スピーカー に関する記事 スピーカー に関する質問

「スピーカー」最新記事一覧

祝!5周年記念プレゼントキャンペーン:
Olasonic、「いいね!」でBluetoothスピーカー「TW-BT5」が当たるプレゼントキャンペーン実施
東和電子は、Olasonicブランド5周年記念として、Facebook、TwitterもしくはInstagramのOlasonic公式ページにいいね!・フォローをするとBluetoothスピーカー「TW-BT5」が30名に当たるキャンペーンを実施する。(2015/4/15)

コンサートホールの響きを再現、ボーズがテレビ向けコンパクトスピーカーシステム「Acoustimass 5 Series V」を発売
ボーズは、テレビとの組み合わせを想定した2.1chスピーカーシステム「Acoustimass 5 Series V stereo speaker system」を発売する。(2015/4/10)

ピンポイントに自分だけ狙って起こしてくれる目覚ましが登場
パートナーの目覚ましで一緒に起きてしまった……ということがなくなるピンポイントな目覚ましがKickstarterに登場。特殊なスピーカーを使うのがミソだ。(2015/4/9)

ハーマン、コンパクトでカラフルなBluetoothスピーカー「JBL GO」
ハーマンインターナショナルが、携帯に便利な小型Bluetoothスピーカー「JBL GO」を発売する。カラフルな5色展開、最大5時間の連続再生が可能だ。(2015/4/9)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
往年の名スピーカーを手に入れた気分が楽しめる――ペーパークラフトキット「iHorn Paragon」
今回紹介するのは、あの名スピーカーJBL「PARAGON」のフォルムに似たペーパークラフトキット「iHorn Paragon」。完成したら上部にiPhoneを乗せて拡声器として使えるのだが、その実力はいかに?(2015/4/1)

Mobile World Congress 2015:
30秒で分かる!! ソニーモバイルのBTスピーカー「BSP60」の正体
ソニーモバイルが発表した「BSP60」は、球体型のBluetoothスピーカー。将来的にユーザーのエージェントとなり、しゃべったり動き回ったりするという不思議な存在だ。(2015/3/31)

限定ステッカー付き:
ディービーテクノロジー、BLAZBLUEとコラボしたJIN EditionのBluetoothスピーカーを数量限定販売
ディービーテクノロジーが3月31日、アークシステムワークスの人気ゲーム「BLAZBLUE」とコラボした「Bluetoothスピーカー Live Stage 999 BLAZBLUE JIN Edition」を発売した。予想実売価格は1万5000円前後(税別)。(2015/3/31)

アスク、ソーラーパネル搭載のBluetoothスピーカー「Rock Out 2 Solar Speaker」
アスクが3月25日、米Goal Zero製のソーラーパネルを備え、Bluetoothに対応したポータブルスピーカー「Rock Out 2 Solar Speaker」を発表した。(2015/3/25)

防塵・防水・耐衝撃のタフなBluetoothスピーカー「TREK Flex」、TDK Life on Recordから登場
イメーションは防塵・防水・耐衝撃というタフな構造を持ったBluetoothスピーカー「TREK Flex」を発表した。(2015/3/23)

フォステクス、純マグネシウム振動板を採用したフロアスピーカー新製品「G1003MG」
FOSTEX(フォステクス)は、フロア型スピーカーシステムの新製品「G1003MG」を5月下旬に発売する。同社お得意の純マグネシウム振動板を全ドライバーに採用した3Way4ユニットスピーカーだ。(2015/3/23)

コンパクトでもパワフル:
オンキヨー、aptX対応のBluetooth搭載ポータブルワイヤレススピーカー「SAS200」発売
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは3月18日、Bluetooth 4.0対応のポータブルワイヤレススピーカー「SAS200」を発表した。価格はオープン、予想実売価格は2万5000円前後(税別)で、3月下旬発売予定。(2015/3/18)

すごい、親父が熱中するわけだ:
貝印「Xfit」(クロスフィット)のガンダムコラボ企画「ニュータイプパッケージ」第2弾が登場――豪華プレゼントも
人類の革新はカミソリから。あの貝印が、新発想のカミソリ「Xfit」(クロスフィット)と「機動戦士ガンダム」のコラボレーション企画「That's the NEW TYPE」キャンペーンを実施中。連邦軍仕様のBluetoothスピーカーなどが当たるかも。(2015/3/17)

