「スピーカー」最新記事一覧

太田智美がなんかやる:
3000円で「しゃべるお花」をつくるための、たった1つの方法
「しゃべるお花」をつくるため、超音波合成と画像識別技術を用いることに。しかしそれには超音波スピーカーとカメラが必要で合計10万円かかると判明。この壁をどう乗り越えるか……。(2016/4/28)

シャープ、ピーク輝度を15%以上アップした「LC-55XD45」など4Kテレビ7機種を発表
シャープは、4K対応テレビ“AQUOS 4K”の新製品3シリーズ7機種を発表した。直下型LEDバックライトとサイドスピーカーで画質と音質に注力した「LC-55XD45」もラインアップ。(2016/4/21)

ユキム、独エラックのイネーブルドスピーカー「TS3030」を発売
ユキムは、独ELAC(エラック)のイネーブルドスピーカー「TS3030」を4月下旬に発売する。(2016/4/12)

音楽を聴きながら日曜大工!:
電動工具とバッテリーを共用できるBluetoothスピーカー、ブラック・アンド・デッカーから
ブラック・アンド・デッカーは、電動工具と着脱式バッテリーを共用できるBluetoothスピーカー「BDCSP18」を4月下旬に発売する。(2016/4/12)

ハイレゾ対応:
ビエラ史上最高音質! パナソニックがサイドスピーカーの4Kビエラ「DX850」を投入
パナソニックからサイドスピーカーを搭載した4Kテレビ「DX850」が登場。テクニクスの技術を使ってテレビの高音質化を図った。(2016/4/7)

ちょっといいかも OSを搭載したスピーカー内蔵型テーブル「SOUND TABLE」、先行予約販売開始
テーブルにOS搭載……だと?(2016/3/31)

ベスト・オブ・ザ・ベスト:
ソニーの「サイバーショット RX1R II」とグラスサウンドスピーカーが独「レッドドット・デザイン2016」最高賞受賞
ソニーのデジタルスチルカメラ「サイバーショット RX1R II」と同じくグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」が独「レッドドット・デザイン2016」のプロダクトデザイン部門最高賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を受賞した。(2016/3/31)

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の極上爆音上映が復活! 立川シネマシティが新たに6000万円超のスピーカーを導入する暴挙に
これぞ立川シネマシティの本気だー!(2016/3/26)

Google、人気の「Amazon Echo」類似製品を準備中?
Googleが、Amazon.comのパーソナルアシスタント機能付きWi-Fiスピーカー「Amazon Echo」の対抗製品を開発中と、The Informationが報じた。(2016/3/25)

駆動力に自信アリ、オンキヨーからミドルクラスAVアンプ「TX-RZ810」が登場
オンキヨーからAVアンプ新製品「TX-RZ810」が登場。スピーカー駆動力のアップに加え、イネーブルドスピーカー使用時の位相ズレを補正する新提案も用意した。(2016/3/24)

曲と同時に歌詞を映し出すスピーカー「Lyric Speaker」がハイセンスすぎて音楽鑑賞が捗りまくり
三越伊勢丹が世界に先駆け国内で先行販売。(2016/3/18)

歌詞を自動取得して分析、映像化するIoTスピーカー「Lyric Speaker」
SIXは、自動で歌詞をデータベースから取得し、楽曲の雰囲気や構成を分析してモーショングラフィックを生成するスピーカー「Lyric Speaker」を発表した。(2016/3/18)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ソニーの「マルチファンクションライト」は「つながる家電のプラットフォーム」だ!
AVライター山本敦氏による新連載。初回は、今年ソニーが発表した「マルチファンクションライト」を取り上げる。シーリングライトにスピーカーやマイクなどさまざまな機能を持たせ、スマートフォンと連携する新しいデバイスだ。(2016/3/18)

フィリップスからマルチルーム対応のBluetoothスピーカー「izzy」シリーズ2機種が登場
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、フィリップスブランドのワイヤレススピーカー“izzy”(イージー)シリーズ2機種を3月下旬に発売する。1台のマスターに対して最大5台が接続できるマルチルーム設定に対応する。(2016/3/17)

