「Linux」最新記事一覧

1991年にヘルシンキ大学のLinus B. Torvalds氏によって開発されたUNIXクローンのOS。当初はPC/AT互換機をターゲットプラットフォームとして開発されたが、現在ではAlpha、SPARC、S/390などのプラットフォームへの移植も行われている。
Linux − @IT Linux用語事典
-こちらもご覧ください-
Linux Square − @IT
質問!Linux系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でLinux系OS関連の質問をチェック

自動運転技術:
自動運転車のソフトウェアをオープンソース化、「研究開発を2年は前倒せる」
ZMPは、名古屋大学が開発した自動運転システム用ソフトウェア「Autoware」を搭載した自動運転車の実験車両を販売する。Autowareは、Linuxなどと同様にオープンソースソフトウェアになっている。(2015/8/26)

IBM、Linux専用メインフレーム「LinuxONE」発表
IBMがLinux専用メインフレーム「LinuxONE」を発表した。Ubuntuのサポートに向け英Canonicalと提携。(2015/8/18)

ネットワーク管理の基本Tips:
NICの無効化/有効化、再起動を行うには? ifdown/ifupコマンド
Linux環境でネットワークデバイスの無効/有効を切り替える場合は、ifdown/ifupコマンドを使います。(2015/8/17)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第5回 LinuxコンテナとDockerの違いをざっくりと比較する
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「DockerコンテナをLinuxコンテナの特徴と比べながら、違いと活用のコツを理解する」です。(2015/8/5)

プラネックス、Mac/Linuxでも使えるUSB 3.0外付け有線LANアダプタ
プラネックスコミュニケーションズは、USB 3.0外付け型のギガビット接続対応有線LANアダプタ「USB-LAN1000R」を発売する。(2015/8/3)

「LINE」のChromeアプリ登場 画面キャプチャやファイル送信機能も
「LINE」のChromeアプリ版が登場。Windows/Mac/Chrome/Linuxに対応する。(2015/7/30)

公開鍵認証の利用を推奨:
OpenSSHの設定に不備、ブルートフォース攻撃を容易にする恐れ
UNIXやLinux系システムで広く利用されているリモートアクセスソフトウエア「OpenSSH」に、リモートから多数のログイン試行を可能にする、つまりブルートフォース攻撃を許してしまう問題が指摘された。(2015/7/24)

添付ファイルの自動削除機能を追加:
カスペルスキー、メールセキュリティ製品の最新版を販売開始
カスペルスキーは2015年7月24日、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server」の最新版(8.0.1.721)の販売を開始した。添付ファイルの自動削除機能を追加し、対応するOSのバージョンを拡充した。(2015/7/24)

“Linuxの父”トーバルズ氏、Gmailのスパムフィルター新機能に怒る 「3分の1以上は必要なメールだった」
Linuxカーネルの開発者として知られるリーナス・トーバルズ氏が、Gmailのスパムフィルター機能のアップデートに苦言を呈しているようだ。(2015/7/22)

ネットワーク管理の基本Tips:
サーバーの時刻合わせコマンド、ntpdateはどのサーバーを参照すべき?
コンピューターの内蔵時計は概して精度が低く、時間のズレが生じやすいため、Linuxを含む多くのOSではNTP(Network Time Protocol)を使いNTPサーバーに日付と時刻を問い合わせ、正確な日付と時刻をローカルホストに設定します。「ntpdate」はNTPサーバーへの問い合わせを手動で行うためのコマンドです。(2015/7/8)

スマートフォン、IoT、そして宇宙
Ubuntu Edgeに失敗したCanonical創設者、次の目標はIoT
単なるLinuxディストリビューターの域を超え、スーパースマートフォン開発にも乗り出したCanonical。創設者のシャトルワース氏に、Ubuntuの今後の展開をインタビューした。(2015/7/7)

ネットワーク管理の基本Tips:
連番ファイルをダウンロードして他のコマンドに渡すには? curlコマンドの使い方
ファイルダウンロードのコマンドは、Linuxでは「wget」が定番といえる存在ですが、「curl」も多く利用されています。curlコマンドはダウンロードだけでなくアップロード機能も備える他、ユーザー認証が必要なサイトにも対応しています。wgetと併せて活用することで、より柔軟なファイルのやりとりが可能になります。(2015/7/1)

シトリックス、XenApp/XenDesktop 7.6に機能追加 専用マウス・Linux対応も
Citrix Workspace Suiteを構成する主要コンポーネント製品の最新アップデートを提供する。(2015/6/30)

