Linux に関する記事 Linux に関する質問

「Linux」最新記事一覧

1991年にヘルシンキ大学のLinus B. Torvalds氏によって開発されたUNIXクローンのOS。当初はPC/AT互換機をターゲットプラットフォームとして開発されたが、現在ではAlpha、SPARC、S/390などのプラットフォームへの移植も行われている。
Linux − @IT Linux用語事典
-こちらもご覧ください-
Linux Square − @IT
質問!Linux系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でLinux系OS関連の質問をチェック

差別化よりも利用環境を整備:
レッドハットがOpenStackのIcehouse版を国内発表
レッドハットが同社OpenStackディストリビューションの新版、「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」の国内におけるサブスクリプション・ライセンス提供を同日に開始すると発表した。同社にとっては、クラウド技術の利用環境をどう整えていくかがテーマだ。(2014/7/24)

ホワイトペーパー:
IDCがRed Hat Enterprise Linuxの投資対効果を徹底調査 Linuxコスト削減効果リポート
企業システムでの導入が広がっているLinux OS。コスト削減効果が注目されているが、実際に導入企業はどのような効果を得ているのだろうか。IDCが実施した投資対効果(ROI)調査の結果を具体的な金額でリポートする。(2014/7/24)

OpenBSD以外のプラットフォームにも:
OpenSSLの代替目指す「LibreSSL 2.0」、ポータブル版公開
OpenBSDプロジェクトは2014年7月11日、OpenSSLのフォークとして開発している「LibreSSL」のポータブル版「LibreSSL 2.0.0」を公開した。Linux、Solaris、Mac OS X、FreeBSDの各バージョンでテストを済ませているという。(2014/7/15)

レッドハット、Red Hat Enterprise Linux7を発表
複雑化したIT環境での効果的な管理、スケーラビリティへの対応能力などを向上させたRHEL7を発表した。(2014/7/10)

VMwareとの連携、安定性を強化:
レッドハット、「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」リリース
レッドハットがエンタープライズ向けクラウド基盤ソフトウェアの最新版「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」の正式リリースを発表した。(2014/7/10)

エンタープライズOSの再定義をうたうレッドハット、RHEL7の国内展開をスタート
「RHEL7はクラウド時代のデフォルトエンタープライズOS」――ハイブリッドクラウドのベースOSを担うことを目指し、Red Hat Enterprise Linux 7が日本国内でもリリースされた。(2014/7/10)

車載半導体:
ARMコアSoCも「Tizen Common」世代の「Tizen IVI」に対応、ルネサスが開発
ルネサス エレクトロニクスは、「Automotive Linux Summit 2014」において、同社の車載情報機器向けSoC「R-Car M2」などの評価ボード上で「Tizen IVI」を動作させるデモンストレーションを披露した。(2014/7/9)

車載情報機器:
車載Linuxのオープンソース活動は携帯電話機の轍を踏んではならない
「Automotive Linux Summit 2014」の2日目の基調講演には、パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社のインフォテインメント事業部で技術担当(CTO)を務める水山正重氏が登壇。水山氏が、「オープンソース活動では、議論だけに時間を費やすべきではない。開発成果を実装する必要がある」と語る背景には、携帯電話機の開発を担当していた際の経験があった。(2014/7/4)

「サービスとしてのOS」――CoreOS Managed Linux発表
Warehouse-Scale Computerを前提に設計されたLinuxベースのOS「CoreOS」が大規模な資金調達を発表。併せてOSレベルのメンテナンスをサービスとして提供するサポート強化を打ち出した。(2014/7/2)

車載情報機器:
Automotive Grade Linuxが開発成果を発表、リファレンスは「Tizen IVI 3.0」
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクト「Automotive Grade Linux(AGL)」が、開発したソフトウェアの最初のバージョンを公開。東京都内で開催中の開発者向けイベント「Automotive Linux Summit 2014」では、リファレンスプラットフォームとなっている「Tizen IVI」の開発状況やAGLの開発成果が紹介された。(2014/7/2)

最強プロセッサーでオープン化を推進:
PR:“Googleが認めたPOWER8”でビッグデータをけん引
POWERプロセッサーが進化を続けている。最新のPOWER8ではビッグデータ処理機能を高めたほか、Linux向けPower Systemsや、Googleも巻き込んだOpenPOWERの本気のオープン化など、多方面に向けて拡大を続けている。POWERはどこに進むのか。担当者へ詳しく聞いた。(2014/6/30)