「monom」第3弾プロダクト:
博報堂、ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型デバイスを開発
博報堂は、 自主開発プロダクトとして、ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型おしゃべりスピーカー「Pechat」を開発。育児を楽しくアシストする次世代玩具として提案する。(2016/3/15)

普通のぬいぐるみを「しゃべるぬいぐるみ」に 博報堂「Pechat」
取り付けるだけで“しゃべるぬいぐるみ”になるボタン型スピーカー「Pechat」を、博報堂が開発した。(2016/3/14)

手が届くかも:
「ハイエンドへのエントリー」――STAXからイヤースピーカーシステムの低価格モデル「SRS-3100」が登場
スタックスは、静電型イヤースピーカーシステム「SRS-3100」を発表した。同社製静電式ヘッドフォンの低価格モデルにあたり、同社では「ハイエンドのエントリー」と位置付けている。(2016/3/11)

手軽に始められるサラウンド、オンキヨーから低価格のホームシアタースピーカー「D-109Xシリーズ」登場
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、オンキヨーブランドのホームシアター向けスピーカー「D-109X」シリーズ3機種を発表した。3月下旬に発売する。(2016/3/8)

エラック「300LINE」の末っ子がモデルチェンジ――空間表現能力を磨いた「BS302」
ユキムは、独ELAC(エラック)のスピーカー新製品「BS302」を3月10日に発売する。「300LINE」の末っ子、「301.2」の後継機として開発されたマイクロスピーカーだ。(2016/3/7)

Amazon、Alexa対応Bluetoothポータブルスピーカー「Tap」を130ドルで発売
Amazonが米国のプライム会員向けに、Bluetooth/Wi-Fiポータブルスピーカー「Tap」を発売した。価格は129.99ドルで、同社のパーソナルアシスタント機能「Alexa」をサポートする。Wi-Fiで直接Amazon Prime MusicやSpotifyに接続して音楽をストリーミングできる。(2016/3/4)

これから重要度を増す音響技術、補聴支援スピーカー「コミューン」のアプローチ
ユニバーサル・サウンドデザインから補聴支援スピーカー「comuoon」(コミューン)の新製品が登場した。独自の技術で高齢者や難聴に悩む人たちの音声コミュニケーションをサポートする。(2016/3/3)

世界最小、ハイレゾ対応のポータブルスピーカー「h.ear go」がソニーから登場
ソニーは、ハイレゾ再生に対応した小型スピーカー「h.ear go」を4月中旬に発売する。製品コンセプトは「ハイレゾを持ち歩く」。カラーバリエーションも6種類を用意した。(2016/3/1)

AMD×Bang&Olufsen:
PR:ビジネスノートに高級ブランドのスピーカーは必要なの?
日本HPの「Elitebook 725G3」は、税別7万円台から購入できる高コスパを実現しつつ、老舗オーディオビジュアルメーカーのBang&Olufsenが手がけたプレミアムスピーカーを内蔵する12.5型ビジネスモバイルノートPCだ。でも実際のところ、ビジネスマシンにそのスピーカーは必要なの……?(2016/3/1)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
最高峰スピーカーの実力を引き出す――マランツの小型アンプ「HD-AMP1」
マランツの「HD-AMP1」は、幅304mmのコンパクトなUSB-DAC内蔵プリメインアンプだが、その実力を侮れない。B&Wの高級スピーカーをつないでみたところ、その実力をあっさりと引き出した。(2016/2/26)

CSR、英PMC Ltdとの代理店契約を締結――3月下旬から国内販売を開始
CSRは、英PMCと日本販売代理店契約を締結。PMCの個人向けスピーカーの国内販売を3月下旬に開始する。(2016/2/26)

iPhone 7はステレオスピーカー、ノイキャンはiPhone 7sで?
イヤフォン端子を廃止するとみられるiPhone 7が、その代わりに採用するもの、しないものとは――。(2016/2/19)

