「Androidケータイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Google、EU制裁受け欧州で販売するAndroid端末への公式アプリバンドル条件変更
GoogleがEUによる7月の独禁法違反制裁への対策として、欧州経済地域での公式アプリバンドル義務付けを終了し、その代わりバンドルに際してはライセンス料を課すと発表した。(2018/10/17)

ドコモの「ワンナンバーサービス」がAndroidスマホでも利用可能に 専用周辺機器「ワンナンバーフォン」が登場
スマートフォンの携帯電話番号をアクセサリ端末(子機)と共有できるNTTドコモの「ワンナンバーサービス」が、Androidスマートフォンにも対応する。子機「ワンナンバーフォン」を購入した上で、スマホに専用アプリをインストールしてセットアップすることで使える。(2018/10/17)

「Palm」が大型スマホのコンパニオン端末として復活
米新興企業Palmが、新端末「Palm」を発表した。オリジナルのPDAとは異なり、Androidスマートフォン/iPhoneと電話番号を共有し、大型スマートフォンの代わりに持ち歩ける小型軽量のコンパニオン端末という位置づけだ。(2018/10/16)

Razer、ゲーマーのためのハイエンドスマホ「Razer Phone 2」を799ドルで発売へ
ゲームデバイスメーカーのRazerが、ゲームプレイを重視した新Androidスマートフォン「Razer Phone 2」を発表した。米国での販売価格は799ドル。ハイスペックだが、ゲームプレイのために切り欠きはなく、上下のベゼルはフロントスピーカーに占められている。(2018/10/11)

坂本ラヂヲ、「Pixel 3」「Pixel 3 XL」対応ケース3種類を発売
坂本ラヂヲは、11月1日にAndroidスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」に対応したレザーケースなどを発売。公式に承認された「Made for Google」製品で、いずれも背面の指紋センサーを邪魔しない仕様となっている。(2018/10/10)

Googleのスマホ「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が11月1日発売 国内ではドコモとソフトバンクも販売
GoogleブランドのAndroidスマートフォンが、3世代目にして初めて日本に上陸する。同社による直販に加え、NTTドコモとソフトバンクでも販売する。(2018/10/10)

ツァイス、Android搭載フルサイズコンデジ「ZX1」 Lightroom CCを内蔵
ZEISS Distagon 35mm f/2 T*をフル活用したい人向け。(2018/9/28)

Microsoft、手描きコラボアプリ「Whiteboard」のiOS版公開 Webアプリもプレビューに
Microsoftの“フリーフォームのデジタルキャンパス”「Whiteboard」のiOS版がApp Storeで公開された。Webアプリもプレビューになり、Android端末からも利用できる。(2018/9/26)

ふぉーんなハナシ:
「Pixel」日本デビュー!? Googleが謎の日本語ティーザーサイトを公開
Webサーフィンをしていたら、Googleが開設した日本語ティーザーサイトを発見しました。スマートフォンらしきモチーフの形状から、Androidスマートフォン「Pixel(ピクセル)」の最新モデルの日本投入を示唆しているものと思われます。(2018/9/14)

パナソニック、頑丈ボディーのAndroid搭載ハンドヘルド端末「TOUGHBOOK FZ-T1」
パナソニック モバイルコミュニケーションズは、「TOUGHBOOK」シリーズのラインアップに5型液晶搭載のハンドヘルドモデルを追加する。(2018/9/11)

スマホの画面をテレビに出力できるUSB HDMI変換アダプター
サンワサプライは、9月6日にスマートフォンの映像をテレビやディスプレイに出力できるフルHD対応のUSB HDMI変換アダプターを発売。1台でiPhone/iPadやmiracast対応Androidスマートフォン/タブレットに出力でき、iOS搭載機器ではアプリをインストールすることなく接続するだけで利用可能となっている。(2018/9/6)

国内版SIMフリーiPhone SEが1位 2018年8月中古スマホ売上ランキング
ムスビーは、2018年8月中古携帯/スマホランキングを発表。国内版SIMフリーのiPhone SEが初の1位を獲得し、2位〜5位はiPhone 6sが独占。Androidスマートフォン部門では「AQUOS sense SH-01K」が5カ月連続1位となっている。(2018/9/3)

