雇用 に関する記事 雇用 に関する質問

「雇用」最新記事一覧

理研CDB「解体的出直し」 名称変更、規模半減 研究員の雇用は維持
「STAP細胞」論文研究不正問題で、理研は再発防止のためのアクションプランを発表した。理研CDBは規模を半減し、名称を変更する。(2014/8/27)

医療機器ニュース:
“医療城下町”を作る静岡、「ファルマバレー構想」で中小企業を強力に支援
静岡県は、主に東部地域を中心として、医療産業を推進する「富士山麓先端医療産業集積構想(ファルマバレー構想)」を掲げている。2016年には、医療研究などを促進し、地域の雇用創出にも貢献する新しい拠点が完成する予定だ。(2014/8/27)

キャリアニュース:
7月から施行の改正「男女雇用機会均等法」。企業が積極対応したい事項は「セクハラ指針の改正」
エン・ジャパンが人事担当者269人を対象にした調査を発表。2014年7月1日に施行された改正「男女雇用機会均等法」に対する、各企業の取り組みについて伝えている。(2014/8/20)

ホワイトペーパー:
IT女子というキャリア――先人に学ぶ課題と展望
IT業界の堅調な雇用は、必然的にそこで働く女性の増加につながっている。ハードな仕事や依然として存在する男女格差といったマイナスイメージも根強いこの分野で、女性はどうキャリアパスを描いていくべきか。(2014/8/15)

無印良品が“終身雇用”にこだわる理由
業界内で群を抜いて低い離職率を誇る無印良品。そんな無印良品の人材育成の具体的な方法を明かした書籍『無印良品の、人の育て方』を紹介します。(2014/7/15)

電力供給サービス:
「FUKUSHIMA」に世界最高水準の石炭ガス化発電所、オリンピックイヤーに営業運転へ
東京電力が福島県の復興と雇用創出に向けて、最新鋭の石炭火力発電所を2カ所に建設するプロジェクトを開始した。石炭をガス化してから発電する世界でも最高水準の技術を採用して、合計100万kWの電力を供給する計画だ。東京オリンピックに合わせて2020年の夏までに営業運転を目指す。(2014/5/19)

総務省、政府統計データが見られるアプリ「アプリDe統計」提供開始
市区町村別の就業者数や失業者数、牛肉100グラムあたりの物価、住宅の建て方まで網羅。(2014/4/15)

高学歴女子のワープアが急増中
男性に対してイメージしにくい女性の雇用問題の実態とは。書籍『高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか?』から、高学歴の女性が陥っている問題の一部を紹介する。(2014/3/6)

満員電車にサヨナラする方法:
1つの職業では生活できない時代の到来
数年前までは、いったん入社したら40年間ずっと同じ会社で勤める終身雇用が当然でした。ところがいまや、どんなに大企業でも10年後まで存続するかどうかの保証は何もない時代になったのです。(2014/2/4)

IT雇用市場に男女格差
女性とテクノロジー業界、雇用の大幅増が意味するのは?
新しい技術やITスキルに対する給与面の優遇によって、IT部門は人の入れ替わりが激しい。2013年はIT関連業務で女性の雇用が大幅に増えた。(2013/12/26)

Twitter、Glassdoorの「働きやすい企業ランキング」で2位に大躍進
Glassdoorが毎年発表する「雇用者が選ぶ最も働きやすい企業」ランキングで、昨年1位だったFacebookが5位に落ち、トップ50圏外だったTwitterが2位になった。(2013/12/12)

誠 Weekly Access Top10(2013年11月25日〜12月1日):
二日酔い止めサプリ「SUPALIV」を試してみた
今回のランキングは雇用問題と転職の記事がワンツーフィニッシュ。それはさておき、前週の記事で予告した通り、週末に二日酔い止めサプリ「SUPALIV」を試してみました。(2013/12/3)

日常の「ちょっとお願い」、被災地でも――生活密着型クラウドソーシング「Any+Times」が就業支援
日々の暮らしの中の“困りごと”について、解決したい人と手助けする人をマッチングするクラウド型サービス「Any+Times」が、被災地支援に乗り出した。(2013/11/13)

