メディア
ニュース
» 2019年05月14日 19時35分 公開

前年同期比19%減収:ルネサス1〜3月、実需減に在庫調整加わり大幅減収 (1/2)

ルネサス エレクトロニクスは2019年5月14日、2019年12月期(2019年度)第1四半期(1〜3月)業績および、2019年度第2四半期(4〜6月)業績見通しを発表した(業績はいずれもNon-GAAPベース)。2019年度第1四半期は、実需の減少に加え、流通在庫調整の影響により、売上高は前年同期比19%減の1503億円と大きく落ち込んだ。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2019年5月14日、2019年12月期(2019年度)第1四半期(1〜3月)業績および、2019年度第2四半期(4〜6月)業績見通しを発表した(業績はいずれもNon-GAAPベース)。2019年度第1四半期は、実需の減少に加え、流通在庫調整の影響により、売上高は前年同期比19%減の1503億円と大きく落ち込んだ。

ルネサスの2019年12月期第1四半期決算概要 (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 2019年度第1四半期の営業利益も、実需の減少、在庫調整に伴う、売り上げ減、工場稼働率の低下などから、前年同期よりも229億円減少し、72億円だった。その結果、営業利益率は4.8%に悪化。売上総利益率についても39.0%で40%を割り込んだ。

 第1四半期の減収について、同社執行役員常務兼最高財務責任者(CFO)の柴田英利氏は、「前年同期に比べた減収のうち、約6割が実需の減少に伴うもので、残りは、販売チャネルの在庫調整を行った影響によるもの」と説明した。

 第1四半期における用途別半導体製品売上高は、自動車向け製品が834億円(前年同期比9.7%減)、産業向け製品が318億円(同37.5%減)、ブロードベース製品が301億円(同21.0%減)といずれも減収になった。「特に産業向けは、流通在庫調整の影響が大きかった。逆に自動車向けは在庫調整影響が小さく、減収幅は小さかった」(柴田氏)とする。

半導体製品別売上高推移 (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

在庫調整影響は第3四半期には解消

 業績に影響を及ぼしている在庫の調整状況について、柴田氏は「自社在庫は、2018年末までにおおむね終えている。流通在庫については現在、ファクトリーオートメーション分野向けを除いて、在庫調整をほぼ終えており、一部の用途向け製品では、在庫を積み増しする必要が生じている。第2四半期業績には在庫調整影響が残るが、第3四半期は解消するだろう」と述べた。

在庫状況についての説明資料 (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.