「最終回」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「最終回」に関する情報が集まったページです。

「凪のお暇」今夜最終回 本質は「慎二かゴンか」の三角関係決着じゃない 単純な恋愛ドラマで終わらないのがこのドラマの魅力だ
慎二(高橋一生)とは似た者同士だと気付いた凪(黒木華)、ゴン(中村倫也)が回収した合鍵のキーホルダーが全部同じだった理由は?(2019/9/20)

よるドラ「だから私は推しました」ハマったアイドルが解散するまでを追体験できた傑作ドラマ、ありがとうサニサイ! 今夜最終回再放送
あのふたりがまさかの同棲!? 細かいネタに驚く。(2019/9/20)

よるドラ「だから私は推しました」今夜最終回 ハナのいじめ疑惑真相と花梨の脱退理由にドン引き、ハッピーエンドってある?
サイコパスな部屋に監禁!? 嘘回想シーンにまた騙された。(2019/9/14)

最終回直後「あなたの番です」何もかにも大ハズレ推理反省会 だが衝撃のラスト「車椅子」の謎を大胆考察してみる
「予想を裏切ってくれるという予想」を裏切った展開!(2019/9/9)

最終回直前考察「あなたの番です」 二階堂と黒島の愛も翔太との友情も壊れないでほしい、菜奈ちゃんへの愛も信じたい 3条件を満たす解決ルートを推理
だが、黒島を愛した男たちはつぎつぎと死んでいる事実。(2019/9/8)

「衝撃がデカすぎて」「信じたくない」 ドラマ「あなたの番です」最終回直前で“どーやん”横浜流星の真犯人説浮上に阿鼻叫喚
いや、ちょっと、えっ。(2019/9/2)

19話直後考察「あなたの番です」黒幕は二階堂でも黒島でもない説 「ゾウさんですか、キリンさんですか」本当の愛が試される最終回を大胆推理
ラスト、二階堂の衝撃の行動! その真意を考察する。(2019/9/2)

世界を「数字」で回してみよう(61) 働き方改革(20) 最終回:
長時間労働=美徳の時代は終わる 〜「働き方改革」はパラダイムシフトとなり得るのか
20回にわたり続けてきた「働き方改革」シリーズも、今回で最終回を迎えました。連載中、私はずっと、「働き方改革」の方向性の妥当性は認めつつ、「この問題の解決はそれほど簡単なことではない」という反骨精神にも似た気持ちの下、それを証明すべく数字を回してきました。これは“政策に対する、たった1人の嫌がらせ”とも言えます。そして最終回でも、この精神を貫き、“たった1人の最後の嫌がらせ”をさせていただこうと思っています。(2019/8/29)

18話直後考察「あなたの番です」田宮と黒島のアリバイに疑惑? 菜奈ちゃんのパズルのピースに隠されたモノの正体を推理
最終回に向けて犯人当てダービー開催!(2019/8/26)

IoTのイノベーションは問題解決から(13):
問題解決のテクニックで誰もがイノベ―ター
今回は連載の最終回として、新たな時代の中でイノベーションを実現するのに最も重要な“問題解決力”について取り上げます。(2019/8/21)

SaaS型ERP導入に失敗しないための「5つのポイント」:
第7回(最終回)SaaS型ERP導入の取り組み、その未来はどこへ?
最終回の今回は、クラウドを活用したSaaS型ERPの将来と各社の取り組みに加え、それらを導入する際の成功のポイントをまとめました。(2019/8/21)

メモリレコーダーの基礎知識(3):
メモリレコーダーの用途例と校正
メカトロ機器、電力設備、機械、材料、バイオなど幅広い分野で波形観測に使われる「メモリレコーダー」の基礎知識を紹介する連載第3回。最終回となる今回は、メモリレコーダーの用途例や構成について説明します。(2019/8/20)

OSS脆弱性ウォッチ(15):
QEMU脆弱性を利用したVMエスケープ攻撃の検証のまとめ
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説する。今回は、「QEMU」の脆弱性を悪用したVMエスケープ攻撃に関する事例を紹介するシリーズの最終回。(2019/8/16)

広瀬すず、「なつぞら」なつ&夕見子の“W花嫁”ショット公開 合同結婚式にファン感動「まるで最終回」
じいちゃんとの会話泣けすぎた。(2019/8/11)

福田昭のストレージ通信(157) 半導体メモリの技術動向を総ざらい(16):
次世代メモリの長所と短所を一覧する
本シリーズの最終回となる今回は、次世代メモリの長所と短所をまとめる。既存のメモリ技術ではDRAM、NANDフラッシュが主流であり、少なくとも今後5年間はその地位が揺らぐことはないだろう。(2019/8/2)

池澤夏樹インタビュー【後編】:
池澤夏樹が明かす作家哲学 「“飽きる”ことも仕事のうち」
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの最終回――。(2019/7/31)