「派遣」は安定した生き方?:
技術者の新しい働き方、「技術者派遣」について考える
得意分野を生かせる会社で働きたい――技術者を目指す学生の多くはそう考え、会社を選ぶ。しかし最近、自分の技術力を磨き、安定した雇用のために“派遣”を目指す技術者が増えているという。技術者派遣とはどのような世界なのか、ちょっとのぞいてみよう。(2013/10/31)

モバイル活用を考える企業は利用実態を把握すべし――デジタルアーツが調査
デジタルアーツは、企業や組織の就業者におけるモバイルデバイスの利用動向を調べた結果を発表した。(2013/10/7)

CEATEC 2013:
CEATEC JAPAN「工場誘致」に見る自治体の葛藤
地域経済の振興や雇用の創出には企業誘致や工場誘致が欠かせない。しかし、グローバル競争が加速する製造業にとって、事業の統廃合や工場撤退、海外移転などは既に日常茶飯事となっている。CEATEC JAPANで企業誘致をアピールする自治体に取り組みを聞いた。(2013/10/3)

ものづくり白書を読み解く(前編):
海外流出は是か非か、進む日本のモノづくり空洞化
製造業の復活は日本経済の復活に不可欠な要素である。経済成長をもたらしGDPを押し上げる効果が高い他、雇用の増加も期待できるからだ。アベノミクスの勢いに乗り、製造業が真の復活を遂げるには、どのような課題をクリアしていくべきか。「2013年版ものづくり白書」から、日本の製造業が抱える課題を明らかにする。(2013/9/27)

時代の変化に合った働き方:
上場は考えず、非正規雇用全廃。牧場経営へ――異端のIT企業家、リンク岡田元治社長に聞く
株式は公開しない。正規雇用を守る。リンクの岡田社長は「当たり前のことをやれば、自然かつシンプルに『やるべきこと』が見えて来る」と話す。(2013/9/27)

松岡功のThink Management:
働き方を変革する「在宅勤務」推進の勘所
在宅勤務が着実な広がりを見せている。政府の新IT戦略でも女性の就業率アップなどを目指して本腰を入れる構えだ。この機に在宅勤務の推進に向けた勘所を考えてみたい。(2013/9/12)

3分LifeHacking:
退職するときに大事な7つのこと
転職をするときは、今の職場との関係を良好に保ちつつ「戦略的」に仕事を辞めることが重要です。今の職場を美しく去りつつ次の雇用主にも良い印象を与える方法とは?(2013/9/10)

Biz.ID Weekly Top10:
就業規則はよく読んだほうがいい
書籍『ずっと「安月給」の人の思考法』を読んで、やはり就業規則はしっかり読んでおくべきだと思いました。(2013/8/27)

NECとレノボ、就業体験キャンペーン「サマー・インターンシップ 2013」を本日より共同で開催
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピューターは、、就業体験キャンペーン「サマー・インターンシップ 2013」の合同開催を発表した。(2013/8/26)

米書店団体ABA、Amazonの商慣習にもっと批判の声を上げるよう会員書店を喚起
米書店団体が会員書店に対し、雇用喪失、電子書籍市場での独占、不当な節税行為などの論点からAmazonに批判の声を上げるよう促すプレスリリースを発表。(2013/8/12)

設定柔軟性とサポート力がポイント
激変する企業の人事管理、現場が求めるITとは?
人材や雇用形態の多様化――多くの企業が人事・給与業務の複雑化に悩んでいる。そのような企業の大きな助けとなるのがITシステムだ。柔軟性と迅速なサポートによって多くの企業から評価されるソリューションとは。(2013/8/8)