Docker、CoreOS、AWS、Googleら、コンテナ標準化団体OCPを立ち上げ
DockerとCoreOSが、コンテナ技術の標準化を目指し、Linux Foundation下で「Open Container Project」(OCP)を立ち上げた。AWS、Google、Microsoft、富士通、Intelなど、多数の企業が参加を表明している。(2015/6/23)

ネットワーク管理の基本Tips:
端末からアクセスポイントの情報を調べるには? iwlistコマンド
クライアント機としてのLinuxマシンには、無線LANネットワークインターフェースが必携となっています。その接続の基礎ともいえる無線LANアクセスポイントの検出/スキャンには、「Wireless tools for Linux」(wireless-tools)に収録されているコマンド「iwlist」を利用できます。(2015/6/16)

WWDC 2015:
Apple、プログラミング言語「Swift 2.0」をオープンソースに
AppleがiOS、OS X、watchOS向けアプリのための開発言語「Swift 2.0」を発表した。今秋にLinuxにも対応し、オープンソースでリリースする。(2015/6/9)

Automotive Linux Summit 2015リポート:
車載Linux開発に注力するトヨタ、課題解決に向け開発体制の一本化を提案
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクト「Automotive Grade Linux(AGL)」に関する開発者向けイベント「Automotive Linux Summit 2015」に、トヨタ自動車の村田賢一氏が登壇。AGL、Tizen IVI、GENIVIという3つの組織に分散している開発体制の一本化に向けた提案を行った。(2015/6/2)

車載情報機器:
車載Linuxの要求仕様が決定、「将来的に運転支援システムもカバー」
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクト「Automotive Grade Linux(AGL)」が、要求仕様書(Requirements Specification)のバージョン1.0を公開。今後は、「デジタルクラスタやテレマティクス、高度運転支援システム(ADAS)までをカバーできるようにしていく」という。(2015/6/1)

Chromeアプリ版「ハングアウト」がOS Xにも対応
Googleのコラボレーションツール「ハングアウト」のChromeアプリ版がアップデートし、MacのOS Xにも対応した。Windows、Linux、Chrome OS版ではユーザーインタフェースがAndroidアプリに近づいた。(2015/5/26)

USB機器共有モジュールに脆弱性、ルータなどに影響
ホームユーザーネットワーク上でUSB機器を共有するなどのためのLinuxカーネルモジュールに問題が見つかった。(2015/5/21)

NEWS
Linux向け高速バックアップ/リカバリ製品、ストレージクラフトが投入
ストレージクラフトがWindowsシステム向けで定評のあるバックアップ/リカバリ製品のLinux版を発表。同時に日本でのビジネス戦略を発表した。(2015/5/20)

Oculus Riftのシステム要件発表──MacとLinuxは当面サポートせず、ノートPCもだめ
来年発売予定のVR HMD「Oculus Rift」の製品版を接続して快適に使うためのPCのシステム要件が発表された。高度なGPUが必要で、現行のノートPCはほぼ対応しない。また、Windows版で高品質な製品を発売することに専念するため、MacおよびLinuxのサポートを一時停止する。(2015/5/16)

ESEC2015:
ルネサス「RZ/G1M」のLinux起動は何秒?
リネオソリューションズは「ESEC2015」にて、同社のLinux高速起動ソリューション「Warp!!」を搭載した、日立超LSIシステムズの組み込みプラットフォーム「Solution Engine G1」をデモを行っている。(2015/5/14)

Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:
PR:エンタープライズでの利用を意識したOracle Linuxがクラウドデータセンターで有利な理由
Oracle Linuxがクラウド時代のデータセンター運用に有利な理由とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[クラウド][Oracle Linux](2015/5/15)

Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:
PR:Oracle Databaseのワークロードに合わせて最適化した「Oracle Exadata X5-2」
Exadata X5-2は、従来のExadataと何が違う? ストレージサーバーソフトウエアの独自機能とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[Oracle Exadata][Oracle Linux][パフォーマンス改善](2015/5/15)

組み込み開発ニュース:
T-KernelとLinuxのマルチOSと高速起動、日立超LSIがRZ/G搭載プラットフォーム
日立超LSIシステムズがT-Kernel/LinuxのマルチOS環境に高速起動機能を搭載した組み込みプラットフォーム「Solution Engine G1」を発売する。(2015/5/8)

