「企業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「企業」に関する情報が集まったページです。

企業はITリソース不足を「外注」でカバーせよ? ガートナーが新指針
ガートナー ジャパンは、デジタル時代のパートナー戦略に関する指針を発表。ユーザー企業は、リソースが限られていることを前提にしたIT施策を遂行していく必要があり、そのためには、社外のパートナーを広く捉え、その能力を有効活用する取り組みが欠かせないという。(2019/8/21)

共有チャネルが悪用される恐れ:
「ルーター」でゲスト/ホストネットワーク分離の危険性を発見、イスラエルの研究者
イスラエルの大学の研究チームが、ルーターでゲストネットワークとホストネットワークを運用している企業や家庭が、ハッキング攻撃やデータ流出の被害に遭いやすいことを発見した。多数のルーターで攻撃が成功するという。(2019/8/21)

AIが企業間の利害を自動調整するプラットフォーム、国際標準化へ NECらが開発
NECやOKIなどの民間企業と産総研が、AIを活用して企業間の利害調整を自動化するプラットフォームを、国際業界団体のIICに提案したと発表。産業分野で新技術や応用方法、製品などを検証する環境として承認された。(2019/8/21)

製造ITニュース:
複数企業間のサプライチェーンを最適化、AIと高速DB採用SCMのo9が日本参入
サプライチェーンマネジメントソリューションを展開する米国o9 Solutions(オーナインソリューションズ、以下o9)は、日本法人であるo9 ソリューションズ・ジャパンを設立し、日本での取り組みを本格化することを明らかにした。(2019/8/21)

【ビジネス解読】アプリで配車、乗り合いバス 次世代移動「MaaS」の“落とし穴”
 IT(情報技術)を活用し、地域の公共交通や移動サービスを使いやすくする次世代移動サービス「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」をめぐっては、国内の自動車メーカーやIT企業の参入が相次ぐなど、導入元年とされる。だが、人口減少・超高齢化社会の日本ならではの課題が普及の“落とし穴”となっている。(2019/8/21)

【ビジネス解読】アプリで配車、乗り合いバス 次世代移動「MaaS」の“落とし穴” 
ITを活用し、地域の公共交通や移動サービスを使いやすくする次世代移動サービス「MaaS」をめぐっては、国内の自動車メーカーやIT企業の参入が相次ぐなど、導入元年とされる。(2019/8/21)

製造マネジメントニュース:
経産省がデジタル変革の指標を公開、企業に自己診断促す
経済産業省は、デジタル経営改革のための評価指標「DX推進指標」を公開した。各企業がデジタル経営改革の推進に対する簡易的な自己診断を行うことを目的とする。(2019/8/21)

国内企業のIT予算は2019年度も増加傾向、DXの推進を左右するIT要員不足の課題も明らかに――IDC調査
IDC Japanは、国内企業・団体のCIOなどを対象に、IT投資動向を調査。IT予算は、前年度に続き2019年度も増加傾向にあり、「既存システムの改修/改善」や「新規開発」への支出割合が高かった。一方、「セキュリティ/リスク管理」と「IT要員の不足」はIT部門の2大課題であることが分かった。(2019/8/20)

視点:
デジタル技術が拓く未病・予防医療の未来――新規ビジネスモデル構築とマネタイズの切り口
製薬企業含む医療プロバイダは「医療の質の向上」と「医療コストの抑制」の二律背反をいかにして克服すべきだろうか。(2019/8/21)

ブロックチェーンはプロトコル
ブロックチェーンには企業利用に必要な機能が欠けている
CIOはまだブロックチェーンについて十分に理解しておらず、混乱が見られる。企業の情報基盤として利用するために必要な機能が欠落している。ブロックチェーンに対するGartnerの姿勢はいまだに慎重だ。(2019/8/21)

あおり運転事件の影響でドラレコ売れる? 関連企業の株価が上昇
ドラレコの出荷は拡大中。(2019/8/20)

米商務省のHuaweiに対する「輸出一時許可」が90日間延長 「エンティティリスト」入り関連企業は追加
米商務省の産業安全局(BIS)が中国Huaweiを「エンティティリスト」に加えて3カ月が経過した。現在、同省はエンティティリスト対象企業に対する「一時的一般許可証」を発布しているが、その効力が90日間延長されることになった。一方で、リスト対象のHuawei関連企業は追加されている。(2019/8/20)