Amazon、米国で5000人雇用へ──配送センター拡充のため
第2四半期は営業コストがかさんで700万ドルの純損失だったAmazon.comが、増大する顧客のニーズに対応するため、米国内の配送センターで新たに5000人を雇用すると発表した。(2013/7/29)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
ビジネスパーソンの副業と、教育コストは誰が負担するのか問題について
古き良き雇用システムが崩壊する中、収入の支えとして副業をしよう、さらに「自分の強みや専門性を生かした副業ならベター」と考える人が増えています。この事象、従業員側と企業側の両方に意見を聞くと、まったく見解が異なるよう。その理由は?(2013/7/29)

松岡功のThink Management:
働き方の多様化にどう対処するか
今回は、雇用について考えたい。総務省が先週発表した調査によると、非正規で働く人が着実に増えているようだ。この現象はマネジメントにも大きな影響を及ぼすものである。(2013/7/18)

20代向けの政策説明会「参議院選挙・政策カンファレンス」ライブ配信
各党政策担当者による若者向けの政策説明会「参議院選挙・政策カンファレンス」をライブ配信する。参加者は20代限定で、「財政」「雇用」「教育」の3テーマで説明する。配信は7月17日20時0分〜。(2013/7/16)

「脆弱性情報に賞金を払う制度に効果あり」 米カリフォルニア大が研究報告
GoogleやMozillaが実施している報奨金制度は、「フルタイムのセキュリティ研究者を雇用するのに比べると経済効率が高い」という。(2013/7/12)

雇用規制は、緩和と強化の両方が必要
「金銭解決による解雇を認めてしまえば失業者が増える」という反対意見が噴出しています。雇用に関する改革そのものが先送りにされると、成長のチャンスを逃す可能性もあります。(2013/6/7)

社長インタビュー:
「障がい者主体」ではなく「お客さま主体」――スワンベーカリー・海津歩社長
ダイバーシティが求められる今、企業にとって大きな課題といえるのが障がい者の雇用だ。東京・銀座など全国に28店舗のベーカリーやカフェを展開するスワンでは、社員の約半数に何らかの障がいがあるというが、社員は皆いきいきと働いている。その理由は何か? 海津社長に話を聞いた。(2013/5/17)

スマートシティ:
木曽川の干拓地に49MWのメガソーラー、ピーク時に300人の雇用創出
三重県と愛知県にまたがる木曽川の干拓地で大規模なメガソーラーの建設が始まる。丸紅が両県から土地を賃借して実施するプロジェクトで、2013年7月から着工する。建設期間は1年5か月を見込み、ピーク時には1日あたり300人の雇用を生み出して地域振興にも役立てる。(2013/5/15)

ITを導入しても、活用しきれていない?:
日本の企業で柔軟な働き方は実現できるのか
国内の企業や組織で、職場外でも業務が行える環境はまだまだ整っていないようだ。日本企業の雇用のあり方が変わらないかぎり、変化は望めないのだろうか(2013/4/12)

世界から“貧困”がなくならない、驚くべき理由
貧困層の就業支援を行うはずの画期的なローンシステム「マイクロファイナンス」。しかし実態はそうではない。そんな業界の闇を10年間マイクロファイナンス組織で勤めてきたエコノミストが暴いた告発書を紹介します。(2013/4/11)

窪田順生の時事日想:
「社会主義が最も成功したのは、日本」と皮肉られているワケ
厚生労働省の調査によると、約9割の人が「終身雇用に賛成」しているという。日本人にフィットしている「終身雇用」は、どこの国のモデルを参考にしたのか。意外にも……。(2013/4/9)

サイボウズ流の働き方:
働き方の自由化? 社畜化推進? 伝統的ワークスタイルへの挑戦
時間と場所の制限を取り払う働き方「ウルトラワーク」を実践するサイボウズ。それは伝統的な就業文化への挑戦ともいえる。同社はどう立ち向かっているのか――。(2013/3/28)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
新卒採用における「選考とは関係ありません」の真偽に迫る
「選考とは関係ない」というインターンシップに、参加するかどうか迷ったことがある就活経験者は多いのでは。日本経団連はインターンシップを「学生の就業体験の提供を通じた産学連携による人材育成を目的」としていますが、実際は?(2013/3/25)

