メディア
ニュース
» 2020年09月15日 09時30分 公開

窓の透明度をスイッチで切り替え:EC調光ガラス、つくば市の施設で実証実験を開始

物質・材料研究機構(NIMS)は、消費電力が小さく発色性に優れたエレクトロクロミック(EC)調光ガラスの実証実験を始めた。茨城県つくば市の支援を受けて、「つくばスタートアップパーク」の窓に調光ガラスを設置し、耐久性や操作性を検証する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

10×10cmの調光ガラスを1000枚以上設置

 物質・材料研究機構(NIMS)は2020年9月、消費電力が小さく発色性に優れたエレクトロクロミック(EC)調光ガラスの実証実験を始めた。茨城県つくば市の支援を受けて、「つくばスタートアップパーク」の窓に調光ガラスを設置し、耐久性や操作性を検証する。

 EC調光ガラスは、遮光と透明な状態をスイッチで自由に切り替えることができる。このため、ブラインドやカーテンを必要としない次世代の窓用途で注目されている。既に航空機の窓や自動車の防眩ミラーなどで実用化されているが、オフィス用途などへの需要拡大を図るには、発色性などが課題となっていた。

 NIMSは、新しいEC材料として「メタロ超分子ポリマー」を開発。安定供給を可能にする合成プロセス技術も、既に東京化成工業(TCI)と共同で確立した。メタロ超分子ポリマーは、既存の材料に比べて電力消費が小さく、発色性にも優れているという。含まれる金属の種類を変えることで青や緑、紫、黒など、さまざまな色を表示させることが可能である。

メタロ超分子ポリマーで作製した紫色と青色のECデバイス 出典:NIMS
作製したECデバイスが色変化する様子 出典:NIMS

 NIMSは今回、青色と紫色のEC調光ガラスを1000枚以上用意した。外形寸法は10×10cmである。これを木枠に入れて、つくばスタートアップパークにある窓の内側に設置した。実証実験期間は2020年9月から2021年3月までの予定。施設利用者にも操作してもらい、耐久性や切り替え時の操作性などを実際の現場で検証する。これらの結果を参考にして、操作性の改良などを行っていく。

つくばスタートアップパークにおける調光ガラスの設置場所と取り付けた窓 出典:NIMS

 実験のために取り付けたEC調光ガラスは、既設窓の内側に後付けで設置している。このため、実験後にEC調光ガラスを取り外し、原状復帰するための作業も容易だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.