厚さ7mmの薄型ワイヤレス充電パッド「Futura X Wireless Charging Pad」発売
Glotureがアルミニウム製の薄型充電パッドを9月に発売する。厚さ7mmを実現し、精密設計の内部冷却システムで安定性と安全性を確保。iPhone XやAndroid搭載端末に対応し、電源供給用のUSB Type-Cケーブルが付属する。(2018/8/14)

Anker、350ml缶サイズのAndroid搭載モバイルプロジェクター上位モデル「Nebula Capsule Pro」 明るさ1.5倍に
アンカー・ジャパンは、コンパクトな円筒筐体を採用したモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule Pro」を発売する。(2018/8/6)

ムスビーの中古スマホランキング 7月はSIMフリー「iPhone SE」が2位に浮上
ムスビーは、2018年7月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6sが4カ月連続で1位を獲得した一方、国内版SIMロックフリーのiPhone SEが2位に浮上した。Androidスマートフォン部門では「Xperia XZ2 Compact SO-05K」が初ランクインしている。(2018/8/2)

ITりてらしぃのすゝめ:
「佐川急便の偽サイト」に学ぶAndroidの防御法 見直す設定はたった1つ
佐川急便そっくりの偽サイトが登場し、被害に遭うユーザーが続出している。しかし、実はこれらはAndroid端末を対象にしたもの。簡単な設定を見直すだけでこれらの脅威から身を守ることができる。(2018/7/31)

GMO、スマホゲーム内でビットコイン配布 300万円相当かけた大会も
GMOインターネットは7月27日、同社が提供しているiOS/Androidスマートフォン向けゲーム「Whimsical War」(ウィムジカルウォー)内の報酬として、仮想通貨のビットコインを配布すると発表した。(2018/7/27)

ホワイトペーパー:
「Xperia XZ Premium」と「Galaxy Note8」を比較 最強Androidスマホはどっち?
Androidスマートフォンの2大巨頭、「Xperia」シリーズと「Galaxy」シリーズ。それぞれの旗艦モデル「Xperia XZ Premium」と「Galaxy Note8」を徹底レビューする。(2018/7/13)

350ml缶サイズのAndroid搭載モバイルプロジェクター「Nebula Capsule」を試す
「ホームシアターは今どきVRでしょ」って? まぁまぁそう言わずに。(2018/7/6)

アイコンも変更:
ソフトバンクがAndroid版「+メッセージ」アプリの配信を再開 「SoftBankメール」とは別アプリに
ソフトバンクのAndroid端末向け「+メッセージ」アプリの配信が再開された。「SoftBankメール」のバージョンアップとして配信された旧アプリを利用している人も対応が必要となる。(2018/6/28)

Googleの純正物差しアプリがARCore対応の全Android端末で利用可能に
Googleの拡張現実ツール「ARCore」採用の純正メジャーアプリ「Measure」がGoogle Playストアで公開された。ARCoreをサポートするすべてのAndroid端末で利用できる。カメラに映した物体の幅と高さを測れる。(2018/6/22)

ソフトバンクAndroid向け「+メッセージ」アプリ 「SoftBankメール」から分離の上配信再開へ
現在配信を停止しているソフトバンクAndroid端末向け「+メッセージ」アプリ。従来の「SoftBankアプリ」をバージョンアップ提供する形で提供されたことがその原因だが、別アプリとして提供することで問題を解決することになった。(2018/6/21)

IoTセキュリティ:
秘密分散技術を用いたデータセキュリティソリューションのJava対応版を提供
ZenmuTechは、同社のオープンセキュリティインフラストラクチャー「ZENMU」のエンジン部分「ZENMU Engine」のJava対応版となる「ZENMU Engine 1.0 for Java」の提供を開始した。Android端末のデータ保護やWebサービスでの利用が拡大できる。(2018/6/14)

