メディア
連載
» 2019年02月13日 11時30分 公開

福田昭のデバイス通信(180) Intelの「始まり」を振り返る(13):Intelの創業8年目(1975年):収入の伸びが鈍化して収支は初めての減益に (1/2)

今回は、創業8年目となる1975年の業績を紹介する。この年は売り上げの伸びが鈍化し、営業利益と純利益は前年比18%減と、初めての減益となった。

[福田昭,EE Times Japan]

景気後退と価格競争が成長にブレーキをかける

 Intelの公式文書である「年次報告書(アニュアルレポート)」をベースに、Intelの創業期の活動を創業年(1968年)から1年ずつ記述する連載の第13回である。第9回から前回(第12回)までは、創業7年目である1974年の状況を紹介してきた。今回からは、創業8年目である1975年の業績や事業活動などをご報告していく。

1975年の業績ハイライト。1975年の年次報告書(アニュアルレポート)を基に作成(クリックで拡大)

 Intelの収入(売り上げ)は前年(1974年)まで、前年に比べて約2倍以上のペースで急成長してきた。この「倍々ゲーム」とも呼べる超高度成長は、1975年になると急ブレーキがかかる。1975年の収入は前年比1.7%増となり、横ばいにとどまる。金額は1億3678万8000米ドルである。

 売り上げの伸びが急速に鈍化したのは、景気後退と価格競争によるものだ。価格競争によって半導体の販売単価が大きく低下した。それでも半導体の販売数量が増加したために、収入が前年比でマイナス成長とはならずに、横ばいで済んだとする。

 営業利益と純利益はいずれも前年比18%減で、初めての減益となった。金額はそれぞれ、3321万2000米ドルと1627万4000米ドルである。

 経費の内訳を見ると、販売費は前年比で0.4%減であり、減益の要因とはなっていない。経費で増加したのは、研究開発費とマーケティング費である。研究開発費は前年比38.5%増、マーケティングおよび一般管理費は前年比39.2%増といずれも大幅増となった。研究開発とマーケティングに力を入れることで、翌年(1976年)以降の事業拡大を狙う。1975年の年次報告書はこのように述べる。

総収入と営業損益の推移。Intelの年次報告書(アニュアルレポート)を基に作成(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.