「いまどきエンジニアの育て方」最新記事一覧

いまどきエンジニアの育て方 ―番外編―:
百戦錬磨のエンジニアに聞く、“コスト意識をどう身に付ける?”
開発コストを下げるには、設計や部品調達など、物理的な面で工夫するだけでは足りない。重要なのは、普段からどれだけコスト/原価を意識しているかだ。X社の開発部長であるA氏は、現場のエンジニアにコストを意識させるべく、面白い取り組みを行っている。(2013/11/7)

いまどきエンジニアの育て方 ―番外編―:
百戦錬磨のエンジニアが教える、「開発コストを減らす4つのコツ」(前編)
開発費の削減と開発期間の短縮。この2つはエンジニアにとって逃れられない命題となっている。開発費を削減されたからといって、設計する製品の性能を落とすわけにはいかない――。こうしたジレンマを乗り越え、従来機種に比べて半分の開発費と開発期間で新機種を開発したチームがある。このチームを率いた開発部長A氏とは、いったいどのような人物なのだろうか。(2013/10/30)

いまどきエンジニアの育て方 ―番外編―:
百戦錬磨のエンジニアが教える、「開発コストを減らす4つのコツ」(後編)
では、実際に開発コストを減らすために、A氏はどのような取り組みを行ったのだろうか。「普通のことを普通に実行すればいい」が口癖のA氏だが、現場のエンジニアの仕事の範囲を飛び越えたものであった。(2013/10/31)

いまどきエンジニアの育て方(最終回):
“上司活用”のススメ
今回は、若手の視点でお話しようと思います。ずばり、“上司の活用法”。上司を“使う”だなんて畏れ多い――。そう思うかもしれませんが、社会人の先輩であり、人生の先輩でもある上司やベテランエンジニアの知識や経験を上手に使わせてもらうことは、若手エンジニアにとっては重要なことなのです。(2013/5/27)

いまどきエンジニアの育て方(22):
若手を育てる最適解、それは「ともに学ぶ」こと
今の若手は「ゆとり世代」と呼ばれますが、40代後半から50代前半の世代が若かったころは、「新人類世代」と呼ばれていました。新人類世代の特徴を見てみると、「自発的でない」「残業、休日出勤を嫌がる」など、ゆとり世代と何ら変わらないことが分かります。そんな“新人類世代”の上司・ベテランエンジニアだからこそ、今の若手エンジニアとともに学ぶことができるのではないでしょうか。(2013/4/26)

いまどきエンジニアの育て方(21):
「インフォーマルな場」を仕掛けて、職場に変化と成長をもたらす
ITの普及によって、“コミュニケーションレス”になりがちな職場。これでは、若手エンジニアが上司や先輩に何かを相談したくても、しにくい状況になってしまいます。若手とベテランが、互いにあまり気負わずに話ができるような「インフォーマルな場」は、上司である皆さんが設ける必要があります。(2013/3/4)

いまどきエンジニアの育て方(20):
育てる環境は、「意識して」作る
「終身雇用」や「年功序列」に代表される、日本企業独特の“体質”は、実は、若手を育てる環境が自然に形成される源でもありました。「上が下を教える」という体制が、当然のように出来上がっていたからです。エンジニアを取り巻く環境が著しく変化した今、若手を育てる環境は、上司やベテラン世代が先頭に立ち、「意識的に」作るしかありません。(2013/2/19)

いまどきエンジニアの育て方(19):
「キャリアは自分で切り開く」に踊らされない
長く仕事をする上で、キャリアデザインというのはとても重要です。キャリアデザインには、社内異動の他、より高みを目指すための、あるいはキャリアチェンジのための転職も含まれるでしょう。しかし、転職雑誌やサイトで目立つ「キャリアは自分で切り開け!」という言葉に踊らされてはいけません。そもそもキャリアデザインというのは、それほど簡単なものではないからです。まずは、筆者が提示する「3つの質問」について答えを考えてみてください。(2013/1/28)

