• 関連の記事

「アクティブマトリックス有機EL」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アクティブマトリックス有機EL」に関する情報が集まったページです。

Xiaomi、1億800万画素カメラ搭載「Mi Note 10」(ほぼ「Mi CC9 Pro」)をスペインで発売
Xiaomiが、1億800万画素カメラを含む5つのカメラを背面に搭載する「Mi Note 10」をスペインで発売する。前日中国で発表した「Mi CC9 Pro」とほぼ同じスペックだ。スペインでの販売価格は549ユーロ(約6万6000円)から。(2019/11/7)

Xiaomi、1億800万画素カメラ搭載「Mi CC9 Pro」を約4万4000円で発売
Xiaomiが、1億800万画素カメラ搭載のミッドレンジスマートフォン「Mi CC9 Pro」を発表した。中国での販売価格は2799元(約4万4000円)から。アウトカメラはメインを含めて5個備える。(2019/11/6)

Galaxy Fold専用のプレミアムデスク開設、24時間体制でサポート
Galaxyは、10月21日にスマートフォン「Galaxy Fold」専用のプレミアムデスク開設。専任オペレーターが年中無休、24時間体制で製品の使い方などを迅速に対応する。(2019/10/21)

ドコモからも「Galaxy Note10+」が登場 Sペンを生かす独自アプリをプリインストール
auに続き、NTTドコモからも「Galaxy Note10+」が登場する。ドコモ独自のプリインストールアプリ「てがき手帳」も引き続きプリインストール。Sペンのジェスチャー操作に対応するなどパワーアップしている。(2019/10/11)

折りたためるスマホってどう? 写真で見る「Galaxy Fold SCV44」
日本ではauが独占して扱うこととなった「Galaxy Fold」。その実態はどのようなものか。筆者なりに気になる点をチェックしてみた。(2019/10/10)

京セラ製:
シリーズ初の有機ELディスプレイ搭載 トレンドをつかんだ初心者向けスマホ「BASIO4」登場
auの初心者・シニア向けスマートフォンの第4弾が、2020年春に登場する。アスペクト比18.5:9で、シリーズでは初となる有機ELディスプレイを採用して“今風”に仕上げつつ、シリーズが培ってきた簡単操作機能は引き続き搭載している。(2019/10/10)

Sペンとメモ機能が強化された「Galaxy Note10+」がauから登場 税込み11万円台
サムスン電子の「Galaxy Note」の最新モデルがauから登場する。Sペンがジェスチャー操作に対応した他、アウトカメラでの動画撮影時にポートレートモードを適用できるようになった。(2019/10/10)

矢野経済研究所が予測:
車載用ディスプレイ出荷量、2023年に2億枚台へ
車載用ディスプレイの世界市場(出荷数量)は、2023年に2億198万枚に達する――。矢野経済研究所が市場調査し、予測をまとめた。(2019/10/11)

販路は限定:
折りたためるスマホ「Galaxy Fold」日本上陸 au独占で価格は約24万円(税込み)
サムスン電子の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」が日本で販売されることになった。取り扱いはau限定で、税込み販売価格は24万円程度を見込んでいる。(2019/10/10)

どれもSIMフリー:
「Galaxy」「Xperia」や「arrows」も――楽天モバイルがMNOサービス対応端末を順次発売【写真追加】
10月1日から開始するMNOサービスに合わせて、楽天モバイルが10月から順次新端末を発売する。いずれもSIMロックフリーで、既存のMVNOサービスでも利用できる。(2019/9/6)

GIGABYTE、第9世代Core i7搭載のハイスペック17.3型ノートなど6製品
台湾GIGABYTE Technologyは、ハイスペック17.3型ノートPC「AERO 17 XA-7JP1130SO」など計6製品の発表を行った。(2019/8/26)

Samsung、Tizenスマートウォッチ「Galaxy Watch Active 2」を9月に米国で発売
Samsungが、Tizen搭載スマートウォッチ「Galaxy Watch Active 2」を発表した。価格は279.99ドル(約2万9700円)からで、米国で9月に発売する。LTE版もある。(2019/8/6)

GIGABYTE、有機ELパネル採用ノート「AERO 15 OLED」にCore i9モデルなど4バリエーションを追加
GIGABYTE Technologyは、4K表示対応の有機ELパネルを搭載した15.6型ノートPC「AERO 15 OLED」シリーズのラインアップを拡充した。(2019/7/18)