クラリオン、システムバスルーム用の10センチフルデジタルスピーカーを発表
クラリオンは、LIXILのシステムバスルーム向けにフルデジタルスピーカーのラインアップを拡充した。Bluetoothに対応し、スマートフォンなどからワイヤレスで楽曲を再生できる。(2015/3/16)

Mobile World Congress 2015:
「新型Rollyではありません」――しゃべって動くBTスピーカーの狙いをソニーモバイルに直撃
ソニーモバイルが「MWC 2015」でお披露目したBluetoothスピーカーの名前は「BSP60」。かわいらしい球体型ロボットを思わせる新製品の特徴を担当者に聞いた。(2015/3/13)

ひょうたんとスピーカーがまさかの合体! 癒しのひょうたんスピーカーがじわじわカワイイ
iPodにつなげて使おう!(2015/3/11)

新しい部屋に合いそうなシンプルベーシックデザイン:
ナスペック、モデルチェンジした新Minxシリーズを発表
ナスペックは3月6日、Cambridge Audioブランドの小型スピーカー「Minx」シリーズをモデルチェンジした新シリーズ8製品を発表した。発売予定日は3月10日。予想実売価格は1万4000円から。(2015/3/6)

世界初? 宙に浮く面白Bluetoothスピーカー「Om/One」
ホントに浮いてるぞ!(2015/3/5)

音と光で“くつろぎ空間”:
BluetoothスピーカーとLED照明を内蔵したエアコン、パナソニックから
室内機にステレオのBluetooth対応ワイヤレススピーカーと天井に向けたLED間接照明を搭載したエアコンが登場。就寝前に音楽を聴いたり、明かりを落としてリラックスできる。(2015/3/3)

プリングルズの空き缶にはめて使うスピーカー、応募者全員プレゼント
ポテトチップス「プリングルズ」の空き缶にはめて使えるスピーカーの全プレキャンペーンが始まる。(2015/3/3)

Mobile World Congress 2015:
カメラの進化に注目したい防水ミッドレンジスマホ「Xperia M4 Aqua」、エージェント機能搭載の未知なるBTスピーカー
「Xperia Z4 Tablet」を発表したソニーモバイルだが、「MWC 2015」では防水対応のミッドレンジスマホ「Xperia M4 Aqua」や、しゃべる(予定)のBTスピーカーなど、注目製品がほかにも展示されていた。(2015/3/2)

眠っているスピーカーを活用! スピーカー端子に直結できるBluetoothレシーバー「The VAMP」
日本ポステックは、アンプ内蔵Bluetoothレシーバー「The VAMP」の取り扱いを開始した。手持ちのパッシブスピーカーをつなぎ、Bluetooth対応のワイヤレススピーカーに変身させるアイテムだ。(2015/2/26)

魔法びんメーカーが開発した“真空スピーカー”
魔法びんメーカーとして知られるサーモスから「真空ワイヤレスポータブルスピーカー」をうたうBluetoothスピーカーが登場した。3月6日から家電量販店や同社ECサイト「VECLOS」で販売する。(2015/2/17)

世界初の“真空サウンド” 魔法瓶のTHERMOSが「真空スピーカー」発売
魔法瓶の「THERMOS」から真空技術を活用した世界初の「真空ワイヤレスポータブルスピーカー」が登場。エンクロージャー内部が真空になっており、クリアな音を再生するという。(2015/2/17)

1セット20万円:
マクセル、ハイレゾ対応タマゴ型フローティングスピーカーを発売
日立マクセルは、ハイレゾ対応のタマゴ型フローティングスピーカーセットを発売した。価格は、オープンで市場想定価格は、20万円前後(税別)。(2015/2/16)

初心者にもお勧め!ハイレゾ対応コンポ:
東和電子、独ELAC製スピーカーを採用した新型コンポ「Mariage」
東和電子は、オラソニックのNANOCOMPOシリーズとELAC製ブックシェルフ型スピーカー「BS72 ホワイト」を組み合わせたコンポ「Mariage」(マリアージュ)を発表。価格は13万8888円(税別)から。(2015/2/10)

配信だけじゃない:
「もう1度、日本メーカーを主役に」――オンキヨーがハイレゾ関連事業を海外展開
オンキヨーが、米、英、独の3カ国でハイレゾ音源配信事業を開始、合わせてハードウェアの世界展開も進めると発表した。ワイヤレススピーカーなどの分野では、英Meridian Audioの「MQA」を積極的にサポートしていく。(2015/2/9)