「土用の丑の日」に憂う【後編】:
「絶滅危機」のウナギ、真の復活への道とは
明日7月27日に、ウナギ業界最大のイベント「土用の丑の日」を迎える――。お祭り騒ぎの舞台裏を支えるのは、台湾から香港を経由した稚魚の密輸である「ウナギロンダリング」や、暴力団が関与した密漁であることは「公然の秘密」だ。長年にわたってウナギを初めとした資源管理政策を研究してきた気鋭の研究者が、業界の闇に切り込む3回シリーズの最終回。(2019/7/26)

RPGに学ぶセキュリティ〜第5章:
ラスボスを倒した後の主人公編――セキュリティエンジニアが目指すべき未来
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。最終回は、RPGにおける「感動のエンディング」を例に、セキュリティエンジニアの活躍によって世界に平和が訪れたという(あくまで仮想の)未来について記したい。(2019/7/25)

ひろゆきの仕事哲学【後編】:
ひろゆきが“日本の未来”を憂う理由――「他人は変えられない」
「平成ネット史」の最重要人物、ひろゆきへの独占インタビュー最終回――。ひろゆきはなぜ「日本の未来」を憂うのか?(2019/7/22)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
会議に反省なくして改善なし! 生産性を高める「唯一の方法」
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。最終回はその8となる「振り返り」のコツについて解説する。(2019/7/18)

見事な最終回「きのう何食べた?」 「腹八分目で長生きしような、俺たち」期待が高まる“シーズン2をゴールデンで”
原作からカットされた部分もあった(支持します)。(2019/7/1)

これから始める企業のためのコンテナ実践講座(終):
マネージドサービス? 自前構築? Kubernetesを本番環境で使うにはどうすればよいのか
大量のコンテナ管理や負荷分散を実現する「Kubernetes」について概要から本番活用の仕方まで解説する本連載。最終回は、Kubernetesはどのような環境で構築すればいいのかについて、具体的な方法やポイントを解説します。(2019/7/1)

今夜最終回「きのう何食べた?」 内野聖陽ケンジのマジ泣きに視聴者も泣いた11話 すでに「何食べ」ロスがつらい
「正月は、ケンジ連れて、俺の実家に帰ろうと思っているんで」。(2019/6/28)

山本美月、松坂桃李と幸せな“ウエディングショット” ドラマ「パーフェクトワールド」大団円の最終回に「鮎川くんが松坂さんで本当に良かった」
2人が幸せになって本当によかった。(2019/6/26)

今夜2時間SP「ラジエーションハウス」最終回でも残った「謎の伏線」をどうするのか? 最初から12話構成で見たかった
本田翼の頭痛の原因教えて!(2019/6/24)

“地上波ギリギリ”アニメ「なんでここに先生が!?」第12話先行カット公開 感動の最終回はバレンタイン回
4組目のカップル誕生となるのでしょうか。(2019/6/23)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
改革に成功するリーダーと失敗するリーダーはどこが違うのか “きれいごとですまない仕事”をやり遂げるために
フジテックCIOの友岡氏とクックパッド情シス部長、中野氏の対談最終回。今回は「改革に成功するリーダーと失敗するリーダーの違い」というテーマで話が進んだ。(2019/6/22)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省がアンケートをもとに「解除料1000円」を密室で議論――果たして、6月18日開催の「最終回」でどんな結論に落ち着くのか
総務省が携帯電話の定期契約の解約金を「上限1000円」とする案を取りまとめているという。非常に重要な会合にも関わらずあえて非公開で行った総務省は何を考えているのだろうか。(2019/6/21)

今夜最終回「ストロベリーナイト・サーガ」菊田(亀梨和也)がまさかの結婚 玲子(二階堂ふみ)への思いはこのままで終わってしまうのか?
菊田「俺は結局最後まで主任のことがわかりませんでした。あまりにも心のあり方が違う気がして」(2019/6/20)

今夜最終回「緊急取調室」梶山(田中哲司)の安否は? 染谷(吉田鋼太郎)の罠に“あえてかかった”説
「梶山、うしろ!」(2019/6/20)

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」最終回、6月25日放送へ 主演・吉高由里子は「娯楽は命あってのお話」
18日に発生した地震の影響で放送が中止されました。(2019/6/19)

今夜最終回「わたし、定時で帰ります。」真の“ラスボス”は晃太郎(向井理) 真の働き方改革なるか?
あんなに仕事ができるのに、できるからこそ、一番問題を抱えていた!(2019/6/18)

今夜最終回「ラジエーションハウス」未回収の伏線はどうなる? 唯織(窪田正孝)はついに医師をカミングアウトするか
「ずっと一緒に働けますように」の願いはかなうのか?(2019/6/17)

