メディア
ニュース
» 2021年04月16日 11時46分 公開

TSMC工場で停電、半導体不足がさらに深刻化かルネサスやソニーにも影響

TrendForceは2021年4月15日、Southern Taiwan Science ParkにあるTSMCの工場「Fab14 P7」で停電が発生したと報じた。それによると停電が発生したのは4月14日で、TSMCは現在、仕掛かり品を含め、被害状況を確認中だという。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 TrendForceは2021年4月15日、Southern Taiwan Science ParkにあるTSMCの工場「Fab14 P7」で停電が発生したと報じた(参考)。それによると停電が発生したのは4月14日で、TSMCは現在、仕掛かり品を含め、被害状況を確認中だという。同日午後7時半には、電力は完全に復旧している。TrendForceは今回の停電により、売上高に1000万〜2500万米ドル規模の影響が発生すると見積もっている。

 TrendForceによれば、停電発生直後にDUPS(ディーゼル無停電電源装置)が作動したが、それでも、短時間の停電および電圧低下が起こり、複数の製造装置で誤作動が起こったという。TrendForceは、製造装置をキャリブレーションし直して、通常の稼働に戻すには2〜7日間かかるとみている。

 TrendForceの最新の調査によると、停電が発生したFab 14 P7は、TSMCの12インチウエハー生産ライン全体の4%、世界全体の12インチウエハー生産ライン全体では2%を占める。Fab14 P7には、45/40nmおよび16/20nmプロセスの製造ラインが構築されていて、今回の停電によりスマートフォンや自動車向けのチップ製造へが影響を受けるとする。TSMCに車載用チップやCMOSイメージセンサー(CIS)の製造を委託するルネサス エレクトロニクス、NXP Semiconductors、ソニーなどにも影響が及ぶ可能性があるとTrendForceは報じている。

 台湾の経済日報によると、停電の原因は、台湾のネットワーク機器メーカーであるWNC(Wistron NeWb Corp.)の新工場設立に伴う工事で、161kVの地下ケーブルが誤って切断されてしまったためだという。TSMCの他にも、Southern Taiwan Science Park付近の10社以上で停電や電圧低下が発生した。

 なお、日本では2021年2月に、福島県沖地震の影響によりルネサスの那珂工場で約3時間にわたり停電が発生した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.