メディア
ニュース
» 2019年12月10日 09時30分 公開

マシンビジョンなどを強化:CMOSイメージセンサーで新たなビジネス機会、ams (2/2)

[永山準,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

更なる小型化や、民生向けの展開も

 最後は、マイクロカメラモジュール「NanEyeセンサー」だ。従来品の「NanEye2D」に加え、さらに小型化した「NanEyeXS」、医療向けの新製品「NanEyeM」、民生機器向けとして追加した「NanEyeC」が紹介された。

NanEyeセンサー製品群とNanEyeXSの概要(クリックで拡大)出典:ams

 NAnEyeXSは、主に使い捨てのカテーテル等での利用を想定したもので、0.73mm×0.73mmと従来品NanEye2Dよりさらに小型化しつつ、200×200ピクセルの高画素を実現している。

 NanEyeMおよびNanEyeCはともにNanEye2Dとほぼ同サイズでありながら、320×320ピクセルと高画素化している。また、「マルチエレメントレンズ」の搭載によって、画面の周辺部のゆがみを抑えるなど画質を向上しているという。

NanEyeM、NanEyeCの概要と、マルチエレメントレンズの性能について(クリックで拡大)出典:ams
NanEyeMのモジュール(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.