山市良のうぃんどうず日記(34):
Linux/OSSに不慣れでも大丈夫! WindowsでDockerを扱う際のポイント
本連載第31回は「Azureで始めるDocker入門」を掲載しました。掲載後、すぐに「Docker 1.6」がリリースされたので、意図したわけではありませんが、タイムリーな記事になったと思います。今回は、その記事でも紹介した「Docker Client for Windows」をフォローアップします。(2015/5/7)

ESEC2015 開催直前情報:
IoTデバイスにリッチなUIと豊富な機能をQtで提供、SRA
アプリケーション開発全般をカバーするフレームワーク「Qt」(キュート)。ESEC2015のSRAブースでは、Qtにおけるクロスプラットフォームの柔軟性や3Dモデル描写といった最新機能を確認できる他、Red Hat Embedded ProgramによるLinuxで動作するQtのデモも見ることができる。(2015/4/23)

「Google Chrome 42」安定版リリース プッシュ通知機能追加と45件の脆弱性対処
Googleが、Webブラウザ「Chrome」のバージョン42をWindows、Mac、Linux向けに公開した。一般向けの新機能としてはページを閉じても送られてくるプッシュ通知機能(無効化できる)が加わった。(2015/4/15)

山市良のうぃんどうず日記(31:特別編):
所要時間わずか10分で「Docker」を体験しよう――Azureで始めるDocker入門
2014年から急速に注目度が増しているコンテナー型仮想化技術「Docker」。すでに多くのLinuxで利用可能な技術ですが、次期Windows Serverでもサポートされる予定です。Dockerとはどのようなものなのか、一度、実際に触って体験してみてはいかがでしょうか。(2015/4/13)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10」無料アップグレードと最低システム要件の注意点
海賊版でもアップグレード可能? Linuxのインストールが難しくなる? 7型デバイスでもPC版を使える? そんなWindows 10のアップグレードと最低システム要件における注意点をまとめた。(2015/4/2)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(28):
リモートデスクトッププロトコル(RDP)最新事情[その1]
前回まではSMBのバージョンについて、LinuxやMacとの関係も含めて詳しく見てきました。今回は「リモートデスクトッププロトコル(RDP)」のバージョンの話です。RDPのバージョンの扱いは、バージョン(ダイアレクト)をネゴシエートするSMBとはちょっと違うようです。(2015/3/27)

Atomic Hostを国内提供開始:
レッドハットがDockerのリーダーシップ獲得を急ぐ理由
レッドハットは2015年3月19日、国内で同社のコンテナ戦略を説明し、具体的な取り組みを発表した。「Red Hat Enterprise Linux 7.1」および「Red Hat Enterprise Linux 7 Atomic Host」を提供する一方、「認定コンテナエコシステムプログラム」の提供により、国内独立系ソフトウエアベンダーによる自社アプリケーションのコンテナ化を支援していく。(2015/3/20)

Microsoft、.NETビルドエンジン「MSBuild」をGitHubで公開
Microsoftが、Visual Studioや.NETのデフォルトビルドエンジンである「MSBuild」をGitHubで公開した。MacおよびLinux版も間もなく公開する見込みだ。(2015/3/19)

車載情報機器:
ルノーと日産がカーナビにLinuxを全面採用、サプライヤはボッシュ
Renault(ルノー)と日産自動車が、GENIVIアライアンスが推進しているカーナビゲーションシステムなど車載情報機器のオープンプラットフォームを全面採用する。同プラットフォームのリファレンスOSはLinuxだ。(2015/3/12)

データベースクラウドの未来:
PR:オラクルが推し進めるハイブリッドクラウドの可能性、データベースクラウドの全ぼうを見る
今日の企業ITにおいて、クラウドは不可欠なピースとなった。それでは、データベースシステムでは、どのようなクラウドが使えて、どういったメリットが得られるのか?──それを知るのに最適なイベントが2015年4月9日〜10日に都内で開催される。日本オラクルの「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」だ。[データベース統合][ビッグデータ][クラウド][DWH][高可用性/災害対策][運用管理効率化][セキュリティ対策][パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][In-Memory][Oracle Mutitenant][Oracle Exadata][Oracle Database Appliance][Oracle Enterprise Manager][Oracle Data Integration][Oracle Endeca Information Discovery][Oracle Linux](2015/3/16)

「Google Chrome 41」安定版リリース 「最高」13件を含む多数の脆弱性に対処
Googleが、Webブラウザ「Chrome」のバージョン41をWindows、Mac、Linux向けに公開した。一般向けの新機能は特にないが、「最高」13件を含む51件のセキュリティ問題が修正された。また、「Chrome OS」も同じバージョンにアップデートされた。(2015/3/4)

