雇用 に関する記事 雇用 に関する質問

「雇用」最新記事一覧

「終身雇用」はお断り?:
何を目指して働くの? イマドキの大学生に聞いてみた
雇用制度、組織、働き方、キャリア設計が大きく変わろうとする中、今年も2016年度新卒入社の採用がスタートした。デジタルネイティブ世代のイマドキの若者は、“働く”ことを意味をどのようにとらえ、どんな働き方を理想と考えるのか。2人の学生に聞いた。(2014/12/12)

米Apple、横浜に研究開発拠点 米国以外で初
研究開発拠点により新たな雇用が創出されるとAppleはコメント。(2014/12/10)

宮崎から世界へ、AWSを活用したITベンチャーの挑戦
「宮崎に1000人の雇用を」 クラウドとともに歩み続けるアラタナのインフラ戦略
宮崎のベンチャー企業であるアラタナは「宮崎に1000人の雇用をつくる」ことを目標にeコマース専門のテクノロジーを提供している。「Amazon Web Services」(AWS)を活用した同社のITインフラ戦略を紹介する。(2014/12/2)

外国人労働者が働きたい会社「牛たんねぎし」の魅力
「牛たんねぎし」の外国人労働者雇用方針とは。(2014/11/25)

2015年問題の本質を探る(4):
エンジニアの大量雇用とリストラの繰り返し、その解決策はあるのか
IT業界の人材不足、「2015年問題」を解説する本連載。今回はIT企業側の事情を見ていく。開発者人材の需給に合わせ、大量雇用とリストラを繰り返してしまう構造が問題となっているが、これを解決する方法はあるのだろうか。(2014/11/13)

マネーの達人:
社会保険給付額や年金額まで――「通勤手当の有無」が大きな差を生む
あなたが勤める会社には、通勤手当の支給制度がありますか? この手当の有無によって、雇用保険や年金などの各種社会保険料の算出額に差が出てくるのです。(2014/11/10)

ライフネット岩瀬大輔氏 × クラウドワークス吉田浩一郎氏:
フリーランスが抱える不安とは? お金にまつわるセーフティーネットを考える
正規雇用者と違い、安定した収入も、企業からの保護もないフリーランス。21世紀の新しい働き方をしている彼らが抱える不安と、解消したくてもできないその実情についてクラウドワークスCEO・吉田氏とライフネット生命保険COO・岩瀬氏が語り合った。(2014/11/7)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「年相応」という言葉が、日本の企業を硬直化させているのかもしれない
野村証券が来年度から新設する、新たな個人向け営業専門職が話題です。「最長70歳まで雇用、年を取らないとできない仕事の評価を加味する」というこの制度のように、企業は新しい「年相応」の仕組みを考えなくてはならないところに来ているのではないでしょうか。(2014/11/4)

経営者・役員がプロジェクトを壊す? 業務改善の悲しい現実
双方が納得する就業規則はどうすれば作ることができるのか。(2014/10/28)

Amazon、ホリデーシーズンに向けて米国で8万人を臨時雇用
Amazonが、配送が急増するクリスマスに向けて、全米で8万人以上を臨時採用すると発表した。そのうち1万人以上を正社員に登用する見込みだ。(2014/10/17)

キャリアニュース:
新入社員の半数以上が「辞めたい」。大企業入社の53.2%が入社後に会社イメージ悪化
就職・転職情報サイトを運営しているプールサイドが、入社3年以内の新卒社員100人に「就業事情」に関する調査を実施。新卒で入社した社員の考えや本音を調べた。(2014/10/8)

国産トマトでジュース:
被災地で契約農家を増やすカゴメの挑戦
トマトジュース市場でトップシェアを誇るカゴメが、東日本大震災の被災地で加工用トマトの契約農家を拡大している。契約栽培制度は農家にとって安定的な収益が見込め、雇用拡大も含め被災地の農業復興にもつながるメリットがある。(2014/10/7)

「働かないオジサン」はなぜ生まれるのか “日本型雇用”の特殊性、“ブラック”に変質も
「働かないオジサン」はなぜ生まれるのか――近年は、かつて称賛された「日本型雇用」の機能不全に根本的な原因があるとする議論が目立つようになっている。(2014/9/17)