Xiaomi、iPhoneの「Memoji」そっくり「Mimoji」搭載新ミッドレンジ端末「Mi CC9」発表
Xiaomiが、セルフィー機能に重点を置いた新ミッドレンジ端末「Mi CC9」を発表した。AppleのiPhoneに搭載されているアニ文字「Memoji」にそっくりな「Mimoji」を使える。中国で、1799元(約2万8000円)からで発売する。(2019/7/3)

GIGABYTE、高機能スリムノート「AERO 15」に有機EL採用4Kパネル搭載モデルを追加
台湾GIGABYTE Technologyは、同社製15.6型ノートPC「AERO 15」シリーズにAMOLED(アクティブマトリックス式有機 EL)パネル採用の4K表示対応モデルを追加した。(2019/6/28)

“赤い”ノートPCも:
マウスが4K有機ELやKaby Lake-G、AMD APU搭載の新ノートPCを開発表明
マウスコンピューターが6月19日、飯山事業所のリニューアルに伴って発表会を開催、今後投入予定の“同社初”となるノートPCについて言及した。(2019/6/20)

Androidスマホおすすめ“3選” 9万円超のハイエンド機種(2019年版)
機能面でも最先端を行くハイエンドなAndroidスマートフォン。価格が高いゆえに購入に当たっては考慮すべき点もたくさんあります。この記事では、特に押さえたい4つのポイントと、それを踏まえたおすすめの機種をご紹介します。(2019/4/28)

Snapdragon 855搭載:
Xiaomi系ゲーミングスマホ「Black Shark 2」日本上陸 バンド最適化+技適取得で10万円弱
TAKUMI JAPANが、Xiaomi(シャオミ)が出資するゲーミングスマートフォンメーカー「Black Shark」の最新モデルを発売する。モバイル通信の周波数帯を日本向けに最適化した上で、日本国内で使う上で必要な各種認証を取得。予約購入したユーザーには先着で専用ゲームパットとプロテクターケース(計1万5000円相当)をプレゼントする。【更新】(2019/4/16)

Samsung、アウトカメラがスライド・回転してインカメラにもなる「Galaxy A80」
Samsungが、アウトカメラをスライドして回転させるとインカメラにもなるミッドレンジスマートフォン「Galaxy A80」を発表した。カメラは4800万画素のメインカメラと広角、3Dの3台。欧州で5月29日に約8万円で発売する。(2019/4/11)

2020年版iPhone、OLEDでサイズ3種類確定か
2020年版iPhoneは5.42インチ、6.06インチ、6.67インチのOLED採用?(2019/4/3)

Xiaomi、ゲームスマホ「Black Shark 2」は感圧AMOLEDディスプレイ、Snapdragon 855、12GBメモリ
Xiaomiがハイエンドゲーミングスマホ「Black Shark 2」を中国で発売する。6.39型AMOLEDディスプレイの感圧センサーにゲームボタンをマッピングできる。価格は3200元(約5万3000円)からで、最も高いモデルはメモリが12GBだ。(2019/3/19)

5G、Wi-Fi 6への準拠も
Samsung「Galaxy S10」シリーズ登場、「S10」「S10+」「S10e」「S10 5G」の違いを徹底比較
Samsung「Galaxy S10」シリーズの新モデル、「S10」「S10+」「S10e」「S10 5G」のモデル別の特徴を解説する。(2019/3/9)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」発表 閉じると4.6型、開くと7.3型に 約22万円
Samsungが折りたたみスマホ「Galaxy Fold」を発表。閉じた状態では4.6型、開くと7.3型のディスプレイを利用できる。約22万円で4月26日に発売される(日本での発売は未定)。(2019/2/21)

「Galaxy S10/S10+/S10e」登場 3眼カメラや新指紋センサー搭載 実機を速攻チェック
Samsung Electronicsが、2月20日(現地時間)に米サンフランシスコでGalaxyシリーズの最新モデル「Galaxy S10」シリーズ3機種を発表した。今回は標準、大型、小型の3モデルを用意。3機種の特徴や違いを実機写真とともにレポートする。(2019/2/21)

低価格LCDでは独占状態:
パネル市場で実力を伸ばす中国、今後の狙いはOLED
IHSマークイットでシニアディレクターを務める早瀬宏氏は2019年1月23日に行ったディスプレイ市場動向の説明会で、市場動向や、今後の注目ポイントについて語った。(2019/1/29)