【経済インサイド】会津若松に外資や大企業が続々 ITビジネスの地方創生モデルに
人口減少など課題が山積の福島県会津若松市で、ITやデータ分析関連の拠点づくりが進んでいる。(2019/8/20)

米中露覇権争いが生む「宇宙ごみ」を回収、川崎重工「お掃除衛星」のスゴ技
使い終わった人工衛星やロケットの破片などスペースデブリ(宇宙ごみ)が国際問題となっている。日本政府は今年6月、デブリの監視や除去の技術開発に取り組んでいくことを決めた。民間企業の間でも技術革新が進み、来年にはデブリを捕獲する装置や、デブリを減らすための技術の実証実験を行う衛星が次々と打ち上げられる予定だ。宇宙開発の覇権を争う米中露が出した宇宙ごみを、どこがかたづけるのか。日本の技術が確立されれば、新たな宇宙ビジネスのチャンスにつながる可能性もある。(2019/8/20)

米商務省、Huaweiへの輸出禁止猶予期間を90日間延長 関連企業46社をエンティティリストに追加
米商務省産業安全保障局が、中国Huaweiとその関連企業への米国企業からの輸出禁止を猶予する期間を90日更新した。同時に、Huaweiの46社の関連企業を新たに輸出禁止対象に加えた。(2019/8/20)

「働き方改革」は誰のためか 企業と従業員にあるギャップ
長時間労働の是正や多様で柔軟な働き方を選択できるようにする「働き方改革関連法」が4月に一部施行されてから、4カ月あまり。残業規制や「テレワーク」(在宅勤務など)の推進などの取り組みを進める企業が増える中、社員からは「休みが増えても仕事は減らない」と不満の声も聞かれる。(2019/8/20)

社員研修には好印象 留学生が見た日本企業
来春日本の大学・大学院を卒業、修了予定の外国人留学生に、就職活動状況や職業観を調査しました。日本企業にどのようなイメージを持っているのかを尋ねました。(2019/8/20)

プレミアムコンテンツ:
同じソフトウェアの「オープンソース版」「商用版」は何が違うのか?
1つのソフトウェアに無償の「オープンソース版」と有償の「商用版」がある場合、企業はどちらを選択すべきだろうか。無償版と有償版のコンテナ管理ツール「Kubernetes」と分散ストレージツール「Ceph」をそれぞれ比較する。(2019/8/20)

製造マネジメントニュース:
今後2年以内に94%の企業でIoT導入が進む、マイクロソフトが予測
マイクロソフトは同社が実施したIoT普及に関する調査結果を発表した。世界の大企業の80%以上がIoTソリューションの導入を進めており、今後2年以内に94%の企業がIoTソリューションを実現すると予測している。(2019/8/20)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(55):
WSUSによるWindows 10の機能更新プログラムの配布−バージョン1903版−
Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903、通称:19H1)をすぐにでもテストし、導入することで、企業におけるWindows 10の今後の展開はより柔軟になるかもしれません。「Windows Server Update Services(WSUS)」によるWindows 10 バージョン1903の展開をおさらいしてみましょう。(2019/8/20)

大山聡の業界スコープ(20):
アナログやパワーデバイスでも、ファブ活用の価値はある
2019年7月23日付掲載の記事「90nmプロセスの多用途展開を加速するMaxim」は、興味深い内容だった。Maximは大手アナログICメーカーとして著名なIDM(垂直統合型)企業だが、ファウンダリメーカー(以下、ファウンダリ)の活用に関しても積極的だと聞いており、筆者はこの記事を読み「なるほど」と合点がいった。そこで、今回はファウンダリの活用方法について、私見を述べたいと思う。(2019/8/20)

従業員に無理をさせないIT化
究極の効率を目指すファストネイルが10年間あのグループウェアを使い続けた理由
「攻めのIT化」によって全国50店舗のネイルサロンのオペレーションを効率化し、サービス品質を向上させる企業。その鍵は10年間使い続けているグループウェアにあった。(2019/8/20)

社外勤務者のスキルを向上 低予算で誰でも活用できる情報交換ツールとは
スキルやナレッジの属人化に悩む企業は少なくない。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めればよいのだろうか。成功企業の足跡をたどる。(2019/8/20)