日本型雇用:
「働かないオジサン」はなぜ生まれるのか
長時間労働、正社員と非正社員の格差、ブラック企業などさまざまな問題が山積している。ただ近年は、根本的な原因は「日本型雇用」が機能不全に陥っているという議論が目立ってきた。(2014/9/17)

PR:インテリジェンスは求人応募のコンバージョン率をいかに改善したか? 短期間、低コストで完遂したスマホ対応サイト構築の裏側
雇用の流動化が進む中、いち早く人材サービスの多角化を推し進めることで成長を遂げてきたインテリジェンス。だが、同社が運営するアルバイト・パートの求人サービス「salida」では昨年来、スマホ対応の遅れによって応募のコンバージョン率が減少していた。そうした中、同社が講じた対策が、シンメトリックが提供するサイト変換ツール「ジーンコード」の導入だった。(2014/9/17)

“同期”ネットワークが日本企業を救う? 日本の“同期”文化に迫る
日本型雇用が崩れつつあり、横のつながりが薄くなっている今、日本独自の“同期”文化はどう活かされるのか。書籍『同期の人脈研究』から紹介します。(2014/9/11)

キャリアニュース:
高齢者雇用に企業は消極的か――「法定義務の範囲を超え自主的に対応」は1割下回る
現在の定年年齢について、75%の企業が「60歳」と答えた。現状では、定年が65歳以上か、定年を定めていない企業は、20%にとどまっている。(2014/9/10)

理研CDB「解体的出直し」 名称変更、規模半減 研究員の雇用は維持
「STAP細胞」論文研究不正問題で、理研は再発防止のためのアクションプランを発表した。理研CDBは規模を半減し、名称を変更する。(2014/8/27)

医療機器ニュース:
“医療城下町”を作る静岡、「ファルマバレー構想」で中小企業を強力に支援
静岡県は、主に東部地域を中心として、医療産業を推進する「富士山麓先端医療産業集積構想(ファルマバレー構想)」を掲げている。2016年には、医療研究などを促進し、地域の雇用創出にも貢献する新しい拠点が完成する予定だ。(2014/8/27)

キャリアニュース:
7月から施行の改正「男女雇用機会均等法」。企業が積極対応したい事項は「セクハラ指針の改正」
エン・ジャパンが人事担当者269人を対象にした調査を発表。2014年7月1日に施行された改正「男女雇用機会均等法」に対する、各企業の取り組みについて伝えている。(2014/8/20)

ホワイトペーパー:
IT女子というキャリア――先人に学ぶ課題と展望
IT業界の堅調な雇用は、必然的にそこで働く女性の増加につながっている。ハードな仕事や依然として存在する男女格差といったマイナスイメージも根強いこの分野で、女性はどうキャリアパスを描いていくべきか。(2014/8/15)

無印良品が“終身雇用”にこだわる理由
業界内で群を抜いて低い離職率を誇る無印良品。そんな無印良品の人材育成の具体的な方法を明かした書籍『無印良品の、人の育て方』を紹介します。(2014/7/15)

電力供給サービス:
「FUKUSHIMA」に世界最高水準の石炭ガス化発電所、オリンピックイヤーに営業運転へ
東京電力が福島県の復興と雇用創出に向けて、最新鋭の石炭火力発電所を2カ所に建設するプロジェクトを開始した。石炭をガス化してから発電する世界でも最高水準の技術を採用して、合計100万kWの電力を供給する計画だ。東京オリンピックに合わせて2020年の夏までに営業運転を目指す。(2014/5/19)

総務省、政府統計データが見られるアプリ「アプリDe統計」提供開始
市区町村別の就業者数や失業者数、牛肉100グラムあたりの物価、住宅の建て方まで網羅。(2014/4/15)

高学歴女子のワープアが急増中
男性に対してイメージしにくい女性の雇用問題の実態とは。書籍『高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか?』から、高学歴の女性が陥っている問題の一部を紹介する。(2014/3/6)

