「ZigBeeで知る物理層測定の基礎」最新記事一覧

ZigBeeで知る物理層測定の基礎(1):
ZigBeeとIEEEの関係――物理層測定とは?
安価で消費電力が少ないことから照明やセキュリティなどのワイヤレスセンサネットワーク構築で注目を集めている「ZigBee」。本連載では、これからZigBeeの物理層評価を始める方向けに、2.4GHz帯の規格および試験の概要、必要な測定器、測定の際のポイントなどを説明していく。(2012/10/1)

ZigBeeで知る物理層測定の基礎(5):
ZigBee評価――技適の試験内容
ZigBeeの物理層であるIEEE802.15.4と技適を測定の観点から解説。最終回は技術基準適合証明(技適)の試験内容について説明(2010/7/5)

ZigBeeで知る物理層測定の基礎(4):
ZigBeeのIEEE試験
ZigBeeの物理層であるIEEE802.15.4と技適を測定の観点から解説。第4回は2.4GHz帯ZigBeeのIEEE試験を紹介(2010/6/3)

ZigBeeで知る物理層測定の基礎(3):
RF測定器を駆使してZigBeeを知る
ZigBeeの物理層であるIEEE 802.15.4と技適を測定の観点から解説。今回はZigBeeなど高周波の物理層評価に使うRF測定器を紹介(2010/4/27)

ZigBeeで知る物理層測定の基礎(2):
ZigBee評価で欠かせない電波法の試験
ZigBeeの物理層であるIEEE802.15.4と技適を測定の観点から解説。第2回は無線通信で欠かせない電波法の試験について紹介(2010/4/2)

ZigBeeで知る物理層測定の基礎(1):
ZigBeeとIEEEの関係――物理層測定とは?
ZigBeeの物理層であるIEEE802.15.4と技適を測定の観点から解説。第1回はZigBeeとIEEE802.15.4の違いや物理層測定について紹介(2010/3/3)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.