ふぉーんなハナシ:
CESで大人気! 折り曲げスマホ「FlexPai」への期待と不安
「CES 2019」で大きな注目を集めたRoyole(ロヨル)のフレキシブルスマホ「FlexPai(フレックスペイ)」。実際触ってみると、期待を感じる一方、一抹の不安も……。(2019/1/24)

PR:運動・健康をいつでもどこでもサポート! お手頃スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」の実力をチェック
Huaweiが新しいスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」を発表しました。ビジネスでもプライベートでも使えるデザインとバッテリー持ちの良さが特徴であるこの製品を、ウェアラブルデバイスに詳しい女性ライター「すずまり」さんに試してもらいました。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/11/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i枯渇で悩むショップ 「可能ならバルクを」
Core i9-9900Kの再入荷がじわじわと増えてきた一方で、主力どころの第8世代Core i5以下の枯渇状態は続いている。冬のボーナスシーズンから年末年始の商機に向けて、ショップからは苦悩の声が聞こえる。(2018/11/26)

PR:先進的な指紋認証ディスプレイ搭載 OPPOの新スマホ「R17 Neo」がお買い得の理由
2018年に日本市場へ参入したOPPOが、UQ mobile独占販売で新型スマートフォン「R17 Neo」を投入する。先進的な“ディスプレイ内蔵の指紋センサー”やデュアルカメラを搭載しながら、本体代金3万円台という価格を実現。その特徴をチェックしていこう。(2018/11/22)

ゲーミングスマホ「ROG Phone」日本上陸 12万円弱で11月23日発売
ASUSが「COMPUTEX TAIPEI 2018」で発表したゲーミングスマートフォンが日本に上陸する。オーバークロックしたプロセッサを始めとして、ゲームを楽しむ上で重要な機能をふんだんに詰め込み、純正オプション品も豊富に用意している。(2018/11/16)

Xiaomiの新フラグシップ「Mi Mix 3」は切り欠きなしでスライド式カメラ
Xiaomiが新フラグシップAndroid端末「Mi Mix 3」を11月1日に中国で発売する。マグネット式スライドデュアルカメラ搭載で切り欠きを避け、画面占有率93.4%のほぼベゼルレスを実現。価格は6GB/128GBモデルが3299元(約5万3000円)から。(2018/10/26)

au、限定色を含む3カラーの「Galaxy Note9」10月25日に発売
KDDIは、10月25日にau端末として過去最大となる容量4000mAhのバッテリーを搭載した「Galaxy Note9」を発売。Bluetooth通信機能を追加した「Sペン」も備え、au限定色のラベンダーパープルを含むオーシャンブルー、ミッドナイトブラックの3色で展開する。(2018/10/17)

Sペンが進化した「Galaxy Note9」がドコモからも登場 “ドコモダケ”なアプリも搭載
サムスン電子の「Galaxy Note9」がドコモからも登場。Sペンでの利用に最適なオリジナルの「てがき手帳」アプリをプリインストールする。(2018/10/17)

Samsung、背面カメラが4台の「Galaxy A9」を11月に発売へ
Samsungがミッドレンジ端末「Galaxy A9」を発表した。背面カメラが縦に4台並んでいる。前面カメラは2400万画素1台だ。(2018/10/12)

auから「Galaxy Note9」登場 予約購入でJBLのネックスピーカーがもらえる特典も
auから「Galaxy Note9」が登場する。3色展開で、事前予約した上で購入するとJBL製ネックスピーカーがもらえるキャンペーンも実施する。(2018/10/11)

建設・測量生産性向上展:
建機を遠隔操作?ゴム人工筋肉12本を装備したロボット「アクティブロボ SAM」
建設機械レンタル大手のアクティオは、建機に搭載する無線操縦ロボット「アクティブロボ SAM」のレンタルサービスを行っている。(2018/9/10)

視野角210度、視線追跡も ハイエンドVR HMD「StarVR One」発表
台湾AcerとスウェーデンStarbreezeの合弁企業・台湾StarVRが、視野角210度と業界最広視野角を実現し、アイトラッキング機能も備えたVRヘッドセット「StarVR One」発表した。(2018/8/15)

Samsung、新スマートウォッチ「Galaxy Watch」は2サイズで330ドルから
Samsungが新スマートウォッチ「Galaxy Watch」を発表した。「Gear」ブランドではなくなったがTizen OSベースであることに変わりはない。46mmと42mmの2サイズでLTEモデルも発売予定だ。(2018/8/10)

