事故 に関する記事 事故 に関する質問

「事故」最新記事一覧

大量のデータを安全&手軽に持ち歩きたい!:
おサイフケータイやSuicaでロックを解除――堅牢ポータブルHDD「HD-PZNU3」が便利
ストレージの大容量化で問題になるのが情報流出とデータ破損。特にモバイルストレージは、紛失や不意の事故によるデータ消失につながりやすく、“万が一”が起きたときのダメージは計りしれない。そこで「HD-PZNU3」に注目だ!(2015/3/4)

ああ、絶望(後編):
裁判官は優秀なはずなのに、なぜ“トンデモ判決”が出てくるのか
認知症のお年寄りが電車にはねられた――。この事故に対して、第一審判決は、奥さんだけでなく、別居をしている長男にまで請求を認めた。こんな“トンデモ判決”が、なぜ出てくるのか。最高裁などを歴任した瀬木比呂志氏に話を聞いたところ……。(2015/3/3)

毎月2日&22日は「auスマートパス」の日――交通事故補償キャンペーンも実施
KDDIは、割引率や当選者数、ポイント加算率などが大幅に増える「auスマートパス」の日を毎月2日と22日に設定。また「auスマートパス 交通事故補償キャンペーン」も実施する。(2015/2/26)

盗撮、墜落……「無人機」による犯罪や事故 市場急拡大で問われる安全、安心
「ロボット革命元年」を予感させる今年だが、運用時の事故やプライバシー侵害などへの対応という課題が浮上。操縦者の免許制度を求める声が高まるなど、安全に活用するルール作りが急務となっている。(2015/2/25)

Gmailの宛先オートコンプリートのバグで誤送信が多発
Gmailの宛先オートコンプリートにバグがあり、このバグの影響を受けた一部のユーザーがうっかり間違った宛先にメールを送信してしまう事故が多発している。Googleは問題を特定しており、現在バグを修正中だ。【UPDATE】27日に修正が完了した。(2015/2/24)

マイナンバー対応テンプレートを無償で提供、鍵管理製品も:
「これは課せられた使命」日本オラクルがデータベースにしかできない“守り方”を語る
オラクルが考えるクラウドは「セキュリティなしにはあり得ない」――故意、事故から大事なデータを守るためにできることについて、日本オラクルの取り組みが紹介された。(2015/2/23)

PR:もう見て見ぬふりは許されない! あなたの会社は情報漏えいを未然に防ぐことができるのか?
サイバー攻撃などによる企業の情報漏えい事件・事故が相次いでいる。しかも営利目的の組織犯罪が増えており、企業の被害規模は巨大化しつつあるのが現状だ。いかにして企業はセキュリティ対策を講じていけばいいのだろうか。もはや経営者を先頭に全社一丸とならねばならない状況にあるのは間違いない。(2015/2/23)

蓄電・発電機器:
太陽光発電で怖い「アーク放電」、0.25秒で検出・遮断して発電は継続
三菱電機は2015年2月、太陽光発電システムで発生するアーク放電事故を0.25秒以下で検出、遮断できる技術を開発したと発表した。従来よりも8倍程度高速だ。遮断したとしても健全な回路を使って発電を継続できるという特徴がある。(2015/2/20)

雪道に慣れてないあなたに 靴底の滑り止め、転びにくい歩き方をチェック
毎冬1〜2月は、ニュースや新聞で雪道での転倒事故がよく報道されます。中でも、朝6〜9時までの通勤時間帯の転倒事故が多いのは、気温が低い午前中に雪道が凍結しやすいから。そこで、転ばない秘策として冬靴選びに注目しました。靴底を重視して、スマートに雪道を歩きましょう。(2015/2/4)

境界防御だけでは防げない脅威にも有効
情報漏えいの被害を最小限に抑えるための鉄則とは?
企業の情報資産を脅かす事件・事故が後を絶たない。危機感を持ち、自社の対策状況の見直しを図る企業も少なくないが、万が一、情報漏えいが発覚した後の体制・対策の整備は十分だろうか。(2015/2/3)

連載・“シャドーIT”との向き合い方:
シャドーITとはこれでおさらば!? 企業をむしばむ無断使用ツールを「断捨離」する3つのステップ
重大なセキュリティ事故などを引き起こす恐れがある「シャドーIT」問題。連載を締めくくる今回は、その具体的な対策方法について3つのステップで解説しよう。(2015/1/27)

