メディア
ニュース
» 2020年08月20日 13時30分 公開

電池駆動機器の電力消費低減へ:東芝、低トリガーLED電流のフォトリレーを発売

東芝デバイス&ストレージは、トリガーLED電流を抑えたフォトリレー2製品の出荷を始めた。パッケージは4端子SO6で供給する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

フォトダイオードアレイの感度を向上

 東芝デバイス&ストレージは2020年8月、トリガーLED電流を抑えたフォトリレー2製品の出荷を始めた。パッケージは4端子SO6で供給する。

 新製品は、阻止電圧が60Vの「TLP170AM」と同350Vの「TLP170GM」である。フォトダイオードアレイの感度を高めることで、トリガーLED電流を最大1mAとした。これにより、入力側の電力損失を低減できるという。

 電池で駆動するセキュリティ機器や各種センサーなどで、オン/オフ制御の出力に用いると、機器の電力消費を抑え、より長期間の動作を可能にする。絶縁耐圧は最小3750Vrmsである。動作温度範囲は−40〜85℃。

 この他、TLP170AMはオン電流が700mA(パルスは2.1A)、オン抵抗は最大0.3Ω、ターンオン時間は最大6ミリ秒。一方、TLP170GMはオン電流が110mA(パルスは0.33A)、オン抵抗は最大50Ω。ターンオン時間は最大2ミリ秒である。ターンオフ時間はともに最大1ミリ秒となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.