Apple、AMOLEDでサムスン依存脱却か
AppleのAMOLEDパネル調達先は、BOEなど新しい製造メーカーを検討中という噂が浮上。(2018/8/3)

Motorola、Modで5G対応できる「Moto Z3」、Verizonで480ドルで発売へ
Motorolaが、モジュラーアクセサリ「5G moto mod」で将来5Gネットワークに対応できる新スマートフォン「Moto Z3」を発表した。米国ではVerizonが独占販売する。(2018/8/3)

Vivo、切り欠きなしで画面占有率91%超、ポップアップカメラの「NEX」
中国Vivoが6.59型(アスペクト比19.3:9)のフラグシップ端末「Vivo NEX」を発表した。ベゼルレス(画面占有率91.24%)を実現するために、フロントカメラをポップアップ式にし、指紋認証センサーとスピーカーは画面内に設置した。(2018/6/14)

「Moto Z3 Play」発表 6型ディスプレイでバッテリーMod付き
Motorola MobilityがMoto Zシリーズのミドルクラス端末「Moto Z3 Play」を発表した。ディスプレイが6型になり、指紋センサーは側面に設置。米国などの地域ではバッテリーModが標準で付属する。(2018/6/7)

Continental:
ティア1サプライヤーのコンチネンタルが「自動運転にできること」
大きな話題となっている自動運転だが、自動車メーカーだけで実現するものではない。自動車メーカーに部品を提供するサプライヤーもまた、自動運転を視野に入れた取り組みを進めている。ドイツに本拠を構えるティア1サプライヤー、Continental(コンチネンタル)もその1つだ。(2018/5/25)

6.3型切り欠きOLEDディスプレイのハイエンド端末「OnePlus 6」、529ドルで発売へ
中国OnePlusがハイエンドのフラッグシップ端末「OnePlus 6」を米国などで発売する。約6.3型有機ELディスプレイは切り欠き付き。Snapdragon 845搭載で、価格は529ドルからだ。(2018/5/17)

ドコモに「Galaxy S9」「Galaxy S9+」見参 可変絞りカメラを搭載して5月18日発売【写真追加】
レンズのF値を1.5と2.4と切り替えられるアウトカメラを備える「Galaxy S9」「Galaxy S9+」が、NTTドコモから登場する。もれなく「dポイント」がもらえる発売記念キャンペーンも実施する。(2018/5/16)

auが「Galaxy S9」「Galaxy S9+」を5月18日発売 可変絞りカメラで昼夜問わずキレイな写真【写真追加】
「Galaxy S9」「Galaxy S9+」のau版が登場する。F1.5とF2.4を切り替えられるカメラを搭載し、昼夜問わずキレイな写真を撮影できることが特徴だ。発売記念として純正ワイヤレスチャージャーを全員にプレゼントするキャンペーンも実施する。【実機写真あり】(2018/5/14)

建設×VR/AR/MR:
高所作業車からの墜落をVR体験、レンタルサービス7月開始
アクティオは、建設現場での事故ゼロを目指したVRレンタルサービスを2018年7月からスタートさせる。VRは水平視野210度で5K映像のヘッドマウントを採用。今まで以上に没入感とリアル度が増し、被験者は実際に転落事故に遭遇したかのような体験ができる。(2018/4/20)

Mobile World Congress 2018:
「Galaxy S9」「Galaxy S9+」登場 F値可変のアウトカメラを搭載
Samsung Electronicsのフラグシップスマートフォンの最新モデルが登場する。アウトカメラは「絞り」機構を設けることでF値を変更可能に。また、虹彩認証と顔認証を同時に利用する「インテリジェントスキャン」に対応し、シリーズ初のステレオスピーカーを搭載も搭載した。(2018/2/26)

組み込み開発ニュース:
フレキシブル有機プリンテッドエレクトロニクスの市場規模は2030年に2.6倍へ
富士キメラ総研は、次世代エレクトロニクスとして注目されるフレキシブル、有機、プリンテッドエレクトロニクス関連の世界市場を調査した結果を発表した。2030年の市場規模は2017年比で2.6倍になると予測する。(2018/2/22)

市場予測:
先端材料市場、車載向けや5Gが需要を押し上げ
エレクトロニクス製品向け先端材料は、電動化や自動運転に向けた取り組みが本格化する車載システムや、5G(第5世代移動通信)、IoT(モノのインターネット)などによって、今後も市場拡大が続く見通しだ。(2018/2/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.