「本田雅一のエンベデッドコラム」最新記事一覧

本田雅一のエンベデッドコラム(27):
「これが新しいVAIOです」――ソニーPC事業の失墜と新会社に求められる新たなVAIOブランドの確立
なぜ、ソニーは「VAIO」ブランドを手放すことになったのか――。モノづくり現場を数多く取材してきたジャーナリスト・本田雅一氏が関係者への取材を基に、VAIOの運命を変えた方向転換について掘り下げる。そして、新会社に求められる“新しいVAIOブランド”の方向性を考察する。(2014/2/20)

本田雅一のエンベデッドコラム(26):
ソニーの挑戦、スマートデバイス時代を勝ち抜くためのサバイバル術
スマートフォン分野で成功しているかに見えるAppleやSamsung Electronicsも、他分野のエレクトロニクス製品に消費者を循環させることに苦戦している。二次体験、三次体験といった次のステップでより優れた品質を提供するためには、どうしても汎用製品ではカバーし切れない領域に踏み込まなければならない。こうした状況に対し、果敢に挑戦しているのがソニーだ。彼らの取り組みは“スマートデバイス時代のサバイバル術”として注目に値する。(2013/9/27)

本田雅一のエンベデッドコラム(25):
自社製品を“より良いモノ”にするための意識改革
「良いモノ(製品)」とは何か。かつてのようにハードウェアの性能や品質だけで単純に評価される時代は終わった。企業は自社製品を「より良いモノ」にするために、世の中の動きを捉え、創意工夫を加える必要がある。従来の価値観を見直し、何が本当の価値なのか、今こそ知恵を絞るときではないか。(2013/8/23)

本田雅一のエンベデッドコラム(24):
「スマホがもたらした変革と傷跡」――印刷工程を全て外注した印刷会社は何を感じたのか?
モノづくり現場を数多く取材してきたジャーナリスト・本田雅一氏による“モノづくりコラム”。顧客ニーズや競争環境の変化だけでなく、産業のルールまでも覆したスマートフォン/タブレット端末を中心とするイノベーションの連鎖は、ようやく落ち着きつつあるようだ。これからは、自らの価値の再考と正しい方向を見極める力が求められる。(2013/6/21)

本田雅一のエンベデッドコラム(23):
「所有する喜び」「使う楽しさ」――プレミアム感を打ち出した製品づくり
イタリアで開催された「IFA Global Press Conference 2013」に参加した筆者。世界各国の報道陣、市場アナリスト、家電メーカーなどが集まり、大規模な会議が行われる中、プレミアム感を打ち出したモノづくりの在り方や、製品の魅力を押し上げる付加価値とは何かを考えさせられた。(2013/5/9)

本田雅一のエンベデッドコラム(22):
ダイソンの革新性――それは、徹底した「遊び」と「学び」から生まれる
今や“サイクロン式掃除機”の代名詞といえるDyson(ダイソン)。「革新を生み続ける企業」というイメージが強いが、どのような企業文化が根付いているのだろうか。キャニスター型掃除機の新モデル「DC48」の設計をリードした、シニアデザインエンジニアのMatt Steel氏に聞いた。(2013/4/17)

本田雅一のエンベデッドコラム(21):
ウェアラブルコンピュータがなぜ再び脚光を浴びているのか?
誰もがスマートフォンを所有し、スマートフォンに情報が集まる時代。スマートフォンを“インフラ”として捉え、製品やコンセプトを見直してはどうだろうか。使い古されたはずのコンセプトが、再び輝きを放つかもしれない。(2013/3/29)

本田雅一のエンベデッドコラム(20):
テレビ業界が取り組む“スマート化”から、価値づくりのヒントをつかむ
近年、“スマート化”が進むテレビだが、メーカー側とテレビ局側とでは思惑が異なる。テレビ局はいま、番組を放送するだけでなく、番組と視聴者をつなぐ仕掛け、新しいサービスを模索しているのだ。今回は視点を変えて、異業種の取り組みからモノづくりのヒントを探りたい。(2013/3/19)

本田雅一のエンベデッドコラム(19):
アップルの“計画的長寿命化”戦略に学べ
短いサイクルで次々に新製品を発売し、過去の製品を意図的に陳腐化させて、モノを売る“計画的陳腐化”戦略では、このクラウド時代に生き残ることは難しい。ユーザーに、高い満足度や所有感をしっかりと与えながら、製品を長く使ってもらうことで次につなげる。選ばれるモノづくりをAppleの戦略から学ぶ。(2013/2/26)

