事故 に関する記事 事故 に関する質問

「事故」最新記事一覧

自然エネルギー:
太陽電池メーカーが倒産しても大丈夫、保証プランを用意
双日インシュアランスは2014年8月、太陽光発電関連事業者向け保険のソリューションプラン「サンブレラ」の販売を開始した。メーカー保証の喪失に備えることができる他、自然災害や売電収入の機会損失、第三者に対する賠償事故など、顧客の必要に応じて保険の内容を選択できる。(2014/8/21)

杉山淳一の時事日想:
鉄道会社の「虚偽申告」 鉄道事故の原因究明は十分か?
2012年2月に起こった鉄道の脱線事故で、JR北海道が提出した記録に「改ざん」があった。事故調査委員会はJR北海道の虚偽を見破った。この改ざんは直接の事故原因ではなかったが、過去の事故はどうか。再検証が必要なのではないか。(2014/8/15)

ナレッジワーキング!!:
僕らは確率の世界に生きて、確率の世界で死ぬ
最近、飛行機の墜落事故が連続して発生しました。ある統計によれば飛行機に乗って事故にあい、死亡する確率は0.009%だといいます。(2014/8/6)

蓄電・発電機器:
地面に電流が漏れる事故、そこから復旧しやすい装置
オムロンは、太陽光発電システム向けの地絡過電圧継電器(OVGR)の新製品3モデルを2014年10月に発売する。太陽光発電システムの設計が容易になり、部品コストを低減できる。2015年4月に導入される新規制に対応することで運用・保安コストの削減にも結び付く。(2014/7/29)

スマホ充電コネクタの発火に注意 製品評価技術基盤機構
スマートフォンやタブレットの充電端子接続部分が発火するなどの事故が相次いでいるとし、製品評価技術基盤機構(NITE)が注意を呼び掛けている。(2014/7/25)

T-SIRT作りました:
怪しい動きは自社でも調査 大成建設に聞くセキュリティの取り組み
昨今のセキュリティ対策ではサイバー攻撃などのインシデント(事故や事件)へ迅速な対応をできることが強く求められている。大成建設はそのためのチーム「T-SIRT」を2013年に結成した。T-SIRT誕生の経緯や日々の活動とはどのようなものか――。(2014/7/17)

手元を離れたファイルをコントロール
委託先から流出した顧客情報を「一括消去できる」“魔法”の情報漏えい対策とは
情報漏えいはどの企業にも起こり得る事故・事件である。しかし、完璧な対策は不可能に近いのが実情で、大きな発想の転換が必要だ。強力な情報漏えい対策の手法と成り得るその実践方法を紹介する。(2014/7/16)

狙われた女性たち 「歩きスマホ」は無防備のサイン 犯罪被害も誘発
「歩きスマホ」による事故が全国で相次いでいる。20代の女性が、手にしていたスマホを自転車の男にひったくられるなど、犯罪被害に直結する問題になっている。(2014/7/15)

インシデント発生を前提に考えるサイボウズのセキュリティ対策とは?
完璧なセキュリティなどあり得ない――サイボウズが自社製品における脆弱性対策やインシデント(事故や事件など)における対応などについて語った。(2014/7/15)

安全システム:
デンソーが自動運転の公道試験を開始、愛知県の交通事故抑止プロジェクトで
デンソーは2014年6月下旬から、高度運転支援技術の開発に向けた公道走行試験を、愛知県の南知多道路で開始した。安全運転の支援とドライバーの運転負荷軽減を目的にしており、単一レーン内の自動運転や自動レーンチェンジなどを実施するという。(2014/7/14)

乳児は100%誤飲:
ボタン電池以外にも……子どもの誤飲どう防ぐ?
電化製品やおもちゃに使われるボタン電池を乳幼児が誤って飲み込む事故が多発している。中には命に関わるような事故もあり、専門家は「製品側にも誤飲できない工夫が必要だ」と呼びかけている。(2014/7/11)

制御システム技術者のためのセキュリティ基礎講座(7):
「状況認識」を実現するSIEMの活用(前編)――スリーマイル島事故の教訓
制御システム技術者が知っておくべき「セキュリティの基礎知識」を分かりやすく紹介する本連載。今回と次回は2回に分けて、「状況認識」(Situational Awareness)という考え方について取り上げ、それを実現するSIEM(Security Information and Event Management)というソリューションについて解説する。(2014/7/8)