NEWS
SAP HANA最新版登場――RHEL対応や分析機能強化、クラウド連携も
SAPジャパンは、「SAP HANA」のサービスパック8(SP8)の提供を開始した。「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)対応、予測解析機能の強化、クラウド連係などを実現している。(2014/6/27)

Linux管理者が求めるのは「安定稼働よりセキュリティ」
エフセキュアによれば、Linuxを利用するIT管理者はセキュリティを重視しながら、十分な対策に取り組んでいるケースは少なかった。(2014/6/26)

ソフトウェアの違いより重要な問題
知っておきたい4つのLinuxディストリビューション、ユーザー目線で比較する
全てのエンタープライズサーバに最適なLinuxディストリビューションは存在しない。最適なディストリビューションは企業のニーズによって異なる。(2014/6/26)

車載情報機器:
トヨタの新テレマティクス「T-Connect」はマイクロソフト+IBM+Linux?
トヨタ自動車の新テレマティクスサービス「T-Connect」は、マイクロソフトの「Auzre」をはじめIT系企業のサービスやソフトウェアを活用するとともに、対応カーナビである「T-Connectナビ」をLinuxベースに変更するなど、現行サービスの「G-BOOK」から大幅な刷新が図られている。(2014/6/19)

システムの「自己回復力」が鍵を握る
Linux移行の成功への切り札は、サーバ基盤選びに失敗しないこと
企業システムのサーバOSにLinuxを採用する動きが顕在化し始めた。しかし、メインフレームやUNIXからLinuxへの移行を成功させるには、課題が幾つかある。そこで鍵となるのが、適切な実行基盤の選択である。(2014/6/18)

エレコム、2ベイ型のLinux搭載法人向けコンパクトNAS「NSR-MS」
エレコムは、小規模オフィスなどでの導入に向く法人向けNAS「NSR-MS」シリーズを発表した。(2014/6/17)

PR:「オラクル製品に最適化されたプラットフォームだから」──Oracle ExadataでOracle Linuxが採用される理由
圧倒的なパフォーマンスと可用性を兼ね備え、ミッションクリティカルシステムの基盤として多くの企業で導入が進むOracle Exadata。その標準OSとして採用されているのが「Oracle Linux」だ。Oracle Exadataは、なぜOracle Linuxを採用しているのか? それには深いワケがあった。[運用管理効率化][Oracle Linux][Oracle Exadata](2014/6/16)

LinuxConに見る「ネットワーク」の変化:
OpenDaylightがネットワークにもたらすイノベーション
Linux開発者が集う年次カンファレンス「LinuxCon Japan 2014」だが、そのカバー範囲は徐々に広がっている。オープンソースがもたらす破壊的なイノベーションの力は、OS、カーネルの範囲だけでなく、ネットワークにも及ぼうとしている。(2014/6/13)

AD連携を強化しXFSが標準に:
「Red Hat Enterprise Linux 7」がリリース――systemd導入、Dockerサポート
レッドハットが企業向けLinuxディストリビューションの最新版となる「Red Hat Enterprise Linux 7」をリリースした。(2014/6/12)

Google App Engineがコンテナ型仮想化ソフト「Docker」をサポート
自社サービスの多くをLinuxコンテナで運営しているというGoogleが、PaaSの「Google App Engine」でコンテナ型仮想化ソフト「Docker」をサポートすると発表した。(2014/6/11)

NECの柴田氏に聞く:
OpenStackはなぜこれまで成功してきたのか
OpenStackはなぜこれまで成功してきたのか。NECで長年、Linuxをはじめとしたオープンソースソフトウェアに関わり、2011年からOpenStack Foundationでも活動している柴田次一氏に聞いた。(2014/6/10)

「GnuTLS」に新たな脆弱性、主要Linuxディストリビューションに影響
悪用された場合、GnuTLSを使っているTLS/SSLクライアントで任意のコードを実行される恐れもある。(2014/6/4)

Intel、「In-Vehicle Solutions」で車載市場に本格参入
Intelの新車載システム製品はAtom E3800搭載のハードウェアとLinuxベースのOS、ミドルウェアで構成され、将来的には自律走行システムの構築も視野に入れている。(2014/5/30)