本田雅一のエンベデッドコラム(18):
「職域を越え、ニーズと技術を結ぶ」――広い視野がモノづくりの新たな価値を創造する
新たな価値を生み出し、市場から高く評価される製品に共通することとは何か? 「マイクロ分光素子」を用いたパナソニックのイメージセンサー技術、デジタルシネマの世界に一石を投じたキヤノンの「CINEMA EOS SYSTEM」から、そのポイントを探る。(2013/2/8)

本田雅一のエンベデッドコラム(17):
デジタル家電の終焉、そしてスマートデバイスの時代へ――CESの変化から見る新しいモノづくりの形
電機産業・家電業界に精通し、数多くの取材を重ねてきたジャーナリスト 本田雅一氏による“モノづくりコラム”。ラスベガスで開催された米国最大規模の家電イベント「2013 International CES」の取材を終え、本田氏があらためて感じた変化とは? “新しいモノづくりの形”について模索する。(2013/1/25)

本田雅一のエンベデッドコラム(16):
スマートデバイス三国時代、ハードウェアメーカーが生き抜く道はどこか
スマートフォン/タブレット端末が引き起こした変化の波は、これまでの製品作りのルールを大きく変えようとしている。Apple、Google、Microsoftの製品戦略から、将来、ハードウェアメーカーが担うべき役割を模索する。(2012/11/20)

本田雅一のエンベデッドコラム(番外編):
日本のデジカメが世界で勝ち続けられる理由
かつては世界最強のブランドといわれた“メイドインジャパン”が現在苦戦を強いられている。そんな中で「デジタルカメラ」は、誕生から現在に至るまで、グローバルで戦える製品として存在し続けている。「ITmedia Virtual EXPO 2012」では、キヤノン常務・眞榮田雅也氏と人気ライター・本田雅一氏を迎えて対談を実施。デジカメメーカーのモノづくりをひもとくことで、今後の日本のモノづくりの方向性を探ってみた。(2012/9/14)

本田雅一のエンベデッドコラム(15):
「国内家電メーカーのテレビ事業に未来はあるのか」――敗因を見極め、今こそ感覚のズレを正すとき
「日本のテレビはもう売れない」「韓国勢に負けた」――。日本メーカーが手掛けるテレビ事業は韓国メーカーに追い抜かれ、“敗者”のレッテルを貼られてしまった。しかし、映像品質や3D技術に目を向けてみると、日本は世界トップレベルの力を持っている。敗因を見極め、フォーカスを正しい位置に再設定できれば、この苦境から抜け出せるはずだ。(2012/7/18)

本田雅一のエンベデッドコラム(14):
スマートフォンが創る“ソーシャル・ゲーミフィケーション”の時代
大きく報道されたソーシャルゲームのコンプガチャ(コンプリートガチャ)問題。ソーシャルゲームというと、最近はこの話題にばかり注目が集まるが、その本質に目を向けてみると“新たな製品やサービスの企画・開発のヒント”が隠されている。(2012/6/4)

本田雅一のエンベデッドコラム(13):
(本来は)MacBook Airの後追いではない――インテルの「Ultrabook」が本当に目指すもの
「Ultrabook」は、しばしばMacBook Airの“マネ”だといわれることがある。軽量・薄型、そして洗練されたデザインは確かに似ている。しかし、インテルがUltrabookで本当に目指しているのは、見た目やスペックだけでは表すことのできない、“日常の道具”としての進化なのだ。(2012/3/27)

本田雅一のエンベデッドコラム(12):
ソニーの次世代ディスプレイ「Crystal LED Display」の実現性に迫る
2012 International CESでソニーが発表した「Crystal LED Display」。約600万個のLEDを敷き詰めた55インチ・フルHDの映像は見る者全てを魅了した。今回は、このCrystal LED Displayの量産化・低コスト化といった“実現性”について考察したい。(2012/2/17)

本田雅一のエンベデッドコラム(11):
「Androidで誰がもうかるのか?」――誰かがもうかるルールの下でゲームをしよう!
「Androidで利益を出せるのは誰なのだろうか?」。“誰ももうからないルール”の下でゲームをするのではなく、誰かがもうかるルールへと切り口を変えることが、Android搭載機器を考える上で重要だ。(2011/12/16)