ドコモのiPhone 6sが2カ月連続1位に 2018年5月中古スマホ売上ランキング 
ムスビーは、2018年5月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6sが2カ月連続で1位を獲得し、SIMフリーのiPhone SEやNTTドコモのiPhone 8が躍進。Androidスマートフォンに限定したランキングでは、NTTドコモの「AQUOS sense SH-01K」が2カ月連続で1位となった。(2018/6/1)

ハイエンドカメラのRED、約14万円のAndroidスマートフォン「HYDROGEN ONE」を今夏発売へ
ハイエンドデジタルカメラで知られるREDの初のAndroid端末「HYDROGEN ONE」が今夏米国でAT&TとVerizonから発売される。“ホログラフィック”なコンテンツを表示できるのが特徴だ。REDのカメラを接続すれば、ホログラフィックなコンテンツの撮影も可能としている。(2018/5/21)

HTC、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を年内発売へ
HTCが、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を発表した。年末までに出荷する計画。DAppをサポートし、Bitcoinなどの暗号通貨のノードとして使える。(2018/5/16)

Google、Androidの定例セキュリティパッチをOEMに義務付けへ
Android端末の月例セキュリティパッチは、Googleのオリジナル端末以外への配信は現在まちまちだが、OEM契約で義務付けるとGoogleが発表した。(2018/5/14)

Build 2018:
Microsoft、iOS/Android端末のアプリをPCで見えるようにする「Your Phone」をβ公開
Microsoftが、iOSおよびAndroid端末内の画像やテキストメッセージをPC上で閲覧・コピーできるようにするWindowsアプリ「Your Phone」と、Windows 10の新機能「Timeline」のiPhoneとAndroid端末のサポートを発表した。(2018/5/8)

Androidスマホ/タブレットをBluetoothキーボードにできるアプリ「Rickey+」
イデア・フロントは、Androidスマートフォン/タブレットをWindows PC用のBluetoothキーボードとして利用できるアプリ「Rickey+」をリリース。手元のスマートフォン/タブレットのタッチ操作でPCの入力や各種操作を行うことができる。(2018/5/7)

Android端末に「Rowhammer攻撃」、ChromeやFirefoxに脆弱性
DRAMの設計上の弱点を突く「Rowhammer攻撃」を仕掛け、Webブラウザのセキュリティ対策をかわせてしまう脆弱性が発見された。(2018/5/7)

LGの新フラグシップ「G7 ThinQ」──“切り欠き”、「Googleアシスタント」ボタン、AIカメラ
LG Elecgronicsが新フラグシップAndroidスマートフォン「LG G7 ThinQ」を発表した。6.1型のディスプレイは(見えなくすることもできる)“切り欠き”付きで画面比19.5:9。側面には「Googleアシスタント」専用ボタンがある。(2018/5/5)

「Googleアシスタント」対応スマートホーム製品が5000種以上に
Googleが、Android端末や「Google Home」に搭載されている「Googleアシスタント」で操作できるスマートホーム製品が、1月時点の1500種類から5000種以上に増えたと発表した。(2018/5/5)

ドコモのiPhone 6sが初の1位 5sは圏外へ 2018年4月中古スマホ売上ランキング
ムスビーは、2018年4月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6sが初の1位を獲得し、SIMフリーのiPhone 7やiPhone 8がトップ10内にランクイン。Androidスマートフォンに限定したランキングでは、価格帯で購入できるNTTドコモの「AQUOS sense SH-01K」が1位となった。(2018/5/1)

「ZenFone 3」「ZenFone 4」にOSバージョンアップ Android 8.0に
ASUSのAndroidスマートフォン「ZenFone 3」と「ZenFone 4」にOSバージョンアップが配信される。Android 8.0の新機能が使えるようになるが、一部注意が必要な点もある。(2018/4/18)

大部分のAndroid端末、Google配信のセキュリティパッチを完全には網羅せず――独セキュリティ企業の調査
Googleが月例パッチに含めた重大な脆弱性への対応が抜け落ちていることがある――。ドイツのセキュリティ企業Security Research Labsが調査結果を発表した。(2018/4/13)

多数のセンサーとLTEを搭載した業務用Android端末、ビッグローブが発売
ビッグローブが業務用のIoTデバイス「BL-02」を発表した。2.8インチのディスプレイを搭載したポータブルタイプのAndroid端末。接客業向けの多言語翻訳端末や、労働状況を可視化する行動センシング用端末、見守りサービスのセンサーやゲートウェイなど、さまざまな用途に活用できるという。(2018/4/11)