自然エネルギー:
北海道の風車落下事故で原因判明、落雷による電流がブレードを破損
2013年12月に発生した「オロロン風力発電所」の風車落下事故で最終報告がまとまった。事故当時から落雷の影響が有力視されていたが、実際に国際規格を超えるレベルのエネルギーをもつ落雷を受けていた。その結果、風車の中心部の内部圧力が上昇して破損につながったことが判明した。(2014/7/7)

「どんな機械もハッキングできるアプリをあげるよ」→ 街で大事故に発展する壮大なドッキリ
もしもゲーム「ウォッチドッグス」の機能が現実にあったら。(2014/6/27)

超危険:
電車とクルマ「正面衝突」誘発する京都“魔の踏切”
線路への車の誤進入による大事故が2年連続で発生し、「魔の踏切」として恐れられている阪急京都線の松原通踏切。京都府警や道路を管理する京都市、阪急電鉄が合同で改善策の検討に乗り出した。(2014/6/27)

小田急線の相模大野駅で脱線事故 Twitterに現場の写真も
帰宅時間を直撃。(2014/6/19)

うまく運用できないCSIRTを作らないために:
CSIRTをめぐる5つの誤解
サイバー攻撃の複雑化、巧妙化にともなって、「インシデントは起きるものである」という事故前提の考えに基づいた対応体制、すなわちCSIRT(Computer Security Incident Response Team)への注目が高まっています。一方でさまざまな「誤解」も生まれているようです。この記事ではCSIRT構築の一助となるよう、よくある5つの誤解を解いていきます。(2014/6/12)

電力供給サービス:
事故で停止中の石炭火力発電所が8月に仮復旧へ、九州の供給力が40万kW増加
3月に事故を起こして運転を停止している「松浦火力発電所2号機」が8月中旬に仮復旧する見通しになった。通常時の出力100万kWに対して40万kW程度の発電能力を予定している。この発電所から電力の供給を受ける九州では今夏の需給状況が厳しく、経済産業省は運転開始の前倒しを要請した。(2014/6/2)

逃がしませんわよ:
最高速度325km/h「ランボルギーニ・ウラカン LP610-4」、警察パトカーに
イタリア国家警察に、0─100km/h加速3.2秒のランボ新モデル「ウラカン LP610-4ポリツィア」が納車された。前世代の“ガヤルドパトカー”に続き、より高性能となったモデルで事故や違反の大きな抑止力に結び付ける。(2014/5/26)

クルマのIT化はビジネスチャンス――排出量ゼロ、重大事故ゼロを目指す
早稲田大学 IT戦略研究所は、ビジネスチャンスとしての自動車IT化の加速をテーマに「第42回 インタラクティブミーティング」を開催。日産自動車 総合研究所 モビリティ・サービス研究所 所長の三田村健氏が「自動車の電動化と知能化が目指すもの」をテーマに講演を行った。(2014/5/26)

App Town ツール:
歩きスマホによる事故を防ぐAndroidアプリ「STOP歩きスマホ」――ソフトバンクがリリース
ソフトバンクモバイルは「歩きスマホ」による事故の防止やマナー向上を目的としたAndroid向け無料アプリ「STOP歩きスマホ」をリリースした。(2014/5/23)

いまさら聞けない 電装部品入門(14):
エアバッグが開かないのは衝突安全ボディのせい!?
衝突事故が発生した際には、必ず展開して乗員を守ってくれると信じられているエアバッグ。しかし実際にはエアバッグが展開しないことも多い。これは、衝突安全ボディが、エアバッグを展開する必要がないレベルまで衝撃を吸収してくれているからだ。(2014/5/22)

電力供給サービス:
プロジェクト開始から19年、紆余曲折を経て火力発電所が稼働
中部電力の「上越火力発電所」が4基の発電設備で230万kWの営業運転に入った。1995年に東北電力と共同で開始した最先端のガス火力発電プロジェクトだったが、電力需要の低迷により計画を縮小したうえで、両社が個別に開発を進めてきた。その間には発電設備の不具合や事故も発生した。(2014/5/19)

