メディア
ニュース
» 2019年11月01日 09時30分 公開

最大36V入力、600mA出力:車体制御用レギュレーターの一掃を狙う超小型DC-DC (1/2)

トレックス・セミコンダクターは2019年11月1日、車載ICの品質規格である「AEC-Q100」に準拠した最大入力電圧36Vの同期整流降圧DC-DCコンバーターとして「世界最小」(同社)をうたう「XD9267/XD9268シリーズ」を発表した。主に車体制御システムなど従来電源ICとしてレギュレーターを使用していた用途に向けて提案を行う。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 トレックス・セミコンダクターは2019年11月1日、車載ICの品質規格である「AEC-Q100」に準拠した最大入力電圧36Vの同期整流降圧DC-DCコンバーターとして「世界最小」(同社)をうたう「XD9267/XD9268シリーズ」を発表した。主に車体制御システムなど従来電源ICとして出力100〜200mAクラスのレギュレーターを使用していた用途に向けて提案を行う。

DC-DCコンバーターながら電源回路サイズをレギュレーターの半分に

 XD9267/XD9268シリーズの最大の特長は電源回路面積を小さくできる点だ。USP-6Cパッケージ品は1.8×2.0×0.6mmという小型サイズを実現。さらに発振周波数2.2MHzという高速スイッチングにより、外付け部品の小型化に対応する。その結果、コンデンサー、コイル、抵抗器を含めた電源回路サイズを34.32mm2で実現できるという。「一般的に、DC-DCコンバーターは、主に入出力コンデンサーの2つの外付け部品で済むレギュレーターに比べ、外付け部品が多く、電源回路サイズが大きくなると思われている。そうした中で、XD9267/XD9268シリーズは、IC自体のサイズを小さくするとともに、高速スイッチングにより、レギュレーターを使った場合よりも電源回路サイズを2分の1に縮小できる」(同社)とする。

XD9268シリーズと一般的なレギュレーターとの比較。電源回路サイズを約半分にできる。また、PFM(パルス周波数変調)とPWM(パルス幅変調)の動作モード自動切り替え機能により軽負荷時の変換効率も1mA出力時82%(12V入力、出力5V)と高く、発熱も小さい (クリックで拡大) 出典:トレックス・セミコンダクター

 その上で「従来、車体制御用途などでは、負荷が求める電圧はほぼ5Vで統一されていたが、昨今では無線デバイスやセンサーなどに向け3.3V電圧を供給する必要性が高まっている。そのため、入出力電位差が大きくなり、レギュレーターでは、効率、熱の課題が無視できなくなり、(高効率な)DC-DCコンバーターへのニーズは強くなっている。DC-DCコンバーターの課題であったサイズ面でも、レギュレーターよりも小さくできるXD9267/XD9268シリーズでレギュレーターからの置き換えを加速させたい」とする。

PFM/PWM自動切り替えで軽負荷時も高効率

 XD9267/XD9268シリーズは、最大出力電流600mAで「出力電流100mAから200mAのレギュレーターからの置き換えに最適」(同社)とする。入力電圧範囲は3.0〜36.0V。絶対最大定格は40Vで、46Vのサージ電圧(400ミリ秒以下)に対応する。出力電圧範囲は1.0〜25.0V。XD9268シリーズは、軽負荷時の効率に優れるパルス周波数変調(PFM)動作モードと、パルス幅変調(PWM)動作モードの自動切り替え機能を備え、DC-DCコンバーターが比較的苦手とされる軽負荷時の変換も高効率で行えるという特長を持つ。なお、XD9267シリーズは、PWM動作モード固定品になっている。

「XD9267/XD9268シリーズ」の概要(クリックで拡大) 出典:トレックス・セミコンダクター
USP-6C品が搭載するパワーグッド機能のイメージ(クリックで拡大) 出典:トレックス・セミコンダクター

 いずれのシリーズもUSP-6C品は、出力電圧が一定電圧に達したらマイコンなどに通知を行うパワーグッド機能を搭載し、出力電圧監視用のボルテージディテクター(VD)を外付けする必要もない。

 さらに、立ち上がり時間を調整できるソフトスタート機能も備えており、「パワーグッド機能とソフトスタート機能を組み合わせて、シーケンス制御が行える」(同社)という特長もある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.