ビッグローブ、10軸センサー&Android搭載の企業向けIoTデバイスを発売
ビッグローブは、4月11日に企業向けIoTデバイス「BL-02」を販売開始した。10軸センサーとGPSを内蔵し、2.8インチディスプレイやAndroidを搭載。さまざまな業種・業務へAIを活用したソリューションを提供する。(2018/4/11)

Instagram、「ストーリー」に「Focus」機能 iPhone Xのような背景ぼかしが可能に
Instagramの「ストーリー」でiPhone 6S以降と一部のAndroid端末で背景ぼかしの写真と動画が撮影できる「Focus」機能が使えるようになった。iOSアプリでは、アカウント名のスタンプも使えるようになった。(2018/4/11)

Huawei、「AirPods」似の無線イヤフォン「FreeBuds」を159ユーロで発売へ
Huaweiが、新Androidスマートフォン「P20/P20 Pro」で使えるAppleのAirPodsのような形の無線イヤフォン「FreeBuds」を159ユーロ(約2万円)で発売する。1回の充電でAirPodsの約2倍バッテリーが持続するとしている。(2018/3/29)

パンタグラフ構造のQWERTYキーボードを搭載 横長クラムシェル型Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」(懐かしのケータイ)
シャープのドコモ向け初のAndroidスマートフォンとして登場したLYNX SH-10B。5型ディスプレイにQWERTYキーボード、トラックボールを搭載し、小さなノートPCのように使えるAndroid端末でした。(2018/3/18)

Google PlayにWindowsマルウェア感染アプリ、150本あまりが再浮上
Android端末でこうしたアプリをダウンロードしたとしても、直接的な害はない。それでもこうした攻撃経路が利用されて、他の攻撃を呼び込んでしまう可能性はある。(2018/3/9)

ポッドキャストを録音・編集・配信できるiOS/Androidアプリ「Anchor 3.0」登場
iPhoneやAndroid端末でポッドキャストを録音・編集・配信できるアプリ「Anchor 3.0」が無料で公開された。グループでの録音や音楽の追加もサポートする。完成したポッドキャストはAppleやGoogle、Spotifyのサービスで公開できる。(2018/2/23)

ソフトバンク、「ジュニアスマホ」2月9日に提供開始 子どもの安全なスマホライフをサポート
ソフトバンクが、Androidスマートフォン用の無料サービス「ジュニアスマホ」を開始する。「キャリア決済利用禁止」「フィルタリングサービス」などが適切に設定されるため、より安心して子供がスマホを使える環境が整うという。(2018/2/8)

Miraiのコードを一部流用:
仮想通貨「Monero」を採掘するマルウェア、Android端末で感染拡大
Androidデバイスに感染してボットネットを形成し、仮想通貨を採掘しようとするマルウェアが急激に感染を広げている。(2018/2/6)

OPPO、日本スマホ市場に参入 2000万画素のカメラ特化モデル投入
OPPO Japanが日本のスマートフォン市場に参入する。第1弾はAndroidスマートフォン「R11s」。(2018/1/22)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Xperia XZ Premium」と「Galaxy Note8」を比較 最強Androidスマホはどっち?
Androidスマートフォンの2大巨頭、「Xperia」シリーズと「Galaxy」シリーズ。それぞれの旗艦モデル「Xperia XZ Premium」と「Galaxy Note8」を徹底レビューする。(2018/1/19)

4K60fps・HDR10対応のスティック型Android端末「Air Stick 4K」
CCC AIRは、4K・HDRの再生や出力に対応した、Android搭載のスティック型端末「Air Stick 4K」の販売を開始した。価格は9800円(税別)。(2018/1/18)

CES 2018:
Razer、スマホをトラックパッド代わりにはめ込むAndroidノートPC「Project Linda」
昨年初のAndroid端末「Razer Phone」を発売したゲームPCメーカーのLazerが、Lazer Phoneをはめ込んで使うAndroidベースのノートPC「Project Linda」を発表した。Lazer Phoneをトラックパッドやセカンドディスプレイとして使う。(2018/1/11)

