メディア
ニュース
» 2019年08月15日 13時00分 公開

最先端技術の移行を加速:MicronがシンガポールのNANDフラッシュ工場を拡張

Micron Technology(Micron)は2019年8月14日(シンガポール時間)、シンガポールに所有するNAND型フラッシュメモリ生産工場の拡張を完了し、その完成を祝うオープニングセレモニーを開催した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 Micron Technology(Micron)は2019年8月14日(シンガポール時間)、シンガポールに所有するNAND型フラッシュメモリ生産工場の拡張を完了し、その完成を祝うオープニングセレモニーを開催した。

Micron Technologyシンガポール工場の全景。今回拡張した新棟は写真左上の部分 画像:Micron Technology(クリックで拡大)

 シンガポール工場は、Micronが「NANDセンター・オブ・エクセレンス」と呼ぶ拠点で、最先端の3D NANDフラッシュを製造している。DRAMとNANDフラッシュの両方を手掛けることを強みとしているMicronにとっては、「DRAMセンター・オブ・エクセレンス」である広島工場(広島県東広島市)と双璧をなす存在となっている。

 シンガポール工場には「Fab 10N」「Fab 10X」の2つの製造棟があり、今回拡張した新棟は「Fab 10A」となる。Fab 10Aは“生産能力の拡張”という位置付けではなく、最先端の3D NANDフラッシュ技術を移行して製造するための工場となる。まずは64層の3D NANDフラッシュの製造からスタートし、今後数年間で96層、そして128層へと移行していく予定だ。なお、拡張の規模(Fab 10Aのクリーンルームの面積)については「非公開」(Micron)だという。

オープニングセレモニーの様子。写真右端がMicronのプレジデント兼CEOを務めるSanjay Mehrotra氏(クリックで拡大)

 Micronのプレジデント兼CEOを務めるSanjay Mehrotra氏は、オープニングセレモニーで「AI(人工知能)、5G(第5世代移動通信)、IoT(モノのインターネット)など膨大な量のデータが生成される時代では、データをいかに“意味のあるもの”に変換するかが鍵になる。そのためには、データを素早く転送したり解析したりすることが欠かせない。それを実現するのがMicronのメモリだ」と語った。

 オープニングセレモニーには、Micronの従業員に加え、顧客、サプライヤー、代理店、シンガポールの行政関係者など総勢500人が参加した。主賓として招かれたシンガポールの副首相兼財務大臣のHeng Swee Keat氏は、「現在、シンガポールは半導体世界市場の11%(ウエハー処理量ベース)を占めており、60社以上の半導体企業の拠点となっている。半導体産業はシンガポールのGDPの7%以上を占めている」と述べ、シンガポールにとって半導体産業が欠かせないことを強調。これまでシンガポールにおいて150億米ドル以上の投資をしてきたMicronが、シンガポールの半導体産業で重要な位置付けにあると語った。

Sanjay Mehrotra氏(左)と、主賓としてオープニングセレモニーに参加したHeng Swee Keat氏 画像:Micron Technology(クリックで拡大)

 なお、詳細については後日、掲載する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.