車載情報機器:
イタリアの車載部品サプライヤを買収、カーエレOEM事業の成長を加速
JVCケンウッドは、欧州の自動車メーカーを中心に車載スピーカーやアンプ、アンテナなどを開発/販売するイタリアのティア1サプライヤ・ASK Industriesを買収する。買収金額は2億5100万ユーロ(約36億7800万円)で、2015年4月付けで100%子会社化する予定。(2015/2/3)

あの名機が……?:
音が聴けるペーパークラフト「iHorn Paragon」登場
センチュリーの「白箱.com」から「iHorn Paragon」(アイホルンパラゴン)が登場。1950年代から1980年代にかけ、世界で名機と賞賛された米国製スピーカーがモチーフになっている。(2015/2/2)

3色カラバリ、Bluetooth/NFC搭載:
JVC、4万円台の「ウッドコーンスピーカー」採用のコンポ「EX-S5」を追加投入
JVCケンウッドは1月29日、ウッドコーンスピーカーを採用し、Bluetooth/NFCを搭載したJVCブランドのコンポ「EX‐S5」を発表した。価格はオープン。市場想定価格は4万6000円前後(税別)で2月中旬発売予定。(2015/1/29)

世界展開に弾み:
オンキヨーとWOOX Innovationsが開発・販売で業務提携――オンキヨーのヘッドフォン事業が世界展開へ加速
オンキヨーは、ロイヤル・フィリップスの音響事業を担うWOOX InnovationsとヘッドフォンおよびBluetoothスピーカーの開発・販売で業務提携をする。(2015/1/28)

2つあればステレオに:
球形からキューブ型に大変身、ソニーから新しい小型Bluetoothスピーカー「SRS-X11」登場
ソニーの小型Bluetoothスピーカーがモデルチェンジ。球形からキューブ型へ大胆に変身した。(2015/1/22)

ソニー、LDACに対応したポータブルBluetoothスピーカー「SRS-X55/X33」を発表
ソニーは、Bluetoothスピーカーの新製品「SRS-X55/X33」を発売する。独自コーデックのLDACを新たにサポートするなど音質面を強化したポータブルタイプのワイヤレススピーカーだ。(2015/1/22)

セキュリティ業界、1440度(13):
自動車、ホームルーター、チケット発券機――脅威からどう守る?
全ての電子機器がネットにつながる時代、あらゆる機器が狙われる。CODE BLUEにスピーカーとして参加した筆者が、興味深いと感じた講演をピックアップしました。(2015/1/22)

LEDライト付きで毎日の目覚めをサポート:
JBL、アラーム時計搭載のBluetoothスピーカー「JBL HORIZON」
JBLから、LEDアンビエントライト付きアラーム時計搭載のBluetoothスピーカー「JBL HORIZON」(ホライズン)が1月22日より順次発売される。直販サイトでの価格は、1万1880円(税別)。(2015/1/15)

お風呂スマートテレビにサウンドバーを増設してみた――デノン「ENVAYA Mini」導入記
デノンのBluetoothスピーカー「ENVAYA Mini」を見て直感した。「これは良いお風呂サウンドバーになる」。さっそく実践してみた。(2015/1/15)

数量限定、全プレキャンペーン:
ボーズ、コンパクトオーディオシステム購入者対象「Wave systems プレゼントキャンペーン」
ボーズは、小型オーディオシステム「Wave system」の購入者を対象に、1万円のPC用スピーカーがもらえる「Wave systems プレゼントキャンペーン」を開始した。数量限定で、予定数量に達し次第終了となる。(2015/1/14)

2015 CES:
ソニーの「Google Cast for audio」対応スピーカーをもっと便利にする「SongPal Link」とは?
CESでワイヤレスオーディオ伝送の新サービス「Google Cast for audio」対応製品を展示しているソニー。その使い勝手や今後提供されるアプリ「SongPal Link」について詳しい話を聞いた。(2015/1/9)

日本初Bluetoothトランスミッター搭載:
テレビ音声をBluetoothで飛ばせる24型液晶テレビ&受信用スピーカーセット
アペリアフューズが、国内初となるBluetoothトランスミッター搭載のテレビとワイヤレススピーカーのセット、FUZE「24型フルハイビジョン液晶テレビ&受信用スピーカー」を1月に発売する。販売予想価格は3万4800円(税別)。(2015/1/8)