常磐道あおり殴打事件でデマ拡散 「同乗の女」として無関係な女性を名指し
高速道路であおり運転をした後、相手の車の運転手を殴るなどした男が、傷害容疑で8月18日に逮捕された事件。容疑者と同乗していた女を「特定した」とうたい、無関係な女性の名前をあげる虚偽情報が17日までにネットで拡散。女性が経営する企業が、デマによる被害を訴えている。(2019/8/19)

Weekly Memo:
AWSの切り崩しは許さない――Windows Server 2008サポート終了に向けたマイクロソフトの思惑
企業システムのサーバOSとして広く使われている「Windows Server 2008」のサポート終了に伴い、日本マイクロソフトが新しい利用環境への移行状況について説明した。そこには競合勢力に顧客を奪われないように物事を進める同社の思惑が見て取れた。(2019/8/19)

スパコン「京」運用に幕 後継機「富岳」設置へ
理化学研究所のスーパーコンピューター「京(けい)」(神戸市)が16日、運用を停止し、大学などの研究者や企業による利用を終えた。コンピューターの動作に関する記録を取ったり、データをバックアップしたりした後、30日に電源を落とす。(2019/8/19)

VMwareがPivotal Softwareの買収を交渉中、Pivotalが正式に認める
Spring FrameworkやPaaS型クラウド基盤Cloud Foundryの開発を主導していることなどで知られるPivotal Software社。VMwareがこの企業に対して買収交渉をしていることを、Pivotal Softwareが正式に認めました。Pivotalの現在の株式は8ドル30セント程度であり、VMwareが提案している1株あたり15ドルは十分によい条件のようにみえます。(2019/8/19)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」:
中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた
「報酬は“つらさの代償”なのか」「性悪説はなぜコスパが悪いのか」「なぜ“どうせうちの会社は”という感情が生まれるのか」――。管理ゼロで会社をまわす、ソニックガーデン社長の倉貫義人氏を直撃!(2019/8/20)

予防保全:
PR:菓子メーカーがIoTで予防保全を実現するまで、竹内製菓の挑戦
IoTは先端技術という認識もあるが、その中で人手が中心の菓子メーカーでIoT活用により予防保全を行い、成果を挙げた企業がある。石川県加賀市の竹内製菓グループである。なぜIoT活用に踏み切ったのか。同社の取り組みを追う。(2019/8/19)

製造業IoT
製造現場のデータ活用、「価値」を生み出すまでの最短ルートを進むためには?
製造業でもデジタル変革の動きが加速している。しかし、データ活用のサイクルがうまく構築できず、実際に価値を創出できている企業は少ない。この課題を解決するために必要なものとは何か。(2019/8/19)

ICE傘下の仮想通貨企業Bakkt、ニューヨーク州当局が信託有限会社として認可
NYSE運営のICEが昨年立ち上げた仮想通貨企業Bakktを、米ニューヨーク州金融サービス局が信託有限会社として認可した。Bakktは9月23日にビットコイン先物契約を開始すると発表した。(2019/8/18)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(8):
借り入れ依存度9割弱 金融機関の支援で「延命」されていた長野県有数の中小企業がたどった末路
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/17)

機運しぼんだサマータイム、役割終えたのか 人件費削減などで効果も
 夏の就業時間を繰り上げるサマータイム(夏時間)。残業時間の削減などで成果をあげる企業がある一方、フレックスタイムや、自宅など社外で作業するテレワークなどより柔軟な勤務体系を取り入れる動きも進んでいる。政府の「働き方改革」を背景に、働き方をめぐる企業の制度が多様化し、サマータイムの評価も変化しつつある。(2019/8/16)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(7):
信用失墜が企業の「死」――親密取引先の破綻で連鎖倒産した“建機レンタル業界の異端児”
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/16)

人事部長に求められる能力とは?
組織・人事に関わる全ての施策は、日本人の特性や自社の独自性への洞察なしには機能しない。欧米の真似でもない、うまくいっている会社の真似でもない、日本企業において本当に機能する組織・人事の考え方や施策について思索・指南する。(2019/8/16)

ZEB:
構造部材全てが木材――大林組が高層純木造耐火建築物の建設に着手
大林組が柱/梁/床/壁などの構造部材の全てが木材という高層純木造耐火建築物の建設に着手した。大林組グループの研修施設として新たなイノベーションや企業文化を育んでていく。(2019/8/16)