ホワイトペーパー:
見逃せないOSS/オープン技術の活用。これからのIT基盤構築への3つのステップ
クラウド基盤OpenStackへの積極的対応など、IBMは1990年代後半からLinuxを始めとしたオープン技術に注目し推進してきた。OSS/オープン技術の重要性と、IT基盤の今後の方向性を資料から読み解いていく。(2015/3/4)

Sambaに深刻な脆弱性、Linux各社が更新版をリリース
Samba 3.5系以降の全バージョンに脆弱性が存在する。悪用された場合、認証を経ることなくリモートからroot権限で任意のコードを実行される恐れがある。(2015/2/25)

IoT観測所(6):
Allseen Allianceの中核技術「Alljoyn」とは何か
Linux Foundationが設立した非営利団体「Allseen Alliance」のキモとなるのが「Alljoyn」だ。IoTについて“現状の使いにくさ”の打破を目指す、この団体の中核技術を解説する。(2015/2/25)

MicrosoftとAmazon、IoT版Ubuntu向けAPIリリースへ
Canonicalの軽量版Linux「Ubuntu Core」をクラウドサービスでサポートするMicrosoftとAmazon.comが、Ubuntu Core搭載IoT(モノのインターネット)製品開発のためのAPIをリリースする。(2015/2/23)

連載:OS X/LinuxによるASP.NET 5アプリ開発ガイド:
第1回 ASP.NET 5をOS X/Linuxで使うための準備
OS X/UbuntuでASP.NET 5アプリを動作させるまでの手順をステップバイステップに解説していく。(2015/2/20)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(7):
新しいHyper-VでサポートされるゲストOSを予想する
今回は、次期バージョンの「Hyper-V」でサポートされるWindowsおよびLinuxのゲストOSを予想してみます。また、Linuxゲストに対して追加される新機能も紹介します。(2015/2/17)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(25):
Linuxはサンバ(Samba)で踊る――WindowsとLinuxのファイル共有のいま
前回は、ネットワーク上を流れるパケットをキャプチャすることで、同じまたは異なるバージョンのWindows間のSMBネゴシエーションの様子を明らかにしました。今回は、同じ方法でWindowsとLinux間のSMBファイル共有の様子をのぞいてみましょう。(2015/2/13)

組み込み開発ニュース:
CERNが制御システムを64ビットLinux化、「LabVIEW」も64ビット対応版に
National Instruments(NI)は、欧州原子核研究機構(CERN)と、同研究機構の全ての制御システムを64ビットLinuxで標準化する共同研究を発表した。(2015/2/12)

ネットワーク管理の基本Tips:
NetworkManagerをコマンドラインから操作するには? nmcliコマンド
従来Linuxでは、ネットワークの状態確認やデバイスの設定など機能ごとにコマンドを使い分けていましたが、Red Hat Enterprise LinuxおよびCentOSには、統合ツールとして「NetworkManager」およびCLI版の「nmcli」が用意されています。(2015/2/10)

DNS Tips:
権威DNSサーバーにおける設定の基本を教えてください(BIND編)
BIND 9.8系を例にとり、Linux(RHEL 6、CentOS 6)上における権威DNSサーバーのインストール、環境設定とゾーンの設定方法を解説する。(2015/4/13)

動的メモリ、VMのライブバックアップなど
「Hyper-V」がLinux VM対応を拡張、新たに使える6つの機能とは?
米Microsoftの「Hyper-V」の最新版では、Linux仮想マシンのサポートが拡張された。「動的メモリ」や「ライブVMのバックアップ」といった高度な機能がLinux VMでも使えるようになる。(2015/2/9)

主要な要件で徹底比較
LinuxとWindowsを比較、サーバOSとして優れているのはどっち?
データセンターで使用する最適なコモディティサーバOSを決めるとき、米Microsoftの「Windows」や「Linux」など、さまざまな選択肢がある。自社に最適なOS選びのポイントを専門家に聞いた。(2015/2/3)

VA LinuxがOpenstack向けOSSストレージ環境の導入・運用支援メニューを発表
VA LinuxがOpenStackの分散ストレージ環境として注目を集めるCephの技術サポートサービスを発表。DC事業者、SIの他、エンドユーザー企業も対象としている。(2015/2/2)

PR:Linuxエンジニアの転職サポート IT・インターネット業界の転職エージェントワークポート



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.