2015 CES:
ソニーのランプ型スピーカー「シンフォニックライトスピーカー」を試聴した
ソニーブースで、「Life Space UX」の新しいコンセプトモデルとして登場したランプ型スピーカー「シンフォニックライトスピーカー」を試聴した。(2015/1/7)

2015 CES:
ソニーが開発した高音質コーデック「LDAC」、ヘッドフォンやスピーカーなど対応機器も続々
従来の「SBC」に比べて約3倍の情報量を伝送するというBluetooth向けの新コーデック「LDAC」。ソニーは、LDACの発表と同時に多くの対応機器を披露した。(2015/1/6)

テレビ放送の音も“ハイレゾ相当”に――ソニーが「DSEE HX」内蔵の4Kブラビアを発表
磁性流体スピーカーと「DSEE HX」でテレビ音声をアプコン。ソニーから“世界初のハイレゾ対応テレビ”が登場した。(2015/1/6)

2015 CES:
史上最薄! Android TV搭載のソニーの4Kテレビシリーズ登場――さらに拡充された「Life Space UX」も
スマホより薄い4Kテレビにシンフォニックライトスピーカー」、会見に合わせて公開されたソニーブースの展示内容をフォトリポート形式で紹介していこう。(2015/1/6)

水没しても安心:
ロジクール、より大きくなったNFC/Bluetooth対応スピーカー「UE メガブーム」
ロジクールが1月28日、米Ultimate EarsのBluetooth対応スピーカー「UE メガブーム(MEGABOOM)」を発売する。価格はオープンで、直販サイトの価格は3万円(税別)。(2015/1/6)

「Google Cast for audio」──ストリーミングサービスの音楽を直接スピーカーに
Googleが、Chromecastの技術を利用した音楽を対応スピーカーにキャストするサービス「Google Cast for audio」を発表した。ソニーやデノン、LG Electronicsがスピーカーで対応し、PANDORAやTuneInなどの音楽ストリーミングサービスがアプリで対応する。Chromecast同様、AndroidだけでなくiOSやChromeブラウザでも利用できる。(2015/1/6)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
音楽ジャンルを選ばない――手頃でコンパクトなスピーカー、タンジェント「SPECTRUM X5」
1995年に英国で生まれたtangent(タンジェント)は、コンパクトなスピーカーを得意とするオーディオメーカー。「SPECTRUM X5」はそうしたモノづくりを継承するとともに音質の練り上げが素晴らしい製品だ。(2014/12/25)

2014年度グッドデザイン賞:
NFC/Bluetooth搭載の音符型スピーカー「Note」――海外のエレコムショップで発売
NFC/Bluetooth 4.0搭載の音符型モノラルスピーカー「Note」(LBT-SPPNOTE)シリーズが海外のエレコムショップを中心に1月上旬から販売される。価格はオープン、予想価格は7980円(税別)。(2014/12/24)

車両デザイン:
5つの世界観を表現した「N-BOX SLASH」、全高1670mmのクーペスタイルに
ホンダは、軽自動車「Nシリーズ」第5弾となる「N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)」を発売した。全高を1670mmに抑えるなどして、箱型スタイルながらクーペのように見えるデザインに仕上げた。新開発の9スピーカーオーディオシステム「サウンドマッピングシステム」を採用するなど車室内の装備も充実させている。(2014/12/22)

ZERO AUDIO、デュアルダイナミック型のカナル型イヤフォン「DUOZA ZH-DWX10」
“ZERO AUDIO”ブランドのカナル型イヤフォンを展開する協和ハーモネットから「デュアル・ダイナミック・スピーカー」を搭載したモデルが登場した。(2014/12/19)

スポットライト風のデザイン:
ヤマハ、Bluetooth対応2.1chスピーカーシステム「NX-B150」
ヤマハは、Bluetooth 3.0対応の2.1chスピーカーシステム「NX-B150」を12月下旬に発売する。店頭想定価格は2万3000円前後(税別)。(2014/12/11)

オンキヨー、30年目を迎えた大型3ウェイスピーカー「D-77」の最新モデル発売
ロングセラー「D-77」の最新モデルをオンキヨーが12月11日に発表。最新技術を詰め込み、大型スピーカーならではの開放感あふれる音を提供する。(2014/12/11)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。

All material on this site Copyright © 2005 - 2015 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.