メディア
ニュース
» 2014年09月24日 18時25分 UPDATE

ビジネスニュース 市場予測:半導体市場、2014年以降は緩やかに成長――IC Insightsが予測まとめ (2/3)

[Rick Merritt,EE Times]

ファブレスが成長

 McClean氏は、「2014年のファブレス半導体市場は、ファブレス半導体企業の売上高が約30%を占める見込みだ。ファブレス市場は年間1%ずつ成長を続けているが、当面はこの傾向が収束することはないと見ている」と述べている。

 McClean氏は、「Intelは、Samsung Electronicsに差を縮められながらも、半導体業界の雄であり続ける」と予想する。中国では国内のスマートフォンメーカーが、Samsungのシェアを奪っている。しかし、「Samsungは同社が製造した半導体の多くを自社で使用しているため、売上高は実際より低く見積もられている可能性が高い」と同氏は指摘している。

 2014年に最も成長した半導体企業は、現時点ではMediaTek、AMD、Marvell Technology Groupで、いずれもファブレス半導体企業だ。これら3社の後に、DRAMメーカーのMicron TechnologyとSK Hynixが続く。かつては日本最大規模の半導体メーカーだった富士通と東芝は、欧州のSTMicroelectronicsと同様に、大きく低迷している。

mm140924_semi6.jpg 2014年第1四半期における半導体売上高ランキング上位20社(ファウンドリ企業を含む) 出典:IC Insights
mm140924_semi7.jpg 2014年第1四半期における、半導体売上高成長率ランキング上位20社(ファウンドリ企業を含む)。いずれも単位は百万米ドル 出典:IC Insights

ファウンドリはTSMCが圧勝

 ファウンドリでは、TSMCの成長率が他を圧倒した。なお、TowerJazzは、TSMCに比べると小規模のファウンドリだが成長率を大きく上げている。一方でSamsung Electronicsは、Appleがプロセッサの製造をTSMCにも製造したことで大打撃を受けている。

mm140924_semi8.jpg 2014年におけるファウンドリの売上高ランキング 出典:IC Insights

 ここ数年、PC、携帯電話機、自動車、テレビの販売台数は中国が最も多い。ただし、中国のGDPは、10%前後が10年間続いていたが、ここ2年ほどは7%台に落ちている。McClean氏は、「今後も、ゆっくりとではあるが低下していくだろう」との見解を示している。中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)は約50となっている。

mm140924_semi9.jpg PC、携帯電話機、自動車、テレビの各市場において中国の購買力は最も高い 出典:IC Insights
mm140924_semi10.jpg 2010年第4四半期〜2014年第1四半期における中国のGDPの推移 出典:IC Insights

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.