誠 Weekly Access Top10(2014年5月5日〜5月11日):
「リポビタンD」には“自販機専用”のボトルがある(本当)
先週はIEの脆弱性に対するマイクロソフトの“神対応”に関する記事がトップに。韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故の記事も、引き続き注目を集めています。(2014/5/16)

「歩きスマホ」に罰金が科される日 重大事故頻発、ネット世論は8割が「規制必要」
「歩きスマホ」が日常の光景になり、階段から転げ落ちたり、駅のホームから転落したりするなど、さまざまな事故が報告され始めた。「歩きスマホ」が規制される日は来るのか。(2014/5/14)

スマートシティ:
地熱と小水力のダブル発電へ、福島の温泉町が風評被害を乗り越える
福島県の中通りにある土湯温泉は震災と原発事故による風評被害を受けたために、16軒あった旅館のうち5軒が廃業してしまった。温泉町の再生に向けて、地元の温泉事業者などが地熱発電と小水力発電のプロジェクトを立ち上げ、2015年の稼働を目指して2つの建設工事を開始する。(2014/5/9)

安全システム:
ホンダ「N-WGN」が安全性能総合評価で5つ星、軽自動車で初
自動車事故対策機構(NASVA)は、平成25年度(2013年度)の「JNCAPファイブスター賞」の受賞車種を発表した。ホンダの「N-WGN」は、新・安全性能総合評価が採用された平成23年度以降で軽自動車として初受賞。最高得点の「JNCAP大賞」に輝いた「クラウン」は、衝突試験の様子を映像で公開している。(2014/5/9)

誠 Weekly Access Top10(2014年4月28日〜5月4日):
さよなら「四月病」、こんにちは「五月病」
先週はIEの脆弱性が大きく話題になった1週間でした。韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故の記事も引き続き注目を集めています。(2014/5/9)

「美味しんぼ」問題に環境省動く 「放射線被ばくが原因で、住民に鼻血が多発しているとは考えられません」
環境省が福島第一原発事故による健康被害について「不当な風評被害が生じることを避ける」ためコメント。明らかに「美味しんぼ」問題への対応です。(2014/5/9)

再検証「ロボット大国・日本」(15):
国産・災害対策ロボット、実用レベルに達した「櫻壱號」
千葉工業大学と日南が開発した新型の災害対応ロボット「櫻壱號」が原子力緊急事態支援センターに導入された。櫻壱號は福島第一原子力発電所の事故で国産ロボットとして初めて現場に投入された「Quince」のDNAを継承するロボットである。その実力とは?(2014/5/9)

誠 Weekly Access Top10(2014年4月21日〜4月27日):
「ニコニコ超会議3」に行ってきました
先週のBusiness Media 誠は、韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故に関する記事と、連載「父と娘のマジトーク」書籍化記念の記事が盛り上がりました。(2014/5/2)

口からしっぽが…… 水族館でサメがサメをガブリとまる飲みしそうになる大事件発生
通常では起こりえない事故だそうです。(2014/5/1)

藤田正美の時事日想:
「まるで殺人のようだ」――セウォル号事故に対するパク大統領の“失言”
「セウォル号」沈没事故で韓国政府の支持率が下がり、首相が辞意を表明するまでの事態になっている。そんななか、パク・クネ大統領が船長ら乗組員に対して「殺人のようだ」と発言したが、これは政治家としての資質を疑うものだ。(2014/4/30)

サバイバルホラー漫画「HOLY HOLY」第1巻が発売延期に 旅客船沈没事故を受けて
出版社は「第1話に今回発生した事故を想起させる描写がある」としている。(2014/4/25)

窪田順生の時事日想:
「セウォル号事故」で韓国が日本の支援を断ったのは「反日」だからではない
「セウォル号」沈没事故で、韓国政府が日本からの支援を断った。誰がみても「支援を受けたほうがよかった」状況なのに、なぜ韓国政府は受け入れなかったのか。それは「反日だから」という理由ではなく……。(2014/4/22)

自然エネルギー:
大型風車の落下事故から丸1年、地元の理解を得て再建設が始まる
2013年4月7日に三重県で発生した大型風車の落下事故から1年が経過して、事故機の再建設が始まった。従来と同じメーカーの直径83メートルの風車を使って7月に運転を開始する予定だ。事故原因の究明と再発防止策の実施を迅速に進めたことが地元の理解につながった。(2014/4/18)

