堂本光一さん主演の舞台中に照明パネルが倒れ、出演者ら6人が負傷した事故。近年、演劇業界では舞台装置の大型化や精密化が進み、取り扱いが難しくなっている現状がある。(2015/4/30)

「ジェルボール」相次ぐ乳幼児の誤飲 手軽さの裏側で死亡例も「とにかく手の届かぬところに」
パック型液体洗剤「ジェルボール」の誤飲事故が相次いでいる。米国では死亡事故に至ったケースも報告されている。消費者庁は「子供の手の届くところには置かないで」と注意を呼び掛けている。(2015/4/28)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.