プレミアムコンテンツ:
「RPAは必ず仕事を効率化できる」は間違い 最大限の効果を引き出すには
コスト削減の手段としてロボティックプロセスオートメーション(RPA)に注目する企業は少なくない。しかし導入の方法によっては、セキュリティリスクを生んだり、かえって業務改善から遠ざかったりする恐れがある。(2019/8/16)

「Slack」に管理者向け新機能 社内の通知を効率化
米Slack Tenologiesが企業向けコラボレーションツール「Slack」に新機能「アナウンスチャンネル」を追加す。多数のユーザーがいる大企業などで通知(アナウンス)を効率化する。(2019/8/15)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(6):
トラックレンタル業界の“異端児”が繰り広げた「違法すれすれの錬金術」――見せかけの急成長が招いた倒産事件
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
仕事中の「30分の昼寝」で、パフォーマンスはどれほど変わるのか
「昼寝」の重要性が見直されている。仕事のパフォーマンス向上や、勉強、長時間の運転にも効果的だとされる。睡眠時間がとにかく短い日本でも、企業などで昼寝を取り入れるケースが出てきた。導入を考えてみてはどうだろうか。(2019/8/15)

取締役がたった1人で挑んだRPAプロジェクト――大量の定型業務がなくても効果を出す秘策とは
大規模な定型作業がない企業ではRPAの効果を出しにくい――この見解を覆し、業務を効率化するだけでなく、自社ビジネスを広げるまでに至った企業がある。取締役がたった1人で挑んだプロジェクトの裏では何が起きていたのか。(2019/8/13)

過去にもたびたび発生
「Amazon S3」内のデータが設定ミスで公開状態に 漏えいしたデータは?
Amazon Web Services(AWS)のオブジェクトストレージ「Amazon S3」でデータ漏えいが発生した。その中には、Ford MotorやNetflixなどの企業に関するデータが含まれていた。何が起きたのか。(2019/8/15)

ハードとソフトの分化
「ビデオ会議」の業界地図が刷新、Dolbyも市場参入
ビデオ会議ベンダーは、ハードウェアとソフトウェアをまとめた「システム」としての製品提供から、構成要素を絞った「ツール」としての提供に移行しており、企業にとっては選択の幅が広がっている。(2019/8/15)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(10):
800台の仮想マシンを短期にリフトし、クラウドシフトへの挑戦を早めるツムラ、5年分の試算で削減できたコストは?
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。ツムラの事例では、製薬業界ならではの選定ポイントや大容量データの移行におけるポイントを中心にお届けする。(2019/8/19)

将来のクラウド活用やDXを見据えた選択を
「オールフラッシュはまだ高い」は本当か?
限られた予算でデータ管理を“モダナイズ”するための最適解とは何か。中堅・中小企業でも手が届く、最小構成で270万円からという新たなオールフラッシュ製品がその候補だ。(2019/8/14)

「移り変わるIT環境に追い付けない」
「誰にも相談できない孤独」を感じるIT担当者 どうすれば救える?
従業員100人未満の企業に対して実施した調査結果から「ITの運用管理に集中できない理由」が見えてきた。こうした状況を変えるために必要なサービス、サポートとは何だろうか。(2019/8/15)

ハイブリッドクラウド管理【後編】
ハイブリッドクラウド化を目指す企業が導入すべきツール群
ワークロードのクラウド移行に当たっては多くの課題が残っている。これらを解決して効率的に運用するには何が必要なのか。Gartnerの調査によると、ハイブリッドクラウドに乗り出した企業が求めたツールがある。(2019/8/15)

WeWorkが横浜市と連携、新ビジネス創出など支援へ 「人々の交流でイノベーション起こす」
WeWork Japanが、横浜市と協力・連携する覚書を締結。同社が自治体と提携するのは初。横浜市の活性化に向け、同市が進めるビジネス創出プロジェクトへの協力や、市内の中小企業の支援などを行っていく。(2019/8/14)

今日のリサーチ:
新卒クリエイターの採用実態――セプテーニ子会社調査
採用市場が変化する中、クリエイターを採用する企業が感じる課題とは。(2019/8/14)

キャッシュレス時代に向け、マーケティングはどう変わる?
ド派手なPayPayのキャンペーンや、なんともお粗末なセブンペイの中止騒動など、話題には事欠かないキャッシュレス周りだが、企業のマーケティング担当者は、来るべくキャッシュレス時代に向けて、どのような準備をすればいいのだろうか。(2019/8/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.