メディア
連載
» 2018年02月28日 11時30分 公開

福田昭のストレージ通信(88) STが語る車載用埋め込み不揮発性メモリ(1):車載用マイコンが内蔵する不揮発性メモリ (2/2)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

 先に述べたように、車載用マイコンといってもさまざまな用途がある。大別するとパワートレイン/シャシー/安全関連の用途と、ボディ関連の用途になる。それぞれの用途により、埋め込み不揮発性メモリに対する要求仕様が少し違ってくる。前者はより高い温度でも動作すること、安全規格を満足すること、記憶容量が大きいこと、などが求められる。

車載用マイコンの用途と、内蔵不揮発性メモリ(eNVM)への要求仕様 出典:STMicroelectronics

大容量の不揮発性メモリを要求するマイコンは多くない

 車載用に限らず、マイコンが必要とする不揮発性メモリの記憶容量はそれほど大きくない。市場調査会社の統計によると、512Kバイト以上のフラッシュメモリを内蔵するマイコンは全体の4分の1に満たない(金額ベースのシェア)。一方で64Kバイト未満のフラッシュメモリを内蔵するマイコンは、4分の1強を占める。

マイコンが内蔵する不揮発性メモリのシェア(金額ベース) 出典:STMicroelectronics

(次回に続く)

⇒「福田昭のストレージ通信」連載バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.