“第1章”最終回目前「あなたの番です」徹底推理 今週死ぬのは誰なのか? どこまでが早苗の犯行? 第2章の展開を予想する
「10話で田中圭が死ぬ」というのはどうだろうか。(2019/6/16)

“東京で生きる”男子の迷いと変化 「東京独身男子」最終回、あえて結婚しない男子たちが辿り着いた答えとは?
結婚してもしなくても、今の自分に納得することが幸せのはじまり。(2019/6/10)

ゲイと腐女子の恋の結末、「QUEEN」楽曲に込められた意味とは?  攻めたNHK「腐女子、うっかりゲイに告る。」最終回
ゲイの悩みを真っ正面から取り上げた佳作だった。(2019/6/10)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(63):
宮崎編:地方だから、は言い訳にならない――リモート、他県合同、テックランチ etc.etc. さまざまな形態で開催される宮崎のIT勉強会
宮崎の勉強会はバックレなしが自慢。これって県民性なのかな?――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」宮崎編最終回は、彼の地のエンジニアライフ事情です。(2019/6/10)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(38):
シェルスクリプトに挑戦しよう(18)連想配列
今回で「配列」は最終回となります。今回のテーマは、bashのバージョン4以降から使用できるようになった「連想配列」です。(2019/6/5)

漫画『ボボボーボ・ボーボボ』期間限定の無料配信をジャンプ+で開始 ただし最終回から
配信方法も作品名の濁点もハジケてます。(2019/6/2)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(62):
長崎編:今は仕事よりも時間が大切――南の島でフリーランスエンジニアとして働く「りょうさん」のお話
奨学金返還サポートを10年間受けつつ、釣りをしながらフリーランスのエンジニアで働く(ことも可能)――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」長崎編最終回は、五島市役所職員と、Iターンエンジニアにお話を伺いました。(2019/5/30)

ITの教室:
【WSL入門】第4回 bashの展開機能と正規表現の基礎
WSLのメリットには、さまざまなコマンドで利用できる「正規表現」とシェルのbashの展開機能がある。この2つを理解することで、WSLの利用価値が大きく向上する。WSL入門の最終回として、この2つの機能を紹介しよう。(2019/5/24)

CloseBox:
ゲーム・オブ・スローンズ最終回、ネットを席巻 これで本当に終わり?
9年8シーズンに及ぶ人気ファンタジードラマがついに最終回を迎えた。(2019/5/20)

もはやただのモノクロ版……? 海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」OPをオレオで作った動画が比較してわかるすごさ
ドラマ本編はもうすぐ最終回です。(2019/5/13)

「のび太は植物状態」など都市伝説化している“ドラえもん最終回” 本物のエピソード知ってる?
ググるといろいろ出てくるけど、どのエピソードが本物なの?(2019/5/13)

インバウンドリクルーティング入門 最終回:
HubSpotを採用活動に活用して求職者との中長期的なコミュニケーションを実践する
本連載もいよいよ最終回となりました。今回はHubSpotを使ったインバウンドリクルーティングの実践について解説します。(2019/5/8)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(11):
雑草で売電収益が圧迫された太陽光発電所、現場をどう改善したのか?
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の一つとなっている雑草対策について解説する本連載。最終回となる今回は、実際に雑草に起因した問題に悩まされていた太陽光発電所を、運営体制も含めて改善した事例を紹介します。(2019/5/8)

「働き方改革」プロジェクトリーダーを命ず:
【第10話】最終回・改革プロジェクトに終わりはない
軌道に乗り始めた働き方改革プロジェクト。うまくいったコツには「5カ条」が関係していたようだった。そこで意外な人物が登場……?(2019/4/26)

西村博之が語る「令和ニッポンの処方箋」【後編】:
ひろゆき流“オワコン日本”の幸福論―― 他人とズレていたほうが幸せになれる!!
ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言。最終回は“オワコン日本”でも「おいしく」生きていくための方法論。(2019/4/26)

IHSアナリスト「未来展望」(16) 2019年の半導体業界を読む(4):
多眼化が進むスマホ、イメージセンサー市場はレッドオーシャンに?
IHSマークイットジャパンのアナリストが、エレクトロニクス業界の2019年を予測するシリーズの第4回。最終回となる今回は、イメージセンサー/カメラについて予測する。(2019/4/24)

AI自然言語処理で暗黙知に切り込む(4):
自然言語AIでベテランの暗黙知を活用せよ、その具体策
デジタル技術による変革が進む中、製造業はどのようなことを考え、どのような取り組みを進めていくべきだろうか。本連載では「AIによる自然言語処理」をメインテーマと位置付けながら、製造業が先進デジタル技術とどう向き合うかを取り上げる。最終回となる第4回では自然言語活用の具体的なポイントを解説する。(2019/4/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.