メディア
ニュース
» 2019年03月26日 09時30分 公開

デバイスからFaaSまでを提供:Xilinx、データセンター事業でエコシステム拡大に注力 (1/2)

ザイリンクスは2019年3月19日、同社のデータセンター事業戦略について講演やセッションを行うイベント「Xilinx Data Center Acceleration Seminar」を開催した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ザイリンクスは2019年3月19日、同社のデータセンター事業戦略について講演やセッションを行うイベント「Xilinx Data Center Acceleration Seminar」を開催した。

XilinxのKen Way氏

 同イベントの基調講演に登壇したXilinx米国本社のデータセンター事業部でAlveoマーケットデベロップメント担当バイスプレジデントを務めるKen Way氏は「膨大な量の非構造化データや、『ムーアの法則』の減速、AI(人工知能)技術の加速などを考えると、もはや1つのコンピュータアーキテクチャだけで対応することは難しくなっている。そのため、CPUとFPGAなどを組み合わせるヘテロジニアスコンピューティングの時代が到来すると、われわれは考えている」と述べる。

Ken Way氏は、ハイパースケールパブリッククラウドやハイパフォーマンスコンピューティングといった分野で、ヘテロジニアスコンピューティングが進むと主張する 出典:ザイリンクス(クリックで拡大)

 こうした背景で、Xilinxのプラットフォームは、「柔軟に対応できる」とWay氏は強調する。同氏は、Xilinxの強みとして、デバイス、FPGAを搭載したアクセラレーターカード、クラウド上でFPGAを使用するFaaS(FPGA-as-a-Service)を、シームレスに顧客に提供できる点だと述べる。特にFaaSでは、AWS(Amazon Web Service)やMicrosoft、Alibaba、Baiduといった大手データセンター事業者がXilinxのFPGAを採用していて、クラウドやデータセンター分野におけるXilinxの存在感は確実に強くなっているとする。

Xilinxの強みは、デバイス、「ALVEO」のようなアクセラレーターカード、FaaSをシームレスに提供できることだとWay氏は述べる 出典:ザイリンクス(クリックで拡大)

 Way氏は、Xilinxのデータセンター戦略について、「基本的には、エコシステムを拡大していくことが鍵」だと強調した。前述したAWSやMicrosoftといったエンドカスタマーの他、ファームウェアやIP(Intellectual Property)コアを開発するデベロッパーで構成されるエコシステムを強化、拡大していく方針だ。

左=Xilinxのプラットフォームを中核として、エコシステムを拡大していく/右=金融やライフサイエンスなど、さまざまな分野でアプリケーションエコシステムを拡大していくとWay氏は述べる 出典:ザイリンクス(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.