いまどきエンジニアの育て方(18):
若い時の経験にロスタイムはない
出向や異動などで、開発や設計から一時的に離れることになっても、その経験は決して無駄にはなりません。若い時の経験に「ロスタイム」はないのです。“遠回りしてもいい”のだと若手エンジニアに教えることも、上司の役目ではないでしょうか。(2013/1/16)

いまどきエンジニアの育て方(17):
目指すはプロフェッショナル
若手エンジニアも、やがてマネジメント職に就くときがきます。マネジャーには主に、さまざまな知識やスキルが求められる“ゼネラリスト”と、テクニカルスキルの占める割合が多くなる“スペシャリスト”の2つのタイプがあります。エンジニア出身のマネジャーは、どうしてもスペシャリスト的な要素が強くなるのですが、これからは“ゼネラリスト”と“スペシャリスト”の両方を備える「プロフェッショナル」を目指したいものです。若手に技術以外のスキルもバランスよく身に付けさせることが大事になっています。(2012/12/25)

いまどきエンジニアの育て方(16):
エンジニアこそ、マーケティングを学べ!
マーケティングの観点を持って、あらためて技術を見ると、設計思想、アーキテクチャ、設計手法、所用機能、基盤技術がガラッと変わることがあります。結果的に開発期間、開発費用に多大な影響を与えることが少なくありません。今回は、「技術マーケティング」と「コンセプトメイキング」について、お話します。(2012/12/12)

いまどきエンジニアの育て方(15):
市場のニーズを知れば、設計の意義が見えてくる
開発の後工程が製造ならば、前工程はマーケティングや企画に当たります。若手の育成というとどうしても技術に偏りがちですが、新人のころから市場や顧客を知る機会を与えるのはとても大切です。仕様書通りに設計するだけよりも、市場の動きや顧客のニーズを知った上で設計した方が、若手にとっても面白くやりがいのある仕事になるはずです。(2012/11/27)

いまどきエンジニアの育て方(14):
「図面を書いて終わり」では成長できない 〜製造部門の視点を持たせる〜
図面を書くこと、仕様書を出すこと――。開発部門の仕事はこれだけでは終わりません。自分の意図通りにモノを作ってもらうには、“いかに作りやすい設計図を書くのか”ということが重要になってきます。そのためには、開発の後工程である製造部門や、さらにその先のエンドユーザーを、若手エンジニアに常に意識させる必要があります。(2012/11/5)

いまどきエンジニアの育て方(13):
“スーパーエンジニア”育成、そのヒント
エンジニアにとって、自分の専門性を高めるための勉強は欠かせません。ですが、エンジニアとしてもっと上を目指すのであれば、専門以外の知見を広げることが非常に重要になります。(2012/10/16)

いまどきエンジニアの育て方(12):
コンセプトメイキングを若手育成の場に、“魂が宿るモノづくり”を目指す
開発プロセス。そこには“設計”だけが含まれるのでしょうか。製品のコンセプトを練る段階も開発プロセスの一部と考え、新人や若手をコンセプトメイキングに積極的に参加させている企業があります。こうすることで、“エンドユーザーを意識したモノづくり”ができるエンジニアを育て上げているのです。(2012/10/2)

いまどきエンジニアの育て方(11):
今日から実践! 上司のための“簡単”コミュニケーション術
“コミュニケーション術”といっても、構える必要はありません。ほんの少しコツを知っていれば十分です。例えば皆さんは、部下に「頑張ってね」と言いますか? それとも、「頑張ってるね」と言うでしょうか。たった1文字違うだけで、相手に伝わるメッセージは大きく異なります。(2012/9/18)

いまどきエンジニアの育て方(10):
開発部門に“人材育成機能”を設ける
人材育成については人事部を当てにできない。一方で、開発部門は忙しすぎて育成に割く時間がない――。この2つの問題を解決する方法として注目されているのが、開発部門の直下に人材育成機能を置くことです。(2012/9/4)

