東京大学 に関する記事 東京大学 に関する質問

「東京大学」最新記事一覧

Maker Faire Tokyo 2014:
市販プロジェクタを活用した光造形方式3Dプリンタにも驚いたが……「氷積層」だと!?
東京大学3Dプリンタ倶楽部は「Maker Faire Tokyo 2014」に出展。市販のプロジェクタを用いた自作の光造形方式3Dプリンタの実演デモと、“氷”で造形する氷積層3Dプリンタのコンセプトデモを披露した。(2014/11/25)

人工臓器研究における3次元 CAD 活用:
PR:3次元CADが人工心臓の実現に貢献、人間の臓器を“設計する”のに何が必要か
人工臓器はその臓器の機能や構造、生体としての仕組みを完璧に理解しなければ実現できない――。内臓の機能不全で苦しむ患者を救うために「人工心臓」によって未踏の研究にチャレンジを重ねる研究者がいる。3次元 CAD で心臓を設計し、人工心臓による動物の最長生存期間を目指す東京大学 大学院の圦本晃海(ゆりもと てるみ)氏に話を聞いた。(2014/11/19)

CADニュース:
心臓を“設計”する! 東大の人工心臓研究に「PTC Creo」が採用
PTCジャパンは、東京大学大学院医学系研究科の研究グループが完全置換型人工心臓の開発に同社の3次元CAD「PTC Creo」を活用していることを明らかにした。(2014/11/18)

教育ITニュースフラッシュ
iPadのカメラで答案提出 Z会が生む新たな通信教育とは?
東京大学のオンライン英会話サービス活用事例から、eラーニング関連の優秀な製品や活用事例を表彰する「日本e-Learning大賞」の発表まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/11/14)

エネルギー管理:
太陽光と電力系統、間を取り持つデジタル技術
大規模太陽光発電所や風力発電所を手掛ける自然電力グループは、2014年11月、東京大学、デジタルグリッドと共同で、電力系統に与える太陽光などの影響を抑制する共同研究を開始した。「デジタルグリッドルーター」を用いた電力の融通などが対象だ。(2014/11/11)

組み込み開発ニュース:
東大発の自律型クアッドコプターはプログラマブルSoCで空を飛ぶ
ザイリンクスは、東京大学大学院の研究グループ「フェノクス・ラボ」が開発した、小型で自律飛行可能なクアッドコプター「フェノクス」に、同社のプログラマブルSoC「Zynq-7000」が採用されたと発表した。(2014/11/11)

マウスを全身丸ごと透明化 理研・東大チームが成功
マウスの全身を丸ごと透明化し、臓器や全身の3Dイメージを容易に得られる技術を理研と東大のチームが開発した。(2014/11/7)

11月22日(土)全国公開:
PR:映画『インターステラー』から見える、地球の未来と宇宙への挑戦の今
食糧が枯渇し、地球上に住めなくなった人類は、宇宙に活路を見いだす――11月22日に全国公開される映画『インターステラー』は、そんな“少し未来の地球”を描いた作品だ。映画で描かれたようなことは本当に地球上で起きているのか? また、宇宙の探索はどこまで進んでいるのか? 実際に惑星探査に携わる東京大学の宮本英昭准教授と、映画ライターの新谷里映さんに、「地球の今と宇宙への挑戦」と、映画『インターステラー』について聞いていこう。(2014/11/4)

BookLive、「私を変えた1冊! ダイヤフェア」開催――糸井重里や林修らが本を紹介
東京大学や京都大学での人気作品も紹介している。(2014/10/31)

CAEイベントリポート:
スパコン性能、2020年以降は伸びずに頭打ち!? ――これから何をするべきか
スパコンが登場してから40年間、計算能力は順調に「10年に1000倍」の速度で向上し続けてきた。だがこの伸びは2020年には近い将来に止まるという。その時CFDでは何ができるだろうか。東京大学 生産技術研究所の加藤千幸氏が講演した。(2014/10/31)

JIMTOF2014 基調講演:
「はやい」だけではダメ! 今までにないものを作ってこそ3Dプリンタは意味がある
工作機械と関連製品/技術の展示会「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」の基調講演として東京大学 生産技術研究所 教授の新野俊樹氏が登壇。「Additive Manufacturingを核にした新しいモノづくり――3Dプリンタの未来像」をテーマに付加製造技術の発展の歴史と今後の課題について語った。(2014/10/30)