烏賀陽弘道の時事日想:
福島原発に近い「国道6号線」が開通――そこで何を目にしたのか
原発事故後、3年半ぶりに「国道6号線」が開通した。除染作業の人員や物資を輸送するために道路部分だけが開通したが、住民が戻らないままのエリアはどんな姿に変わり果てたのか。筆者の烏賀陽氏が現地リポートする。(2015/1/22)

センシング技術:
ドライバーの眠気を脈波で感知、デジタコとの連携で交通事故を防ぐ
富士通は、ドライバーの眠気を脈波で感知するウェアラブルセンサーを発表した。耳に装着し、眠気を検知するとアラートが出る仕組み。運行管理システムと連携させることで、運行管理者がドライバーの状態をリアルタイムで確認することができるようになる。(2015/1/19)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
電子タバコがハッキング? IoTの考えたくない未来
2014年は様々な情報セキュリティ上の事件や事故が多発した。その中から幾つか取り上げつつ、2015年以降の未来のセキュリティに向けたヒントを探ってみたい。(2015/1/16)

深夜12時のツンデレラタイム:
【47時間目】正月太り
完全に放送事故。(2015/1/7)

自己負担ゼロで修理できることも:
iPhoneのガラスを割ってしまったとき確認すべき3つのこと
iPhoneを落としてしまって、ディスプレイ面のガラスが割れる“事故”は、気を付けていても突然やってきます。そんなとき、どうしたらいいか、改めてまとめてみました。保証プログラムに加入していると、かなりおトクに修理ができます。(2014/12/31)

「ドローン」航空法で規制 民間企業の利用急増、事故や軍事転用を懸念
政府は、航空法を改正し、無人飛行型ロボットの運用を規制する方針を固めた。災害対策や農薬散布などで無人機を利用した事業を展開する民間企業が増えており、具体的な運用ルールを設けて安全性の確保を図る。(2014/12/26)

電子コミック・プチレビュー:
事故死した恋人を救い出す――何度でも、過去に戻って。
恋人が、目の前で事故死してしまう。しかもそれが、時空の歪みの中で、何度でも繰り返す……。今度こそ、彼を助け出せるのか? 『はるかリフレイン』は、そんな物語です。(2014/12/26)

2014年 検索キーワードランキング(セキュリティ編)
2014年、読者が最も検索したセキュリティキーワードは?
セキュリティ関連の事件/事故が相次いだ2014年。読者が最も気になったセキュリティキーワードとは何だったのでしょうか。2014年に検索されたセキュリティ関連キーワードのトップ10を紹介します。(2014/12/24)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(4):
制御システムを守るためにまず押さえるべき7つの対策点
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。4回目となる今回は、セキュリティ事故を引き起こさないようにするには、どういった対策が事前に必要かを解説する。(2014/12/18)

第5回 Device2Cloudコンテスト 決勝大会リポート:
「クラウド・ネイティブ」たれ――センサーとクラウドを活用して、在庫管理と歩きスマホ事故防止をビルドアップする
デバイスとクラウドを活用したシステムの企画からプレゼン、開発までを競う学生競技会「第5回 Device2Cloudコンテスト」の決勝大会が開催された。本稿では、上位チームのプレゼン内容を中心に決勝大会の模様をお伝えする。(2014/12/17)

登録したら勧誘の電話が掛かってきたぞ→その原因は:
2014年に露見した三つの重大課題とは、ラックが今年のサイバー事件、事故を総括
内部不正が起きる日本ならではの理由は? 国家間のサイバー攻撃における本当の目的は? ラックが2014年の総括を行った。(2014/12/17)

割れたジャガイモと耐熱皿 怖い電子レンジ「誤使用」事故
電子レンジでジャガイモを加熱中に発煙、消防車が駆けつける――電子レンジはちょっとした使い方の間違いでトラブルが発生することがある。(2014/12/17)

ソニーや東芝、車載半導体を量産化 “車の目”暗闇でも歩行者認識
日本の電機大手が、自動車事故を未然に防ぐため、歩行者などを素早く、確実に認識する技術の開発に取り組んでいる。(2014/12/15)