Google、新「Chromecast」と「Chromecast Audio」を国内発売 4980円
Googleが、テレビと接続する端末「Chromecast」の新モデルと、スピーカーに差し込んで音楽をキャストする「Chromecast Audio」を国内発売した。(2016/2/18)

フォステクス、新デザインのハイレゾ対応USBボリュームコントローラーなど新製品を発表
2Wayブックシェルフ型スピーカー「G1300MG(PB)」とハイレゾ対応USBボリュームコントローラー「PC100USB-HR2」がフォステクスから登場。2月下旬発売予定。(2016/2/16)

Atom x7-Z8700搭載:
エイサー、ゲーミング「Predator」ブランドから4スピーカー搭載の8型Androidタブレット
日本エイサーは、ゲーミングシリーズ「Predator」から、4つのスピーカーを搭載する8型のAndroidタブレットを発表した。(2016/2/10)

「2Kでも良いモノが欲しい人に」――2番組同時録画に対応したパーソナルサイズ、レグザ「V30シリーズ」登場
東芝は液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新しいパーソナルサイズ「V30シリーズ」を2月下旬に発売する。4Kやタイムシフトマシンといった付加機能は持たないが、スピーカーを前面に配置して迫力のある音を実現したほか、2番組同時録画や「NETFLIX」などにも対応する。(2016/2/9)

KDDI、ステレオスピーカー搭載の高精細10型タブレット「Qua tab 02」2月11日発売
KDDIは、auオリジナルブランド「Qua(キュア)」シリーズのタブレット「Qua tab 02」を2月11日に発売する。(2016/2/8)

音楽、動画プレイヤーにもなる:
PLANEX「かんたんインターネットラジオ」――全国100局以上のラジオ局が聴ける
タッチパネル/ステレオスピーカー搭載「PLANEXかんたんインターネットラジオ」(MZK-WDPR-R01)が登場。価格は4980円(税込)。(2016/2/8)

Alexaに配車を頼める:
AmazonのWi-Fi/Bluetoothスピーカー「Echo」がUberやSpotifyをサポート
Amazon.comが米国で販売しているパーソナルアシスタント「Alexa」搭載スピーカー「Amazon Echo」で、「Uberを呼んで」で配車を手配したり「Spotifyのプレイリストを流して」で音楽を聴いたりできるようになった。(2016/2/8)

自宅のスピーカーをワイヤレス化!――プリンストンがaptX対応のBluetoothレシーバーを発売
プリンストンは、aptX対応のBluetoothレシーバー「PTM-BTR2」を2月12日に発売する。自宅で使用しているスピーカーやコンポなどに接続すれば、ワイヤレススピーカーに早変わり。(2016/2/5)

「桐」と「彫り」:
“和”を追求したスピーカーとヘッドフォン、オンキヨーが開発――新素材のセルロースナノファイバー振動板も採用
オンキヨーが「和楽器の心地よい響きを実現した」というスピーカーとヘッドフォンを公開。古くから和楽器に使われる「桐」素材の採用に加え、音の響きをよくするため楽器本体の内部に施される「彫り」構造を採用し、スピーカーボックスやヘッドフォンカバーに応用した。(2016/2/5)

「Android Wear」にジェスチャーや音声読み上げ追加のOTAアップデート開始へ
GoogleのスマートウォッチOS「Android Wear」のOTAアップデートが向こう数週間でローリングアウトする。このアップデートで、手首でのジェスチャー操作が増え、音声でのメッセージング入力が可能になり、スピーカー付き端末では通話できるようになる。(2016/2/5)

「どこでもテレビ」に飽き足りず……東芝の防水ポータブルテレビ「10WP1」を使って分かったこと
東芝の「10WP1」は、大きめのスピーカーとIPS液晶パネルを搭載した最新の防水ポータブルテレビ。レグザとの相性も良く、タイムシフトマシンで録画した番組もネットワーク経由で視聴できる。(2016/2/3)