人工頭脳「東ロボくん」、センター模試英語で「偏差値50.5」 国公立4校でA判定
人工頭脳プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」で、人工知能「東ロボくん」が代ゼミセンター模試に挑戦したところ、英語で偏差値50.5と平均を超え、全体成績では国公立4校6学部でA判定だったという。(2014/10/30)

急拡大する市場:
飛び付く流通・食品各社 過熱するミドリムシ争奪戦
東大発ベンチャー・ユーグレナのミドリムシを使った商品が相次いで発売されている。日常の食生活では足りない栄養素を補えるということで、食品メーカーを中心に協業が進んでいる。しかしもう1つ、ミドリムシへの期待が高まっている分野がある――。(2014/10/29)

【再録】 ITmedia Virtual EXPO 2014 秋:
量子コンピュータの可能性――量子力学のパイオニア・古澤明氏に聞く
2014年9月30日に閉幕したITとモノづくりに関する日本最大級のバーチャル展示会「ITmedia Virtual EXPO 2014 秋」では、基調講演として、一部でノーベル賞候補として名前も挙がる量子力学の第一人者でもある東京大学の古澤明氏が登壇し、「量子コンピュータの可能性」について、最近の研究成果なども交えながら語った。この基調講演の模様を記事化した。(2014/10/28)

医療機器ニュース:
運転能力を低下させる白質病変、東京大学らが実車実験で確認
東京大学と高知工科大学は、医学的に症状のない軽度の大脳白質病変(以下、白質病変)と診断された高齢の運転者は、そうでない高齢の運転者に比べて、運転能力が低下していることが実車実験で確認できた、と発表した。(2014/10/14)

小児アトピー/喘息児に朗報か!:
シャープ、プラズマクラスター技術により小児アトピーでぜんそく患者の気道炎症レベルが低減した結果を発表
シャープは、東京大学医学部附属病院臨床研究支援センターに委託した臨床研究において、小児アトピー型で軽症および中症のぜんそく患者の気道炎症レベルが低減する結果が得られたと発表した。(2014/9/18)

イノベーション・ジャパン2014基調講演リポート:
東大発のベンチャー企業、アクセルスペースが目指す“新しい宇宙の使い方“
「イノベーション・ジャパン2014−大学見本市」の基調講演に、東京大学発のベンチャー企業で、超小型衛星を開発しているアクセルスペースの代表取締役を務める中村友哉氏が登壇した。同氏はアクセルスペースが発足した経緯や、超小型の人工衛星を利用した宇宙ビジネスの未来について語った。(2014/9/18)

出版6社の学術書を紙版・電子版セットで提供へ
慶應義塾大学出版会、勁草書房、東京大学出版会、みすず書房、有斐閣、吉川弘文館の出版6社の学術書を紙版と電子版のセットで販売。丸善の「Maruzen eBook Library」と京セラの「BookLooper」で電子版の利用を開始する。(2014/9/12)

教育ITニュースフラッシュ
近畿大学、システムも教科書販売も“Amazon派”に
小中学生に1人1台のWindowsタブレットを配布し、持ち帰りも許可した品川区の取り組みから、東京大学が「MOOC」で開講する大学教員養成講座まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/9/5)

1秒間に4.4兆コマ連写できる“世界最高速カメラ”「STAMP」 東大などが開発
4兆3700億fpsの世界最高速で連写撮影できる超高速撮影システム「STAMP」を東大などが開発した。(2014/8/19)

エネルギー技術 太陽電池:
光電変換効率を向上、強相関太陽電池の実現に期待
理化学研究所と東京大学は、光の照射によって相移転を起こす強相関電子系酸化物と半導体を接合した太陽電池を試作するとともに、その接合界面の近いところで相競合状態を誘起することに成功し、磁場によって太陽電池の光電変換効率を向上させることが可能であることを発見した。(2014/8/4)

東大、14年度もオリジナル講義を世界へ無料配信 知識ゼロでも学べる「CG」新開講
東京大学が米「coursera」で講義提供を始める。昨年度に続き2回目の実施となり、五十嵐健夫教授によるコンピューターグラフィックスに関する講義が新たに開講される。(2014/8/4)

窪田順生の時事日想:
東大の教授が、「医療詐欺」なる本で医療界を告発した理由
救急車のたらい回し、医師不足問題、製薬会社の不祥事――。こうした問題は、国家による「医療」コントロールが限界にきているからなのか。医療界の現実について、東大医科学研究所の教授が赤裸々に綴った本が出た。(2014/7/22)