「ポケモンGO」、iOS 11非対応端末のサポートを終了
「ポケモンGO」が、3月1日のアップデート後はiOS 11非対応端末で遊べなくなる。iPhone 5や5cなどが対象外に。継続して遊ぶには、iOS 11端末やAndroid端末に乗り換える必要がある。(2018/1/10)

スノーデン氏、Android端末をセキュリティ監視ツールに変えるアプリ「Haven」をβリリース
米連邦政府の機密情報を暴露したエドワード・スノーデン氏が、安価なAndroid端末をセキュリティツールに変えるアプリ「Haven: Keep Watch」のβ版を公開した。端末のカメラやセンサーを利用して周囲の変化を感知し、メインで使っているスマートフォン(Android/iPhone)に暗号化した情報をプッシュ通知する。(2017/12/25)

Google、Android向けデータ通信量管理アプリ「Datally」公開
Googleが、Android端末向けデータ通信量管理アプリ「Datally」を公開した。アプリごとのリアルタイムのデータ通信量をチェックしたりブロックしたりできる。最寄りのWi-Fiスポットへの接続を助ける機能もある。(2017/12/1)

Google、位置情報オフのAndroid端末からも「Cell ID」収集、終了を約束
Googleが2017年初頭から、位置情報サービスをオフにしてあるAndroid端末からも最寄りの基地局のCell IDを集めていたと米メディアQUARTZが報じ、同社がこれを認めた。アップデートでこの機能を近く終了させるとしている。(2017/11/22)

Google、Android端末でのBluetoothペアリングを高速化する「Fast Pair」
「Android 6.0」以降搭載のAndroid端末で、Bluetoothイヤフォンなどを手軽にペアリングできる新機能「Fast Pair」が利用できるようになった。まずは「Google Pixel Buds」とLibratoneの「Q Adapt On-Ear」が対応した。(2017/11/1)

Google、「Pixel 2」シリーズの画面焼き付きやノイズ問題のソフトウェアでの対処を約束
Googleの新オリジナルAndroid端末「Pixel 2」シリーズでノイズや画面の焼き付きなどの問題が報告されていたことに対し、Googleがソフトウェアアップデートで対処するとユーザーフォーラムで約束した。(2017/10/27)

Googleでの支払い方法を他でも使えるAndroidサービス「Pay with Google」
Googleが、Android端末でのアプリやサービスへの支払いを簡易化するサービス「Pay with Google」の提供を開始した。Googleアカウントに登録している支払い方法をFANCYなど対応するサービスでも使える。サービス側がサポートする必要がある。(2017/10/24)

「Essential Phone」、「iPhone X」発売前に200ドル値下げ
“Androidの父”アンディ・ルービン氏のハイエンドAndroid端末「Essential Phone」が発売後2カ月で699ドルから499ドルに値下げされた。「多くの人に手に取ってもらいたい」からとしている。(2017/10/23)

ZTE、2画面スマートフォン「Axon M」を11月発売へ
ZTEが5.2型ディスプレイを2枚搭載し、折りたたんだり開いたりして使えるAndroidスマートフォン「Axono M」を発表した。2画面でマルチタスクにしたり、1つの広い画面として使ったりできる。日本でも発売する。(2017/10/18)

Note8に対応したHMD「Galaxy Gear VR with Controller」10月26日に発売
サムスン電子は、Androidスマートフォン「Galaxy Note8」に対応したゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「Galaxy Gear VR with Controller」を10月26日に発売。取り扱いはauオンラインショップとKDDI・沖縄セルラーの直営店限定で行う。(2017/10/11)

多彩なハードウェアキーを搭載 国内初のAndroidスマホ「HT-03A」(懐かしのケータイ)
Android搭載スマホの日本初上陸モデルとなった「HT-03A」。「発話/終話キー」やトラックボールなど、現在のAndroidスマホではあまり見られない、多彩なハードウェアキーを搭載していました。(2017/10/7)