本田雅一のエンベデッドコラム(10):
当たり前のことを確実に――“Appleのモノづくり”から足元を見つめ直す
数多くのモノづくり現場を取材してきた筆者。今回はMacBook、iPod、iPhone、iPadなど世界的に注目されるプロダクトを世に送り出し続けるAppleにフォーカスし、筆者ならではの切り口で“Appleのやり方”に迫る。(2011/11/4)

本田雅一のエンベデッドコラム(9):
超円高・デジタル化が生んだ“転機”、会津から世界を見据えるシグマのモノ作り
2005年ごろ、一度シグマの会津工場を訪れたことがある。当時、会津を拠点にした“一極集中の垂直統合”という戦略を取るシグマの姿勢に、筆者はひどく驚かされた。――あれから6年が経過し、筆者は再びシグマの山木社長に話を伺う機会を得た。シグマがこれまで歩んできた道のり、そして、その根底にある思いとは?(2011/10/4)

本田雅一のエンベデッドコラム(8):
クラウドの浸透に伴う“機器の汎用化・長寿命化”を意識したモノづくり
かつて手元の機器の中で動作していたソフトウェアやサービスが、どんどんクラウドに取り込まれていく。こうした流れに伴い、新製品の企画や実装される新しい機能はクラウド連携を前提としたものとなっていく。――これを繰り返していくと、その先には「機器の汎用化と長寿命化」が待っている。(2011/8/18)

本田雅一のエンベデッドコラム(7):
コンピューティングスタイルの変化に合わせた製品戦略を
製品戦略を練る上では、利用スタイルの変化や世の中のトレンドを見ながら、既存技術の応用について再検討することも重要だ。技術的な新味がなくとも、実装のアプローチを変えたり、利用者の環境変化によって、まるでまったく新しい技術に基づいて作られたかのような評価を得ることもある。(2011/7/4)

本田雅一のエンベデッドコラム(6):
IT+サービス+ヒューマンリソース
仕事を細分化し、分類することで、人的リソースの調達を効率的に行おうという「Human Cloud(ヒューマンクラウド)」。この先進的な考えをビジネス化している事例が国内にあった。オペレーションを日本で行い、人権費の低い地域の労働力を活用することで競争力を得る手法を探ってみた。(2011/5/13)

本田雅一のエンベデッドコラム(5):
日本の技術力で今の危機を未来のチャンスに
震災後、日本のエネルギー政策は見直し・路線変更を迫られている。10年後に子供たちが笑える日本を作るために、日本が誇る技術力で何ができるだろうか。(2011/3/25)

本田雅一のエンベデッドコラム(4):
手詰まり“もがく”グーグルの行く先は?
モノづくり現場を数多く取材してきたジャーナリスト・本田雅一氏による“モノづくりコラム”の新連載。テクノロジーを起点に多様な分野の業界、製品に切り込んできた本田氏による珠玉のエピソードを紹介しつつ、独自の鋭い視点で“次世代のモノづくり”のヒントを探る。(編集部)(2011/2/25)

本田雅一のエンベデッドコラム(3):
流行のスマートを本当にスマートにするには
モノづくり現場を数多く取材してきたジャーナリスト・本田雅一氏による“モノづくりコラム”の新連載。テクノロジーを起点に多様な分野の業界、製品に切り込んできた本田氏による珠玉のエピソードを紹介しつつ、独自の鋭い視点で“次世代のモノづくり”のヒントを探る。(編集部)(2011/1/24)

本田雅一のエンベデッドコラム(2):
労働価値の変遷 〜Human Cloudという考え方〜
モノづくり現場を数多く取材してきたジャーナリスト・本田雅一氏による“モノづくりコラム”の新連載。テクノロジーを起点に多様な分野の業界、製品に切り込んできた本田氏による珠玉のエピソードを紹介しつつ、独自の鋭い視点で“次世代のモノづくり”のヒントを探る。(編集部)(2010/12/27)

本田雅一のエンベデッドコラム(1):
テクノロジーの本質は変えられない
モノづくり現場を数多く取材してきたジャーナリスト・本田雅一氏による“モノづくりコラム”の新連載。テクノロジーを起点に多様な分野の業界、製品に切り込んできた本田氏による珠玉のエピソードを紹介しつつ、独自の鋭い視点で“次世代のモノづくり”のヒントを探る。(編集部)(2010/10/25)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.