満員電車にサヨナラする方法:
1つの職業では生活できない時代の到来
数年前までは、いったん入社したら40年間ずっと同じ会社で勤める終身雇用が当然でした。ところがいまや、どんなに大企業でも10年後まで存続するかどうかの保証は何もない時代になったのです。(2014/2/4)

IT雇用市場に男女格差
女性とテクノロジー業界、雇用の大幅増が意味するのは?
新しい技術やITスキルに対する給与面の優遇によって、IT部門は人の入れ替わりが激しい。2013年はIT関連業務で女性の雇用が大幅に増えた。(2013/12/26)

Twitter、Glassdoorの「働きやすい企業ランキング」で2位に大躍進
Glassdoorが毎年発表する「雇用者が選ぶ最も働きやすい企業」ランキングで、昨年1位だったFacebookが5位に落ち、トップ50圏外だったTwitterが2位になった。(2013/12/12)

誠 Weekly Access Top10(2013年11月25日〜12月1日):
二日酔い止めサプリ「SUPALIV」を試してみた
今回のランキングは雇用問題と転職の記事がワンツーフィニッシュ。それはさておき、前週の記事で予告した通り、週末に二日酔い止めサプリ「SUPALIV」を試してみました。(2013/12/3)

日常の「ちょっとお願い」、被災地でも――生活密着型クラウドソーシング「Any+Times」が就業支援
日々の暮らしの中の“困りごと”について、解決したい人と手助けする人をマッチングするクラウド型サービス「Any+Times」が、被災地支援に乗り出した。(2013/11/13)

「派遣」は安定した生き方?:
技術者の新しい働き方、「技術者派遣」について考える
得意分野を生かせる会社で働きたい――技術者を目指す学生の多くはそう考え、会社を選ぶ。しかし最近、自分の技術力を磨き、安定した雇用のために“派遣”を目指す技術者が増えているという。技術者派遣とはどのような世界なのか、ちょっとのぞいてみよう。(2013/10/31)

モバイル活用を考える企業は利用実態を把握すべし――デジタルアーツが調査
デジタルアーツは、企業や組織の就業者におけるモバイルデバイスの利用動向を調べた結果を発表した。(2013/10/7)

CEATEC 2013:
CEATEC JAPAN「工場誘致」に見る自治体の葛藤
地域経済の振興や雇用の創出には企業誘致や工場誘致が欠かせない。しかし、グローバル競争が加速する製造業にとって、事業の統廃合や工場撤退、海外移転などは既に日常茶飯事となっている。CEATEC JAPANで企業誘致をアピールする自治体に取り組みを聞いた。(2013/10/3)

ものづくり白書を読み解く(前編):
海外流出は是か非か、進む日本のモノづくり空洞化
製造業の復活は日本経済の復活に不可欠な要素である。経済成長をもたらしGDPを押し上げる効果が高い他、雇用の増加も期待できるからだ。アベノミクスの勢いに乗り、製造業が真の復活を遂げるには、どのような課題をクリアしていくべきか。「2013年版ものづくり白書」から、日本の製造業が抱える課題を明らかにする。(2013/9/27)

時代の変化に合った働き方:
上場は考えず、非正規雇用全廃。牧場経営へ――異端のIT企業家、リンク岡田元治社長に聞く
株式は公開しない。正規雇用を守る。リンクの岡田社長は「当たり前のことをやれば、自然かつシンプルに『やるべきこと』が見えて来る」と話す。(2013/9/27)

松岡功のThink Management:
働き方を変革する「在宅勤務」推進の勘所
在宅勤務が着実な広がりを見せている。政府の新IT戦略でも女性の就業率アップなどを目指して本腰を入れる構えだ。この機に在宅勤務の推進に向けた勘所を考えてみたい。(2013/9/12)

3分LifeHacking:
退職するときに大事な7つのこと
転職をするときは、今の職場との関係を良好に保ちつつ「戦略的」に仕事を辞めることが重要です。今の職場を美しく去りつつ次の雇用主にも良い印象を与える方法とは?(2013/9/10)