交通事故で亡くなった飼い主を待ち続ける“平成の忠犬”
仏壇の前で飼い主を待つ愛犬・こゆきの姿がフォトブックに。(2014/12/9)

いまさら聞けない 電装部品入門(16):
シートベルトはドライバーに何とか着用してもらうために進化した
自動車の安全システムとして長い歴史を持っているのがシートベルトだ。現在は、装着するのが当たり前になっているが、ここまで来るのにさまざまないきさつやシステムの進化があった。また、衝突事故時に乗員を座席に固定するプリテンショナーをはじめ、今でも進化を続けているシステムでもある。(2014/12/9)

大容量データ転送における課題解決のススメ Case File.2(設計図、CADデータ):
PR:大容量データを、爆速かつ高いセキュリティでやりとりする――JP1/Data Highway+FinalCode
さまざまな情報漏えい事故が世間をにぎわせた2014年。「人ごとではない」と思った企業は多いはずだ。「JP1/Data Highway」は現在、大容量データを高速に送受信できるという機能に加えて、「送ったデータを後から操作し、高い安全性を保つ」というセキュリティ面での強化を進めている。爆速かつ安全、その気になる秘密とは……?(2014/12/3)

目の前で女性消えた? 泉大津駅で奇妙な飛び込み事故 → リアル「GANTZ」だとネット騒然
いったい真相は……?(2014/11/17)

良かった……! 米コルベット・ミュージアムで大穴に落ちてしまった高級スポーツカーが修復
床が陥没し、スポーツカー8台が落ちてしまう悲劇的な事故からの復活。(2014/11/11)

シゲルスダチの死に競馬ファンから悲しみの声 2年前の落馬事故きっかけで人気
2年前の落馬事故をきっかけに、競馬ファンの間では人気者となっていました。(2014/11/10)

ロシアでギリギリすぎる「おっぱいトラック」が街を走行 1日500件の交通事故を引き起こす
なお、すべて男性ドライバーのもよう。(2014/10/27)

安全システム:
新型「レジェンド」が「世界初」の歩行者との衝突を自動回避するシステムを採用
ホンダは2014年内の発売を予定している新型「レジェンド」に、新開発の運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用すると発表した。「世界初」(同社)の「歩行者事故低減ステアリング」機能を搭載している。(2014/10/24)

平野レミさん、レシピサイト公開 話題の「倒れたブロッコリー」も 「『生きる放送事故』なんて言われてますから……」
「ツイッターでは『生きる放送事故』なんてからかわれていますが、ホームページなら何をやっても安心ですね」――料理愛好家の平野レミさんがこのほど、人気レシピやコラムなどを掲載するWebサイト「Remy」を公開した。(2014/10/22)

ホワイトペーパー:
誤送信事故と情報漏えい事件の実例から分析する、メールセキュリティの具体策
「他人宛のメールを受け取ったことがある」従業員は49.0%──。実際に起こったメールの誤送信事故と情報漏えい事件の分析と、従業員への意識調査から、事件・事故の特徴とメールセキュリティの具体策が浮き彫りになった。(2014/10/14)

連載・“シャドーIT”との向き合い方:
シャドーIT問題を増長させる「インフラの重力に魂を縛られた人々」と「ニュータイプ社員」とは?
重大なセキュリティ事故などを引き起こす恐れがある「シャドーIT」問題。今回は、企業が自社に潜むシャドーITを発見するポイントを「ニュータイプ社員」「インフラの重力に魂を縛られた人々」という2つのキーワードを用いて解説しよう。(2014/9/30)

“自転車保険”で家族を守れる?:
警察も注目、子どもや高齢者の自転車交通事故に注意
警察庁の「秋の全国交通安全運動」が始まり、取り締まりを行っている警官を見かけた人も多いのでは。最近では、自転車における交通事故防止の風潮が高まっているが、もしもに備えて自転車保険に加入するという対策も考えた方がいいかもしれない。(2014/9/24)

JR青梅線で乗客待つホームに向かってクルマが突っ込む事故
SNSに多くの報告。(2014/9/16)

「吉田調書」も 福島第一原発事故調査委の「ヒアリング記録」をWeb公開
朝日新聞は「吉田調書」を巡る報道に誤りがあったことを認めて謝罪する方針。(2014/9/11)