これからLinuxを学ぶ人のために:
Hyper-Vで始めるLinux環境構築
Hyper-Vで利用できるOSはWindows OSだけではなく、Linuxも正式サポートされている。Hyper-V上で利用できるLinuxやLinux環境の構築方法、Hyper-Vと連携させるために必要なLinux Integration Services(LIS)の機能などを解説。(2014/5/29)

Maker's Voice:
名門復活へ――巻き返しを図るノベル
かつてはLinuxの商用ディストリビューションで名を馳せたNovellだが、日本法人の河合哲也社長は「最近は過小評価されている」と語る。同氏が目指すのは“名門”の復活だ。(2014/5/29)

簡単にクラスタが構築可能:
Google Compute Engine、「CoreOS」の正式サポートを発表
米グーグルがLinuxディストリビューションの「CoreOS」を「Google Compute Engine」で正式にサポートしたことを発表した。CoreOSではクラスタが簡単に構築できるとのことだ。(2014/5/26)

Microsoft Azureスマート解説【第3回】
使い勝手はどんな感じ? 「Microsoft Azure 仮想マシン」を解説
Microsoft AzureのIaaSとしてWindows ServerやLinuxサーバを運用管理する「Microsoft Azure 仮想マシン」。所要時間が10分もかからないという仮想マシンの作成手順や特有の機能を見ていこう。(2014/5/15)

OpenStack情報アップデート:
オラクルが独自のOpenStackディストリビューションを発表
米オラクルが独自のOpenStackディストリビューションのプレビュー版を披露した。また、米レッドハットも「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5.0」のβ版を発表した。(2014/5/14)

キヤノンITS、メールセキュリティ製品を投入
法人向けゲートウェイセキュリティ対策となる「ESET Mail Security for Linux」を新たにリリースする。(2014/5/13)

ESEC2014 開催直前情報:
リネオ、組み込みLinuxの構築支援サービス「リネオテストラボ」
リネオソリューションズは、組み込みLinuxシステムの構築を支援する新サービス「リネオテストラボ」を発表した。Linuxシステムの検証からカーネルの脆弱性チェック、システム解析、保障などのサービスが受けられ、費用は40万円から。(2014/5/12)

ESEC2014 開催直前情報:
OSSだからって仕方なくない! エニアが組み込みLinuxの高可用化を推進
エニアは、「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」で、組み込み機器向けの商用Linuxディストリビューション「EneaLinux」や、Linux向けのハイアベーラビリティ(高可用化)ミドルウェア「Element」、メモリ常駐型高速データベース、リモート監視ソリューションなどを紹介する。(2014/5/7)

OpenSSLを教訓に。業界大手、オープンソース技術を支援
OpenSSL脆弱性のリスクを教訓に、大手IT企業が開発支援に乗り出す。Linux Foundationが発表した。(2014/4/25)

Linux Kernel Watch:
Linux Storage Filesystem/MM Summit 2014からの便り
お久しぶりです、Linux Kernel Watchが帰ってきました。3月に行われた「Linux Storage Filesystem/MM Summit 2014」の主なトピックを紹介します。(2014/4/23)

Oracle、OpenSSLの脆弱性状況を公開 一部は修正パッチも
「MySQL」や「Big Data Appliance」の一部バージョンや「Oracle Linux 6」など、14製品/バージョンについては修正パッチが公開された。(2014/4/22)

ESEC2014 開催直前情報:
創業30年リネオが見せる、IoT時代の組み込みLinuxソリューション
2014年に創業30周年を迎えたリネオソリューションズ。「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」では、IoTを成立させる要素として欠かせない各種組み込みソリューションを展示する。(2014/4/18)

「Chrome Remote Desktop」のAndroid版公開 iOS版も年内に
リモートでWindows、Mac、LinuxのデスクトップにアクセスするChromeアプリ「Chrome Remote Desktop」のAndroid版が公開された。Android端末からWindowsやMacのファイルを操作できる。(2014/4/17)