被災地でのICT教育は雇用を生んだか 「一定の成果見えた」とマイクロソフト
東日本大震災の被災者のICTスキル向上と就労支援を目指し2012年1月にスタートした「東北UPプロジェクト」の成果を、日本マイクロソフトが報告した。(2013/3/14)

「サラリーマンいじめ」ではないか 65歳定年制の正体
4月から施行される「改正高年齢者雇用安定法」の問題点を紹介します。(2013/3/12)

東北在住の人に聞く、結婚相手に望む年収はいくら?
あなたはなぜ独身でいるのですか? 東北在住の人に聞いたところ、男性のトップは「経済・雇用の不安」(40.0%)。一方の女性は同15.2%にとどまり、約25ポイントの差があった。オーネット調べ。(2013/2/25)

いまどきエンジニアの育て方(20):
育てる環境は、「意識して」作る
「終身雇用」や「年功序列」に代表される、日本企業独特の“体質”は、実は、若手を育てる環境が自然に形成される源でもありました。「上が下を教える」という体制が、当然のように出来上がっていたからです。エンジニアを取り巻く環境が著しく変化した今、若手を育てる環境は、上司やベテラン世代が先頭に立ち、「意識的に」作るしかありません。(2013/2/19)

沖縄の若いパワーをITに IT津梁まつり 2013が開催
沖縄県はIT産業への雇用促進などを目的としたイベントを開催。多くの学生やIT企業関係者が訪れた。(2013/2/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
トラブルを防ぐ! パート・アルバイト雇用の法律Q&A
いまや雇用者の4割が非正規社員。パートやアルバイトの雇用管理こそ重要なマネジメント能力。(2013/1/31)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
法人税控除で、私たちの給与は上がるのか
景気対策に重点を置いている安倍政権だが、2013年度税制改正で企業の雇用増や給与引き上げを促す新たな減税制度を設ける方針を固めた。これにより私たちの給与ははたして上がるのだろうか。労働分配率と労働生産性の関係から見ていこう。(2013/1/31)

年末特別動画:
すがやみつるに聞く、プログミラング、ネット、ゲーム、統計解析
漫画『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』で、後に第一線で活躍するIT技術者たちの心をつかんだ、すがやみつる氏にITの過去、現在、未来を語っていただく。マイコン、プログラミング、ネット、匿名制と実名制、ゲーム、ソーシャルゲーム、ゲーミフィケーション、54歳で社会人大学生になったきっかけ、統計学、大学生と就職、雇用制度などについて聞いた(2012/12/21)

「3年で3割が辞める」を食い止めろ――ワークプレイスメント2012
学生に有償の就業体験を提供することで、3年で3割が辞めると言われる仕事のミスマッチを解消しようという試みがワークプレイスメント。東京ビッグサイトでそれをテーマとしたイベントが11月13日まで開催されている。(2012/11/13)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第2回 地域活性化で雇用創出を――アメックスの小規模店舗支援プログラム「スモールビジネス・サタデー」
アメリカン・エキスプレスが展開した小規模店舗支援プログラム「スモールビジネス・サタデー」の成功は、さまざまなデジタルマーケティング施策の展開と並行して、政治家や地方自治体への地道なロビー活動を地道に行ったことにある。キャンペーンに実態を持たせ、消費者に「自分ごと」と思ってもらうには?(2012/11/6)

選べる自分か、選びにいく自分か――選択力を身に付けよ
リーマンショック以来、国内の求人・雇用情勢が一変している。仕事を「選べる人」になるのか、「選びにいく人」になるのかで、キャリア・人生は天地雲泥の差が出る。(2012/10/12)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
エネルギー・雇用問題を一挙に解決、その秘策に投資せよ!
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。次世代クリーンエネルギーの開発事業に携わるはるかのおじさん。話に感動したあずさは事業に投資したものの……。(2012/10/6)

終身雇用、年功序列、定期昇給――若手社員はこう考える
終身雇用について、若手社員はどのように考えているのだろうか。入社3年目までの社会人に聞いたところ、「賛成」と答えた人は8割を超えた。レジェンダ・コーポレーション調べ。(2012/9/14)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.