福島原発事故で造酒中断の地酒「白富士」 アメリカで復活目指しクラウドファンディングで資金調達中
日本で再開できないため、米シアトルで300年の伝統の味を復活させようと資金を募集しています。(2014/4/16)

不明マレーシア機 飛び交う憶測 「テロ説」から「事故説」まで 機長は本当は英雄?
マレーシア航空行方不明事件で、「テロ」や「ハイジャック」の可能性が取り沙汰される中、最近盛んに語られ始めているのが、機がパイロットらの手を離れて自動操縦で飛び続けた末、燃料切れで墜落したとする「事故説」だ。(2014/3/31)

シカゴ空港で激しい脱線事故が発生 終点を突き抜け列車がエスカレーターを駆け上がる衝撃の世紀末映像
なお大きな怪我人は出なかったもよう。(2014/3/27)

【動画あり】すべての飼い主さんに知っておいてほしい ペットとエレベーターに乗る際に注意すべきこと
死亡事故に繋がってしまったケースもあり。くれぐれもご注意を。(2014/3/27)

タイヤ販売サイトがコワ〜い「BAN動画」公開 特設サイトにはカワイイ萌えキャラも
タイヤ販売のオートウェイが公開した、恐怖の「BAN動画」が話題だ。コンセプトは「激カワ生主がネット生配信中に起こったありえない放送事故」。ツインテールの女の子に待ち受ける衝撃の結末は……。(2014/3/27)

【放送事故】美少女生主の配信中に……いきなりBAN オートウェイのCMが謎の気合入りっぷり
本当に事故ってBANなので心して閲覧した方がいいかも!?(2014/3/26)

半径300メートルのIT:
もう「Twitterのアプリ認証」は使わないに限る
世間が注目する事件や事故、ゴシップには、悪意がある人たちも便乗し、あの手この手でウイルスに感染させようとします。少なくともTwitterについては、悪意が便利さを上回りました。(2014/3/24)

安全・安心・信頼できる風力発電所(4):
第4回:風力発電設備の安全認証
風力発電所で事故が起きてしまうと、発電量に影響を与えるばかりか、事業の採算性に影響を及ぼし、最悪の場合には人命にもかかわる。風力発電の安全性は社会的な責任を伴うものである。事故を防ぐ上で風力発電設備の安全認証が重要な役割を果たす。(2014/3/24)

ベビーシッター仲介サイトにすがる母 匿名でもニーズ、事故覚悟で利用も
ベビーシッターと子供を預けたい親をつなぐマッチングサイトを利用すれば、匿名だが格安で子どもを預けられる。リスクを覚悟しながら、わらにもすがる思いで利用する母もいる。(2014/3/19)

誠 Biz.IDセミナーリポート:
ビジネススマホのセキュリティ対策が必要なただ1つの理由
スマホを仕事で使うのは便利だ。だが、紛失したり不正アプリをインストールしたりすると重大な情報漏えい事故につながる。経営者よ、社員のスマホを管理する理由を考えたことがあるか?(2014/3/27)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
ユーザーメイドで何が悪い!? 「インシデントレポート」からの教訓
ささいな手違いが重大事故にもつながりかねない医療の現場。そのリスク排除の一助となるべきITシステムだが、実際にはIT化が起因となるリスクを抱えてしまうこともある。(2014/3/13)

ドコモ、自転車事故など最大2億円を補償する「ドコモ サイクル保険」
ドコモは、スマホやケータイから申し込める「ドコモの保険」に、主に自転車事故に備える「ドコモ サイクル保険」を追加した。(2014/3/3)

醤油と昭和の香り:
がんばれ銚子電鉄! 一難去ってまた一難
今年1月に脱線事故が発生したこともあり、大幅な減便ダイヤによる運行となっている銚子電鉄。かつて経営危機をぬれ煎餅のヒットで乗り越えたことで知られる会社だが、一難去ってまた一難、厳しい経営状況が続く。(2014/3/3)

杉山淳一の時事日想:
ぜんぶ雪のせい……ではなかった? 東横線追突事故
2014年2月15日。東急東横線元住吉駅で電車の追突事故が起きた。大雪の惨事、死者がなくて不幸中の幸いだ。報道によると、非常ブレーキが作動したにもかかわらず、電車が停まらなかったという。でも、それって……。(2014/2/21)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.