Red Hat Summit 2014:
レッドハット、クラウド時代の新たな抽象化レイヤとしてDockerコンテナを推進
米レッドハットは、4月15日より開催しているRed Hat Summit 2014で、Linux OSのパワーを改めて強調した。具体的には、物理サーバからクラウドまでの多様なインフラ環境をカバーする、アプリケーションのための統合プラットフォームとして、コンテナ型仮想化技術を推進していく取り組みを説明した。(2014/4/17)

6年間の長期サポートを年額42万円で提供
そのLinuxシステム、トラブルゼロで5年以上運用する自信はありますか?
数年前なら目をつぶってもらえた小さなシステム障害が、最近では大きな問題になることも――あなたの会社でも“安定稼働”への要求が高まっていないだろうか。それが「Linux環境」ならばシステム管理者の悩みは深刻だ。(2014/4/22)

エグゼクティブインタビュー
Microsoftデベロッパー製品は「脱Windows、脱プロ開発者」
iOS、Android、HTML5クライアントやLinuxのサポートなど、非Windowsプラットフォーム向けアプリ開発者に目を向ける米Microsoft。同社のデベロッパー製品戦略の真意とは?(2014/4/15)

品質も保証:
Red Hat Enterprise Linux、Google Compute Engineへ移行可能に
オンプレミス環境のRed Hat環境をGoogle Compute Engineにライセンス移行させる環境が整備された。オンプレミスと同等の品質も保証するという。(2014/4/8)

Computer Weekly:
Microsoftデベロッパー製品は「脱Windows、脱プロ開発者」
iOS、Android、HTML5クライアントやLinuxのサポートなど、非Windowsプラットフォーム向けアプリ開発者に目を向ける米Microsoft。同社のデベロッパー製品戦略の真意とは?(2014/4/2)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(32):
exe/dmgしか知らない人のためのインストール/パッケージ管理/ビルドの基礎知識
Windows、Mac、Linuxごとのインストーラー、仮想実行環境、言語ごとのモジュール(ライブラリ)管理・ビルドツール、ローカルリポジトリによる配布、標準リポジトリ、GitHubでの公開などを紹介。(2014/4/1)

Linuxサーバ2万5000台にマルウェアが感染、攻撃加担の実態も
感染したサーバ2万5000台のうち、1万台以上はいまだにマルウェアが駆除されていないという。(2014/3/20)

小山博史のJavaを楽しむ(18):
ビルドツールGradleのインストールと使い方、Jenkins/Git連携
オープンソースのビルドツール「Gradle」の主な特長やLinux/Windowsでの環境構築方法、さまざまな使い方に加え、CI/バージョン管理との連携方法を解説します。(2014/3/14)

GnuTLSに脆弱性、主要なLinuxディストリビューションに影響
攻撃者が不正な証明書を使って証明書チェックをかわし、正規のWebサイトやサーバを装って中間者攻撃を仕掛けることが可能だという。(2014/3/6)

SOHO/中小企業に効く「NAS」の選び方(第4回):
「NAS」はLinuxで十分か、それとも……
NASの特徴や選び方、さらに最近のトレンドなどを紹介してきた本連載。今回は存在感を増しつつあるWindows Storage Server搭載のNASが、Linux搭載のNASと何が違うのかをチェックしよう。(2014/3/3)

ソフトウェア:
フォグコンピューティング実現へ、シスコが「IOx」投入
シスコシステムズ(以下、シスコ)は、同社のネットワークOS「Cisco IOS」とオープンソースの「Linux OS」を統合した、フォグ(霧)コンピューティング向けのソフトウェアプラットフォーム「Cisco IOx」(以下、IOx)を発表した。IOxを活用することで、製造ラインや電力、交通システムなど用途別の分散処理システムを容易に構築することが可能となる。(2014/2/26)

ストーム、Linux搭載デスクトップ「Storm Linux Box」にFedora 20導入モデルを追加
ストームシステムテクノロジーは、Linuxを標準搭載したミニタワー型PC「Storm Linux Box Mini Tower Fedora SP」の販売を開始する。(2014/2/12)

日本IBM、SDN環境の統合管理ソリューションを提供 OpenFlow/KVMに対応
日本IBMが、OpenFlowとLinuxカーネル仮想化基盤のKVMに対応するSDN統合管理ソリューションを提供する。(2014/2/5)

PR:Linuxエンジニアの転職サポート IT・インターネット業界の転職エージェントワークポート



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.