Biz.ID Weekly Top10:
就業規則はよく読んだほうがいい
書籍『ずっと「安月給」の人の思考法』を読んで、やはり就業規則はしっかり読んでおくべきだと思いました。(2013/8/27)

NECとレノボ、就業体験キャンペーン「サマー・インターンシップ 2013」を本日より共同で開催
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピューターは、、就業体験キャンペーン「サマー・インターンシップ 2013」の合同開催を発表した。(2013/8/26)

米書店団体ABA、Amazonの商慣習にもっと批判の声を上げるよう会員書店を喚起
米書店団体が会員書店に対し、雇用喪失、電子書籍市場での独占、不当な節税行為などの論点からAmazonに批判の声を上げるよう促すプレスリリースを発表。(2013/8/12)

設定柔軟性とサポート力がポイント
激変する企業の人事管理、現場が求めるITとは?
人材や雇用形態の多様化――多くの企業が人事・給与業務の複雑化に悩んでいる。そのような企業の大きな助けとなるのがITシステムだ。柔軟性と迅速なサポートによって多くの企業から評価されるソリューションとは。(2013/8/8)

Amazon、米国で5000人雇用へ──配送センター拡充のため
第2四半期は営業コストがかさんで700万ドルの純損失だったAmazon.comが、増大する顧客のニーズに対応するため、米国内の配送センターで新たに5000人を雇用すると発表した。(2013/7/29)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
ビジネスパーソンの副業と、教育コストは誰が負担するのか問題について
古き良き雇用システムが崩壊する中、収入の支えとして副業をしよう、さらに「自分の強みや専門性を生かした副業ならベター」と考える人が増えています。この事象、従業員側と企業側の両方に意見を聞くと、まったく見解が異なるよう。その理由は?(2013/7/29)

松岡功のThink Management:
働き方の多様化にどう対処するか
今回は、雇用について考えたい。総務省が先週発表した調査によると、非正規で働く人が着実に増えているようだ。この現象はマネジメントにも大きな影響を及ぼすものである。(2013/7/18)

20代向けの政策説明会「参議院選挙・政策カンファレンス」ライブ配信
各党政策担当者による若者向けの政策説明会「参議院選挙・政策カンファレンス」をライブ配信する。参加者は20代限定で、「財政」「雇用」「教育」の3テーマで説明する。配信は7月17日20時0分〜。(2013/7/16)

「脆弱性情報に賞金を払う制度に効果あり」 米カリフォルニア大が研究報告
GoogleやMozillaが実施している報奨金制度は、「フルタイムのセキュリティ研究者を雇用するのに比べると経済効率が高い」という。(2013/7/12)

雇用規制は、緩和と強化の両方が必要
「金銭解決による解雇を認めてしまえば失業者が増える」という反対意見が噴出しています。雇用に関する改革そのものが先送りにされると、成長のチャンスを逃す可能性もあります。(2013/6/7)

社長インタビュー:
「障がい者主体」ではなく「お客さま主体」――スワンベーカリー・海津歩社長
ダイバーシティが求められる今、企業にとって大きな課題といえるのが障がい者の雇用だ。東京・銀座など全国に28店舗のベーカリーやカフェを展開するスワンでは、社員の約半数に何らかの障がいがあるというが、社員は皆いきいきと働いている。その理由は何か? 海津社長に話を聞いた。(2013/5/17)

スマートシティ:
木曽川の干拓地に49MWのメガソーラー、ピーク時に300人の雇用創出
三重県と愛知県にまたがる木曽川の干拓地で大規模なメガソーラーの建設が始まる。丸紅が両県から土地を賃借して実施するプロジェクトで、2013年7月から着工する。建設期間は1年5か月を見込み、ピーク時には1日あたり300人の雇用を生み出して地域振興にも役立てる。(2013/5/15)

ITを導入しても、活用しきれていない?:
日本の企業で柔軟な働き方は実現できるのか
国内の企業や組織で、職場外でも業務が行える環境はまだまだ整っていないようだ。日本企業の雇用のあり方が変わらないかぎり、変化は望めないのだろうか(2013/4/12)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2014 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.