メディア
CEATEC 2019 特集
ニュース
» 2019年11月01日 15時30分 公開

日本端子が開発:接続箇所が“色”で分かる、カラフルなコネクター

日本端子は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)で、複数のヘッダを集約する際、接続する箇所を色で分かるようにした小型のマルチコネクター「Color Block Connector」などを展示した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 日本端子は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)で、複数のヘッダを集約する際、接続する箇所を色で分かるようにした小型のマルチコネクター「Color Block Connector」などを展示した。

色分けすることで差し込む箇所を分かりやすくした「Color Block Connector」。同じ色の所に差し込めばよい(クリックで拡大)

 日本端子は、コネクターの集約化と小型化に取り組んできた。従来は基板上にコネクターが多数並ぶのが一般的だったが、それではどうしても基板が大きくなる。そこで、コネクターを集約する方法が開発されたが、基板占有面積は減っても、集約するために中継コネクターが必要となりコストが上がってしまう。そこで、小型化とコスト削減を狙って開発されたのがColor Block Connectorだ。中継コネクターが不要なので、機器からダイレクトに基板に接続できる。その際、コネクターに色を付けることで、どこに何を接続すればいいのかを、ひとめで分かるようにした。

写真左から、基板上にコネクターが多数並ぶ従来の方法、コネクターは集約できたが中継コネクターが必要となる方法、右端がColor Block Connectorとなっている(クリックで拡大)

 「コネクターをヘッダに差し込むのは人が手作業でやっている。人がやることなので、間違えることもある。それをできるだけ防ぐために色を付けた。その他、ジグソーパズルのように、接続を間違えると最後まで挿入できない構造を作り、誤嵌合を防止している」(日本端子)

Color Block Connectorの模型(左)と、その模型を上から見た写真(右)。それぞれに小さな突起がついているが、それが誤嵌合を防止する役目を果たしている。ジグソーパズルのように、“間違った組み合わせ”だと最後まで入らない(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.