ホワイトペーパー:
組織化するサイバー攻撃は「相関」で防ぐ
セキュリティ対策を実施していたのに情報漏えいを起こしてしまった。こうした事故が起こってしまう原因は、組織化によるサイバー攻撃の高度化や、セキュリティを取り巻く環境の変化が挙げられる。そうした現在に有効な、“相関”を活用したセキュリティ対策方法とは?(2014/9/9)

Googleの「Android Wear」戦略:
スマートウオッチは“歩きスマホ”を減らす?
Googleの「Android Wear」を搭載したスマートウオッチの発売が続いている。腕時計で時間を確認する感覚でメッセージを確認できるスマートウオッチは、増加する“歩きスマホ”による事故の件数を減らすことにつながるのだろうか。(2014/9/4)

人に話したくなるコラム:
航空業界へ参入したヘビメタ界の巨人に学ぶ、ビジネスで成功する戦略
航空業界といえば、飛行機事故や経営破たんなど、ネガティブな話題を想像する人もいるだろう。ビジネスの難しさが浮き彫りになっている業界だが、ニッチなサービスにフォーカスして注目を浴びている会社がある。それは……。(2014/8/29)

全速力のバイクが車に激突 大事故かと思いきや奇跡の着地で九死に一生を得る
アクションスターの誕生である。(2014/8/26)

自然エネルギー:
太陽電池メーカーが倒産しても大丈夫、保証プランを用意
双日インシュアランスは2014年8月、太陽光発電関連事業者向け保険のソリューションプラン「サンブレラ」の販売を開始した。メーカー保証の喪失に備えることができる他、自然災害や売電収入の機会損失、第三者に対する賠償事故など、顧客の必要に応じて保険の内容を選択できる。(2014/8/21)

杉山淳一の時事日想:
鉄道会社の「虚偽申告」 鉄道事故の原因究明は十分か?
2012年2月に起こった鉄道の脱線事故で、JR北海道が提出した記録に「改ざん」があった。事故調査委員会はJR北海道の虚偽を見破った。この改ざんは直接の事故原因ではなかったが、過去の事故はどうか。再検証が必要なのではないか。(2014/8/15)

ナレッジワーキング!!:
僕らは確率の世界に生きて、確率の世界で死ぬ
最近、飛行機の墜落事故が連続して発生しました。ある統計によれば飛行機に乗って事故にあい、死亡する確率は0.009%だといいます。(2014/8/6)

蓄電・発電機器:
地面に電流が漏れる事故、そこから復旧しやすい装置
オムロンは、太陽光発電システム向けの地絡過電圧継電器(OVGR)の新製品3モデルを2014年10月に発売する。太陽光発電システムの設計が容易になり、部品コストを低減できる。2015年4月に導入される新規制に対応することで運用・保安コストの削減にも結び付く。(2014/7/29)

スマホ充電コネクタの発火に注意 製品評価技術基盤機構
スマートフォンやタブレットの充電端子接続部分が発火するなどの事故が相次いでいるとし、製品評価技術基盤機構(NITE)が注意を呼び掛けている。(2014/7/25)

T-SIRT作りました:
怪しい動きは自社でも調査 大成建設に聞くセキュリティの取り組み
昨今のセキュリティ対策ではサイバー攻撃などのインシデント(事故や事件)へ迅速な対応をできることが強く求められている。大成建設はそのためのチーム「T-SIRT」を2013年に結成した。T-SIRT誕生の経緯や日々の活動とはどのようなものか――。(2014/7/17)

手元を離れたファイルをコントロール
委託先から流出した顧客情報を「一括消去できる」“魔法”の情報漏えい対策とは
情報漏えいはどの企業にも起こり得る事故・事件である。しかし、完璧な対策は不可能に近いのが実情で、大きな発想の転換が必要だ。強力な情報漏えい対策の手法と成り得るその実践方法を紹介する。(2014/7/16)

インシデント発生を前提に考えるサイボウズのセキュリティ対策とは?
完璧なセキュリティなどあり得ない――サイボウズが自社製品における脆弱性対策やインシデント(事故や事件など)における対応などについて語った。(2014/7/15)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。3月12日発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.