CEATEC JAPAN 2017:
寝室を子どもに快適な情報空間へ変えるIoT機器「popIn Aladdin」
「popIn Aladdin」は、音声操作できるシーリングライトとプロジェクター、スピーカーを一体化したAndroid端末。専用コンテンツを組み合わせ、子どもの就寝前後を楽しくするIoT機器に仕上げた。(2017/10/6)

日本では販売せず:
「Google Lens」搭載オリジナルAndroid端末「Pixel 2」と「Pixel 2 XL」
Googleの2代目Pixelも販売地域に日本は含まれなかった。米国では10月4日予約開始、17日発売だ。(2017/10/5)

ビル・ゲイツ氏「最近Androidに乗り換えた」
Microsoftの共同創業者、ビル・ゲイツ氏がFox Newsのインタビューで、現在はMicrosoftのアプリを多数インストールしたAndroid端末を使っていると語った。(2017/9/26)

一部Android端末のブートローダーに脆弱性、設計や実装に起因
研究チームがQualcomm、HiSilicon、NVIDIAおよびMediaTekの大手4社が提供するブートローダーを調べた結果、これまでに知られていなかった脆弱性6件が見つかったという。(2017/9/8)

Android端末を踏み台にしたDDoS攻撃発生 Google Playに300本の不正アプリ
マルウェアを仕込んだアプリがGoogle Playで配信され、世界100カ国以上のAndroid端末が関わる大規模DDoS攻撃が発生した。(2017/8/29)

goo Simseller、ダブルレンズカメラ搭載&DSDS対応スマホ「FR7101AK」発売
通販サイト「goo Simseller」が、FRONTIER製Androidスマートフォン「FR7101AK」の販売を開始した。一眼レフのような写真を撮れるダブルレンズカメラを搭載し、デュアルSIM/デュアルスタンバイ(DSDS)に対応する。(2017/8/24)

「Google Home」、無料版SpotifyやBluetooth端末内音楽をサポート
Googleのスマートスピーカー「Google Home」で、Spotifyの無料アカウントユーザーもSpotifyのプレイリストを再生できるようになった。iPhoneやAndroid端末内に保存した楽曲もBluetooth経由で再生できる。(2017/8/22)

Google、検索結果の動画をその場で6秒再生する機能をAndroidに
Android端末のGoogleアプリあるいはChromeブラウザの検索結果の「動画」コーナーのサムネイルが6秒だけ自動再生するようになる。初期設定ではWi-Fi接続でのみ有効だ。(2017/8/20)

Nokiaブランドのハイエンド端末「Nokia 8」登場 Snapdragon 835搭載、2画面撮影可能
Nokiaブランドを保有するHMD Globalが、Snapdragon 835搭載でアルミユニボディのハイエンドAndroid端末「Nokia 8」を発表した。9月に欧州で発売する。ZEISSの背面/前面カメラで同時に撮影した画像/動画を2分割画面で録画できる。(2017/8/17)

Qualcomm、Android端末やVR/AR向け深度センサーカメラモジュール
Qualcommが、次世代Snapdragon向けの新しいカメラモジュールを発表した。虹彩認証や深度センサーを搭載し、顔認証やAR/VR HMDでの動画処理を改善するという。(2017/8/16)

Samsung、広告ブロック可能な独自Webブラウザのβ版をAndroid 5.0以降の端末に開放
Samsungが、これまで自社製Android端末にプリインストールしてきた独自ブラウザのβ版「Samsung Internet Browser Beta」をGoogle Playストアで公開した。Android 5.0以降のすべての端末をサポートするとしている。広告ブロック機能やハイコントラストモードなどが使える。(2017/8/15)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
4年たっても色あせない、高級スマホ「VERTU」
7月に倒産した、高級端末を扱う「VERTU」。2013年からはAndroidスマートフォンを市場に投入していました。4年前に発売されたモデルを今見ても、VERTUの魅力を堪能できます。(2017/8/14)

アンディ・ルービン氏の「Essential Phone」、AmazonやBest Buyで発売へ
アンディ・ルービン氏率いる新興企業のハイエンドAndroid端末「Essential Phone」が量産体制に入った。米国ではSprintの他、Amazon.comとBest Buyでも販売する。(2017/8/10)

