メディア
ニュース
» 2019年09月26日 09時30分 公開

名古屋オートモーティブワールド2019:車載グレードの最新電子部品がずらり、マウザー展示 (3/3)

[永山準,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

車載分野へ本格展開進めるVicorも参加

 Vicor(バイコー)は、48V、12V間の双方向非絶縁型バスコンバーター「NBM」や、最大1Vで600A、ピーク時最大1000Aの給電が可能なPower-on-Package(PoP)などを車載向けとして紹介していた。

Vicorは、2018年10月から新たに車載向けの事業を立ち上げるなど、本格的な市場参入を進めている。これは、12V間の双方向非絶縁型バスコンバーター「NBM」

 NBMは、12Vから48Vまたは48Vから12Vの双方向変換ができる非絶縁型バスコンバーター。最大800Wを供給可能で、ピーク効率は約98%。「48Vを使用するマイルドハイブリッド車など向けに、従来の12Vサブシステムを48Vで効率的に配電することができる」(説明担当者)。PoPは、モジュール型カレントマルチプライヤー「MCM」2個とモジュール型カレントマルチドライバー「MCD」で構成。NVIDIAのGPUカードにも採用されているなど、もともとはデータセンター向けに提供してきたが、説明担当者は、「小型かつ大電流供給が可能なので、自動運転の制御や車内制御向けに提案できる」としている。

こちらは、「Power Tablet AC-DC電源ユニット RFM」。3相AC入力、48VDC出力のAC-DC電源ユニット。10kWの大電力を供給できるにもかかわらず、外形寸法は24×15×1.5cmと小型かつ薄型で、「オンボードチャージャーやEVの急速充電器などに提案できると考えている」(説明担当者)という。(クリックで拡大)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.