材料技術:
容量がリチウムイオン電池の7倍!? 酸化物イオンを使う新原理の二次電池
東京大学大学院工学研究科教授の水野哲孝氏のグループと日本触媒は、現行のリチウムイオン電池の7倍に達するエネルギー密度を可能とする、新原理の二次電池の動作を実証したと発表した。この新原理の二次電池は、正極中における酸化物イオンと過酸化物イオンの酸化還元反応を利用する。(2014/7/18)

メカ設計インタビュー:
3Dプリンタは臨界点を突破したのか
新たなモノづくりの姿を示す象徴として「3Dプリンタ」は大きなムーブメントを巻き起こしている。しかし、3Dプリンタそのものは既に1980年代からある技術で過去には夢を追いつつも突破できない壁があった。かつての研究の最前線から今のムーブメントはどう見えるのか。東大名誉教授で現在は世界最大のEMSフォックスコンの顧問も務める中川威雄氏に話を聞いた。(2014/7/16)

「やる気が続かない……」を改善する3つのポイント
やる気が続かない勉強を継続するために必要な心構えとは? 勉強が嫌いだったにも関わらず、東大入試、司法試験と、難関試験を突破し続けた白川敬裕さんの著書から紹介します。(2014/7/10)

窪田順生の時事日想:
ドラッカーと孔子の思想が似ているのは2人とも「ファシズム」を憎んでいたから?
東京大学の安冨歩教授が『ドラッカーと論語』という本を出した。ドラッカーと孔子を結びつけるなんて強引では? と思われるかもしれないが、この2人、驚くほど同じようなことを言っている。それは……。(2014/7/8)

エネルギー技術:
中性の水から水素/有機燃料を効率よく製造、理研と東大がメカニズムを解明
理化学研究所(理研)と東京大学は、中性の水を分解して電子を取り出すことができる「人工マンガン触媒」を開発した。今回の研究成果は、中性の水を電子源とした水素あるいは低環境負荷の有機燃料の製造につながると期待されている。(2014/7/1)

東京大学 藤岡教授ら:
LED素子の製造コストを最大1/100に――ガラス基板上での作成に成功
東京大学生産技術研究所の藤岡研究室(藤岡洋教授)は、スパッタリング法を用い安価なガラス基板上に窒化物半導体のLED素子を作成する技術を開発した。有機金属気相成長法(MOCVD)とサファイア基板を用いて製造した従来のLED素子に比べて、製造コストを最大1/100にできる可能性があるという。(2014/6/24)

東京大学発のベンチャー企業 AgIC:
市販プリンタで回路を印刷! 銀ナノ粒子を使った導電性インク
東京大学発のベンチャー企業 AgICは、市販インクジェットプリンタで印刷できる導電性インクの市販を2014年夏から開始する。写真用光沢用紙や同光沢処理を施したプラスチックフィルムに自在にパターンを描くことができ、教育現場や電子工作市場、大面積基板を必要とする用途などへの拡販を展開する。(2014/6/24)

電力供給サービス:
風力発電を予測・制御・運用可能な電源に、東京電力などが5年間の研究開発に着手
東京電力や東京大学など14法人が共同で風力発電の研究開発プロジェクトに取り組む。気象条件によって出力が変動する風力発電の予測と制御、さらに地域の電力需給シミュレーションシステムを開発する予定だ。2018年度までの5年間をかけて、東日本地域の再生可能エネルギー拡大に備える。(2014/6/17)

網膜に映像を投影!:
「眼鏡と変わりない装着感」の網膜走査型スマートメガネ
QDレーザと東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構は共同で、レーザー網膜走査型ディスプレイのウェアラブル情報端末「レーザアイウェア」の基盤技術開発に成功したと発表した。両者は、「装着感、外観ともに通常の眼鏡と違和感の無い新タイプの眼鏡型情報端末の製品化へメドを付けた」とし2015年内に製品化する方針。(2014/6/5)

DeNA、遺伝子検査サービス「MYCODE」スタート 東大医科研と共同研究
DeNAが、がんや生活習慣病のリスクなどを調べる一般向け遺伝子検査サービス「MYCODE」を7月に始める。東大医科研との共同研究に基づいた信頼性の高い分析が売りだ。(2014/6/3)

あなたの母校は何がおいしい?:
食の学園祭「大学は美味しい!!」、新宿タカシマヤで開催中
5月28日から6月3日まで、新宿タカシマヤで物産展「大学は美味しい!!」が開催される。東京大学など全国38の大学が出展し、地元の名産品や産学連携商品などを販売するというイベントだ。(2014/5/28)