Android端末の情報を中国のサーバに送信、「問題ない」とメーカー反論
米国で販売されているBLU製Androidスマートフォンの一部モデルで、ユーザーの個人情報が許可なく中国のサーバに送信されていると、セキュリティ研究者が報告した。(2017/8/2)

USB-OTGに対応したAndroidスマホ向け720度パノラマビデオカメラ「720C100」
インバースネットは、縦方向360度と横方向360度のキャプチャ機能を備えた720度パノラマビデオカメラ「720C100」を発売。USB-OTGに対応したAndroidスマートフォンで利用できる。(2017/7/28)

「Windows 10」とAndroid端末の連係、ビルド16251で一部可能に
「Windows 10」の最新プレビューに、Android端末で表示したWebページをPCに連係させる機能が追加された。iPhoneも間もなくリンクできるようになる見込み。(2017/7/27)

「Disney Mobile on docomo DM-01J」の新色が7月28日に発売
NTTドコモのAndroidスマートフォン「Disney Mobile on docomo DM-01J」の新色「White」の発売日が7月28日に決まった。(2017/7/24)

2015年12月〜16年10月に販売:
スマホ「UPQ Phone A01X」焼損のおそれ バッテリー自主回収
UPQのAndroidスマートフォン「UPQ Phone A01X」のバッテリーが焼損事故のおそれ。交換と自主回収を7月24日から実施する。(2017/7/24)

リモートで悪用可能なWi-Fiチップセットの脆弱性、Black Hatで詳細発表
問題のチップセットは、幅広いAndroid端末やiOS端末に搭載されている。AppleとGoogleはそれぞれ、7月に公開したセキュリティアップデートでこの脆弱性に対処した。(2017/7/24)

VRニュース:
スマートフォンでAR用の3Dデータが作れる「Makebox AR」を提供開始
ViRDはスマートフォン上で3DモデリングできるARモデリングアプリ「Makebox AR」をGoogle Play Storeでリリースした。AR技術「Tango」を利用できるAndroid端末に対応しており、積み木感覚で直感的に3Dモデリングできる。(2017/7/18)

これがNokiaのハイエンドAndroid端末か?
NokiaブランドのハイエンドAndroid端末第一弾「Nokia 8」は7月31日に発表されると、Androidリーク情報で定評のあるエバン・ブラス氏が画像付きでツイートした。(2017/7/18)

NHK、「iPhone 8」のうわさ画像にAndroidスマホを使用 意図は
「iPhone 8」のうわさを取り上げたNHKの番組コーナーで、Androidスマートフォンの画像を使用した意図を聞いた。(2017/7/12)

ハイエンドデジカメのRED、“ホログラフィック”スマートフォン「HYDROGEN ONE」予約開始
プロ向けデジタルビデオカメラメーカーの米REDが、“ホログラフィックマルチビュー”が特徴のAndroid端末「HYDROGEN ONE」の予約を開始した。価格は1195ドル(約14万円)から。2018年第1四半期出荷予定だ。(2017/7/7)

ふぉーんなハナシ:
ドコモの「みえる留守電」は使える?
NTTドコモがAndroid端末向けに提供している「ドコモ留守電アプリ」がバージョンアップして「みえる留守電」なる新機能が追加されました。さっそく使ってみましょう。(2017/7/5)

ソフトバンク、「AQUOS R」「HTC U11」「DIGNO G」を7月7日に発売
ソフトバンクのAndroidスマートフォン3機種が、7月7日に発売される。「AQUOS R」と「HTC U11」については、より高音質な「VoLTE(HD+)」にも対応する。(2017/7/4)

ドコモの「Xperia XZ」が初の1位を獲得 2017年6月中古携帯/スマホ売上ランキング
ムスビーの2017年6月中古携帯/スマホランキングでは、NTTドコモの「Xperia XZ SO-01J」が初の1位を獲得。Android搭載端末としては22カ月ぶりとなる。(2017/7/4)

Twitchアプリ、iOS/Android端末のカメラからの実況が可能に
Amazon.com傘下のTwitchがモバイルアプリをアップデートし、端末からの実況やダークモードなどの新機能を追加した。(2017/6/29)

