メディア
ニュース
» 2019年04月03日 02時00分 公開

CXLやBFLOAT16もサポート:Intelの新FPGA「Agilex」、高い柔軟性を実現 (1/3)

Intelは2019年4月2日(米国時間)、10nmプロセスを採用したFPGAの新ファミリー「Agilex(アジレックス)」を発表した。Agilexは、Agility(素早さ)とFlexibility(柔軟性)を掛け合わせた名称だという。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 Intelは2019年4月2日(米国時間)、10nmプロセスを採用したFPGAの新ファミリー「Agilex(アジレックス)」を発表した。Intelのプログラマブルソリューションズ事業部でチーフプロダクトマーケティングオフィサーを務めるPatrick Dorsey氏は、Agilexは、Agility(素早さ)とFlexibility(柔軟性)を掛け合わせた名称だと説明した。

IntelのPatrick Dorsey氏

 Dorsey氏は、「日々膨大な量のデータが生成される中、顧客はそれらのデータをいかに処理するかという課題に直面している」と語る。「とりわけ、リアルタイムで高速なデータ処理が必要になる組み込み機器/エッジ、広帯域幅が必要な通信インフラ、膨大な量のデータの移行や管理、処理が求められるクラウド/エンタープライズの分野では、上記のような課題を解決できるようなソリューションが求められている」(同氏)

 そこでIntelが発表したのが、Agilexだ。組み込み、通信インフラ、クラウドなどアプリケーション分野に合わせてカスタマイズしやすい柔軟性を向上し、低遅延と高性能化も実現しているとDorsey氏は強調する。

 Dorsey氏は、Agilexの特長として、「高性能コンピューティングエンジン」「Any-to-Anyインテグレーション」「あらゆる開発者を対象にしていること」を挙げる。

高い処理性能

 高性能コンピューティングエンジンについては、第2世代の「Intel HyperFlex」アーキテクチャを採用していて、最大40TFLOPSの演算性能を実現しているという。既存のFPGAである「Stratix 10」と比較して、最大40%性能が向上し、最大40%消費電力を削減できるとする。

 次世代メモリDDR5と、HBM(High Bandwidth Memory)を搭載し、Intelの大容量不揮発メモリ「Intel Optane DC persistent memory(以下、Optane DC)」をサポートする。Optane DCでは、2019年3月に発表したばかりの高速インターコネクト規格「CXL」によってキャッシュコヒーレンシを実現すると、Dorsey氏は説明する。「CXL対応のOptane DCと、PCIe(PCI Express) Gen5によって、データを効率的に保存かつ移動できる」(同氏)。搭載されているトランシーバーのデータレートは112Gbpsで、既存品に比べて約2倍だという。

高性能コンピューティングを実現する「Agilex」 出典:Intel(クリックで拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.