メディア
ニュース
» 2020年10月20日 12時28分 公開

「3D XPoint」事業は維持:Intel、SK hynixにNANDメモリ事業を90億ドルで売却へ

 IntelとSK hynixは2020年10月20日、IntelのNAND型フラッシュメモリ事業をSK hynixに90億米ドルで売却することに合意したと発表した。

[永山準,EE Times Japan]

 IntelとSK hynixは2020年10月20日、IntelのNAND型フラッシュメモリ事業をSK hynixに約90億米ドルで売却することに合意した、と発表した。2025年までに取引を完了する予定。IntelのCEO(最高経営責任者)、Bob Swan氏は、「SK hynixとのコンビネーションは、顧客、パートナー、従業員の利益のためメモリエコシステムを成長させると信じている。Intelにとっては、差別化された技術への投資をさらに優先させることができ、顧客の成功に大きな役割を果すことができる」と語っている。

 具体的には、2021年後半を予定している政府の認可取得後、SK hynixはまず70億米ドルで、IntelからNAND SSDに関連するIP(知的財産)と従業員を含むNAND SSD事業と、中国の大連にあるNANDメモリの製造工場を取得。その後、2025年3月に予定されている最終契約に基づき、NANDメモリのウエハー製造および設計に関連するIP、R&Dの従業員、そして大連工場の従業員を含む残りの資産を20億米ドルで取得する予定だという。なお、IntelがMicron Technologyと共同開発したメモリ技術「3D XPoint」を使った「Optane」事業は今回の取引に含まれておらず、Intelは事業を継続するという。

 SK hynixは、2018年に「世界初」のチャージトラップフラッシュ(CTF)ベースの96層「4D NANDフラッシュ」を、2019年には128層4D NANDフラッシュを開発しており、「Intelのソリューション技術と製造能力を組み合わせて、エンタープライズSSDを含むより付加価値の高い3D NANDソリューションポートフォリオを確立する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.