物に触れた感覚を再現、硬さも伝えるシステム NHKと東大が開発
物体の形状と硬さを非接触で測定し、物体を触った感覚を仮想的に再現できるシステムをNHKと東京大学が共同で開発した。(2014/5/23)

教育ITニュースフラッシュ
東京大学の“国産MOOC”初講義、その受講者数は?
1人1台のWindowsタブレット活用を進める佐賀県のセキュリティ対策から、東日本大震災の被災地域で進む教育支援プロジェクトでのIT活用事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/5/23)

日本初MOOC「gacco」会員数5万人突破 第1弾東大講義は2万人が受講、「目標大きく上回る」
日本初のMOOCサービス「gacco」の会員数が5万人を超えた。第1弾講座は2万人が受講し「目標を大きく上回る成果」という。(2014/5/20)

名鉄を育成するのだ! 「名鉄これくしょん」がハイクオリティだと話題に
「東京大学名鉄研究会」が開発しました。(2014/5/19)

FAニュース:
東大らが参加の産学連携研究開発プロジェクトCMI、4月に4社加入で全13社に
製造組み立て、工作機械、切削工具、素材、切削油など13社で製造工程のほぼ全体をカバー。(2014/5/17)

教育ITニュースフラッシュ
東京大学が始めたネット生講義、初回受講者は何人?
eラーニング市場規模の調査結果から、iPadの人気プレゼンアプリ「ロイロノート」の教育機関版まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/4/25)

有名大合格者のノート500冊以上を無料公開 ノート共有アプリ「Clear」で
東京大学や慶応義塾大学など有名大学合格者が受験時にまとめたノート500冊以上が、ノート共有スマートフォンアプリ「アプリClear」で公開へ。(2014/4/23)

論文画像の不正検出ソフト、東大発ベンチャーが無料公開 「安易な不正防止に」
生命科学論文の使用画像に切り貼りや加工などの不自然な点がないかを検出する「LP-exam」を、東京大学の研究者らが設立したベンチャーLPixelが無料公開した。(2014/4/17)

教育ITニュースフラッシュ
秋田大学が構築した「バーチャル鉱山実習システム」とは?
3DCGで鉱山現場を再現した秋田大学の事例から、東京大学が進めるオンライン講義の最新の取り組みまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/4/4)

Weekly Access Top10:
4月から何か始めたいあなたに 無料で受けられる東大の授業、あります
3月も半ば、世の中は卒業シーズンのようです。学生でもないので新学年! という区切りもないですが、4月から何か始めたいあなた、オンラインで大学の講義を受けるのはどうですか。(2014/3/17)

「東京大学i.school」講義をネットで無料公開 イノベーション創出の理論を学ぶ
動画学習サービス「schoo WEB-campus」と「東京大学i.school」が提携し、イノベーション創出の理論や実践を学ぶ連続講義をWebで無料公開する。(2014/3/14)

教育ITニュースフラッシュ
東京大学の公開オンライン講義「MOOC」、修了できたのは何人?
大規模公開オンライン講座(MOOC)に関する東京大学の最新の取り組みから、長崎県での英語学習アプリの開発事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/2/21)

東大生なのに就活に失敗する人の特徴とは
就活における切り札と思われがちな「東大生」という肩書を持っていても落ちてしまう学生がいると言います。彼らの特徴とは。書籍『就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか』から紹介します。(2014/2/20)

東大、オンライン無料教育プラットフォーム「edX」に参画 ハーバード・MITとのコラボ講義公開
東京大学が、米国発のオープンソース教育プラットフォーム「edX」への参画を発表。第1弾として、ハーバードやMITとコラボし、日本の戦後史を扱う講義を全世界に無料公開する。(2014/2/18)

東大、早稲田、慶應などの就活生に聞く、どの会社で働きたい?
東大、早稲田、慶應など、いわゆる上位校の就活生はどの企業に就職したいと思っているのだろうか。上位5校の学生に聞いた。リーディングマーク調べ。(2014/2/17)

面談不要の加工・成形屋さん(11):
PR:現役東大生設計者がプロトラブズで見積もってみた!
「ユカイなモノづくり」を目指すロボティクス企業 ユカイ工学は、人材発掘もユカイ? 今回登場するのは、現役東大生のメカ設計者の安住仁史氏。同氏が、前回登場した先輩・小島拓也氏のデザイン画を基に、機構設計を進めていくことになった。今回は、そのほんの一部を紹介する。(2014/2/17)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.