PCで「フリック入力」できる専用デバイス キーボードが使えない“スマホネイティブ”世代向け
専用ドライバ不要で、AndroidスマートフォンをPCのキーボードとして使えるようにするUSBデバイスが登場。(2017/6/20)

Android端末として使えるタッチ操作対応プロジェクター
アスメックは、Android OSを搭載したタッチ操作対応の投影型プロジェクター「ASM-LTP1」の販売を開始する。(2017/6/19)

デンソーウェーブ、配送ドライバー向けタフネスAndroid端末「BHT-1600」発売
デンソーウェーブはAndroid 6.0を搭載し、配送ドライバーに向けたスマートフォンタイプのハンディターミナル「BHT-1600」を発売。IP67準拠の耐粉塵・防滴性能や耐落下性能を備え、配送現場での情報活用や作業の効率化に貢献する。(2017/6/5)

“Androidの父”ルービン氏、ハイエンド端末「Essential Phone」発表
“Androidの父”と呼ばれる元Googleのアンディ・ルービン氏の新興企業がハイエンドな新Android端末を発表した。「Essential Phone」はベゼルレスな5.71型、チタン+セラミック筐体のロゴなしデザイン。「Moto Z」のようなモジュール追加可能なマグネティックコネクタを備える。(2017/5/31)

Google I/O 2017:
「Google Assistant」が近日中に日本語対応へ iOS版も登場
Googleが一部のAndroid端末に提供中の「Google Assistant」が、いよいよ日本語に対応する。また、米国を皮切りにiOS版Google Assistantの提供も始まる。(2017/5/18)

Motorola、「Moto C/C Plus」発表 89ユーロから
Motorola Mobilityが新興国市場向けのAndroid端末「Moto C」および「Moto C Plus」を発表した。いずれも5型(解像度が異なる)で、RAMは1GBと2GB。価格はMoto Cが89ユーロ(約1万円)からだ。(2017/5/16)

Microsoftの「Cloud-powered Clipboard」で端末/アプリ横断コピペが可能に
「Microsoft Graph」では、iOS/Andrdoid端末を含むPCやスマートフォンでファイルやアクティビティを共有でき、例えばPCのPowerPointでコピーしたテキストをAndroid端末の検索枠にペーストすることもできる。(2017/5/12)

「Jアラート」受信できないスマホも アプリ利用呼び掛け
弾道ミサイルの発射などを携帯電話などに知らせる「Jアラート」は、SIMロックフリーのAndroid端末では受信できない可能性があるという。(2017/5/11)

Instagram、モバイルWebブラウザからの投稿可能に
Instagram.comをiOS/Android端末のWebブラウザで開くと、投稿ボタンが表示されるようになり、写真の投稿が可能になった。(2017/5/9)

Android Payが「nanaco」に対応 ポイントもらえるキャンペーンも
Android端末向け決済サービス「Android Pay」が電子マネー「nanaco」と連携する。(2017/4/20)

Google、ロシアでの独禁法裁判で和解 約8.5億円の罰金支払い
ロシア検索大手のYandexの2015年の申し立てで始まったロシアにおけるAndroid端末の独禁法違反をめぐる裁判で、Googleが和解に応じ、約4.4億ルーブルの罰金を支払う。今後はロシアで販売されるAndroid端末にはGoogleと競合するアプリもプリインストールできるようになり、ユーザーは検索エンジンを選べる。(2017/4/18)

Android搭載「VAIO Phone A」受注スタート 予定3日前倒し
30日からの予定を3日前倒しした。(2017/3/27)

VAIO、Androidスマートフォン「VAIO Phone A」の受注を3日早め本日より開始
VAIOは、Android 6.0搭載スマートフォン「VAIO Phone A」の受注開始を発表した。事前告知より3日早めての開始となる。(2017/3/27)

Android端末の約半数、2016年中に更新されず
Googleの年次報告書によると、2016年末の時点で使われていた端末のうち、同年中にプラットフォームセキュリティアップデートを受け取っていなかった端末は約半数に上った。(2017/3/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.