Hamee、Bluetooth対応「ANTS」シリーズにイヤフォンとスピーカーを追加――防滴などアウトドアに最適
HameeからBluetooth対応のイヤフォン「ANTS active」とスピーカー「ANTS speaker」が登場。どちらも軽量化を重視、アクティブ志向のユーザーがターゲット。(2016/2/3)

AM/FMラジオも搭載:
ION、NFC/Bluetooth対応のポータブルPA「Block Rocker」を発売――50時間連続稼働
inMusic JapanからBluetoothスピーカーにもなるION AUDIOブランドの万能ポータブルPA「Block Rocker」が登場。2月10日発売。(2016/2/2)

立川シネマシティで「ガルパン」上映中に音声が途切れ上映中止、返金対応に スピーカーに白旗が上がる
返金を受け取らないガルパン紳士もいたもよう。(2016/1/28)

「iPad Air 3」は「Apple Pencil」対応で3月発表?
Appleが3月に「iPhone 5se」(仮)とともに発表するとうわさの「iPad Air 3」(仮)は、「iPad Pro」と同様のスピーカーグリルを備え、「Apple Pencil」に対応すると9TO5Macが予測した。(2016/1/28)

ワイヤレススピーカーでも「エクストラベース」――ソニー、重低音&防水の「SRS-XB2/XB3」を発売
EDM(Electronic Dance Music)ファンにうれしいBluetoothスピーカーがソニーから登場。楽曲のトレンドとなっている60Hz付近のディープベースと100Hz周辺のパンチベースを十分な音圧で再生できるという。(2016/1/27)

北欧デザインが美しい:
ヤコブ・イェンセン氏がデザインしたBluetoothスピーカー「フィヨルド・ミニ」
モダニティは、tangent(タンジェント)のNFC対応Bluetoothスピーカー「フィヨルド・ミニ」を2月上旬に発売する。無駄を排した設計で、モダンなデザイン性を追求した。(2016/1/25)

純マグネシウム振動板を搭載したブックシェルフ、フォステクスが「G1001MG」を発表
フォステクスカンパニーは、ブックシェルフ型のスピーカーシステム「G1001MG」を1月下旬に発売する。ツィーターとウーファーの両方に純マグネシウム振動板を採用した。(2016/1/22)

ガラス管がスピーカーに 360度音が広がる ソニー「グラスサウンドスピーカー」
有機ガラス管の振動で音を360度全ての方向に広げるスピーカー「グラスサウンドスピーカー」をソニーが発売する。(2016/1/20)

あの”ジャズコ”がオーディオスピーカーに:
ローランド、ギターアンプをモチーフにしたBluetoothスピーカー「JC-01」
ローランドはBluetoothスピーカー「JC-01」を2月中旬に発売する。同社のギターアンプ「ジャス・コーラス」のデザインをモチーフにした。(2016/1/20)

透明感のある音でリラックス、ソニー「Life Space UX」から「グラスサウンドスピーカー」が登場
ソニーの「Life Space UX」から「グラスサウンドスピーカー」が正式発表された。円筒形のガラスから360度にクリアな音を出すBluetoothスピーカーだ。(2016/1/20)

2月発売が決定!――日常空間をおしゃれに変えるソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター」
ソニーが「Life Space UX」の第3弾となるポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」とグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」を正式発表した。居住空間を見直し、“空間そのもの”を活用して新たなユーザー体験を実現するという。(2016/1/20)

Amazonのパーソナルアシスタント「Alexa」にKindle本朗読機能
Amazonが米国で販売する多機能Wi-Fiスピーカー「Echo」搭載のパーソナルアシスタント「Alexa」に「Kindle本を読んで」と呼び掛けると、他の端末で読みかけの電子書籍を続きから朗読してくれるようになった。(2016/1/18)

振動によるノイズを抑制する新発想のスピーカーケーブル、ジャパンファインスチールから
ジャパンファインスチールが音響ブランド「JFSounds」を立ち上げ、オーディオ用ケーブル市場に参入する。製品の第1弾は、純マグネシウムを使って振動を抑制するという新しいコンセプトのスピーカーケーブルだ。(2016/1/15)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.