いまどきエンジニアの育て方(9):
人材育成、人事部はもう当てにできない!?
ひと昔前までは、人事部にも技術畑出身の人間がいたものでした。そのため、開発部門にどんな人材を採用すればいいのか、技術研修で新入社員にどんなことを教えればいいのか、人事部はきちんと把握していたのです。OJTを開発現場に任せきりにしてしまう――。エンジニア出身者が人事部にいない企業ほど、そのような傾向があるのかもしれません。(2012/8/20)

いまどきエンジニアの育て方(8):
“できるエンジニア”は、こう行動する〜今日から始めたい10のルール〜
“できるエンジニア”と言われる人たちの行動には、昔も今も、ある共通点がありました。今回は、その10個の共通点をご紹介します。(2012/8/2)

いまどきエンジニアの育て方(7):
“上司VS若手”ではない
若手エンジニアというのは、野球選手に例えるならば、バッターボックスにも立っていない状態です。若手をバッターボックスに送り出すことは、ベテランにとって重要な仕事だといえるでしょう。また、若手が自らバッターボックスに向かうことも大切です。しかし、職場環境や社会環境の変化によって、“若手をバッターボックスに送り出すこと”や“若手が自発的にバッターボックスに向かうこと”が、厳しくなっているという現実があります。(2012/7/17)

いまどきエンジニアの育て方(6):
まずはバッターボックスに立たせる! 若手のやる気を引き出す秘訣
若手エンジニアの自発性を引き出すには、叱ることも1つの方法ですが、達成感や成長感を体験させることも大切です。彼らは、いわば“バッターボックスに入る前の野球選手”。バッターボックスまでいかにうまく誘導するか、それがベテランの腕の見せどころでもあるのです。(2012/7/3)

いまどきエンジニアの育て方(5):
若手の切り札“教わっていません”には、こう対処する!
まずは自分で勉強し、分からないことがあったら聞く――。ベテラン世代のエンジニアにとっては当たり前であるこの考え方も、いまどき世代には通用しないこともあります。中には、「教わっていないので、できません」と平然と口にする若手も……。この“切り札”をかわし、若手の自発性を引き出すには、どうすればいいのでしょうか。(2012/6/18)

いまどきエンジニアの育て方(4):
目指せ、全員参加のOJT! 〜若手育成に“組織学習”を生かす〜
最近、OJTに「組織学習」という考え方を取り入れる企業が増えています。今回は、組織学習とは何なのか、また、それをOJTに取り入れるメリットは何かについてお話します。(2012/5/30)

いまどきエンジニアの育て方(3):
「あの頃私は若かった……」、上司の昔話はどんどんしろ!
「自分の若い頃の話をしても、若手には聞いてもらえない」――。ベテランエンジニアの皆さんの中には、そのように考えている方が多いのではないでしょうか。けれど、実はそうとも限りません。あるポイントさえ押さえて話をすれば、“上司の昔話”が若手エンジニアとの距離を縮めるツールになることもあるのです。(2012/5/14)

いまどきエンジニアの育て方(2):
勘違いしてない? “OJT”の意味
OJT(On the Job Training )は、若手を育成する代表的なシステムです。しかし、現場によってはOJTがうまく機能していないケースも多く見られます。その原因は、“教え方が分からないベテラン”と“聞き方が分からない若手”の間に生じるミスコミュニケーションだと言えます。(2012/4/16)

いまどきエンジニアの育て方(1):
ベテランを悩ます“いまどきエンジニア” 〜 立ちはだかるコミュニケーションの壁
「若手とコミュニケーションが取れない」――。このような悩みを抱えるベテランエンジニアは少なくありません。育った時代背景も価値観も大きく異なる世代同士で、スムーズに仕事を進めるにはどうすればよいのか。製造業の開発現場に詳しい著者が、ベテランエンジニアや管理職の皆さんに向けて、若手と向き合い、育てていくヒントを提示します。(2012/4/4)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.