メディア
ニュース
» 2019年05月14日 19時35分 公開

前年同期比19%減収:ルネサス1〜3月、実需減に在庫調整加わり大幅減収 (2/2)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

生産停止は実施

 同社は、実需減や在庫の積み上がりを受けて、5月のゴールデンウィークおよび、8月の夏季休暇期間に合わせた工場の生産停止期間の延長を検討してきた。検討を開始した2019年3月当初には、半導体需要が急速に減少することも想定し、最大2カ月の生産停止を想定した検討も実施していたが、足元の需要動向などから「5月の生産停止規模は当初想定した最大期間の3〜4割程度の生産停止にとどめた」とし、パワーディスクリートを生産する6インチウエハーライン、8インチウエハーラインで10日程度の生産停止を実施した模様で、マイコンなどを生産する一部製造ラインは生産を継続したという。

前工程稼働率の推移 (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 8月の夏季休暇時期での生産中止期間延長についても「検討を進めている」(柴田氏)としながらも、5月の生産中止期間よりも短くなるとの見通しも示した。

第2四半期は減収幅縮小へ

 2019年度第2四半期の売上高は、1850億円(前年同期比9.0%減)から1930億円(同5.1%減)の範囲を予想。在庫調整影響が減少するとともに、2019年3月末に買収が完了したIDTの業績貢献もあり、第1四半期よりも減収幅を大きく改善するとしている。

2019年度第2四半期業績予想 (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.