メディア

2015年新春トップインタビュー特集

 2015年が幕を開けた。
 経済情勢が大きく変動し、技術革新も目まぐるしく起こる昨今、エレクトロニクスなどモノづくり製造業の主要各社は、2015年をどのように乗り切り、そして、成長を遂げようとしているのか。主要各社のトップに、2015年の経営戦略を聞いた。

アヴネット

代表取締役社長 トム・マッカートニー氏:

世界的なディストリビュータであるAvnetは2015年1月1日付で、日本の事業会社「アヴネット株式会社」を発足させた。これまでの2社体制から1社体制とすることで効率化を図りつつ、成長分野へのリソース配置を行う狙い。「新体制の下、業務効率を高めて成長分野での取り組みを加速し、2015年内に国内独立系エレクトロニクス商社の上位を目指し、さらにビジネスを広げる」と語るアヴネット代表取締役社長のトム・マッカートニー氏に聞いた。

アドバンテック

社長 マイク小池氏:

産業用PCなど組み込み機器の世界的メーカーであるAdvantechは、今後、急速な成長が見込まれるIoT(モノのインターネット)市場に積極的な投資を行っている。さまざまなベンダーと協力関係を築き、ハード/ソフトだけにとどまらず、IoT全体を包括するソリューションの構築を加速させている。Advantechの日本法人であるアドバンテックで社長を務めるマイク小池氏が、IoT市場への取り組みを中心に今後の事業戦略について語った。

アナログ・デバイセズ

代表取締役社長 馬渡修氏:

アナログ・デバイセズは、高精度アナログICを中心にシグナルチェーン全体をカバーする製品ポートフォリオを武器に、自動車、産業機器、通信機器、ハイエンド民生機器でビジネスを拡大させている。「2015年はさらにユーザーエクスペリエンスを向上させて、国内で2桁の売り上げ成長を目指す」という日本法人社長の馬渡修氏に聞いた。

STマイクロエレクトロニクス

日本法人代表取締役社長 マルコ・カッシス氏:

STマイクロエレクトロニクスは2015年、「MEMS & センサ」「スマートパワー」「車載用製品」「マイクロコントローラ」「デジタル製品」の注力5分野での一層のビジネス拡大を目指す。本社エグゼクティブ・バイスプレジデントで日本・韓国地区を統括するマルコ・カッシス氏は「われわれは他社にはない独自の技術アプローチによってイノベーションを起こすことに集中している。2015年も、技術革新で注力5分野それぞれに新たな価値を提供したい」と抱負を語る。

NXPセミコンダクターズジャパン

代表取締役社長 原島弘明氏:

NXPセミコンダクターズジャパンは、「2015年12月期の売上高を2012年12月期と比べ2倍とする」シナリオを、1年早めて達成できる可能性が出てきた。これを受けて2017年12月期には、2012年12月期の3.5倍となる売上高を目指す。主力分野の車載向けICに加え、安全で堅牢なコネクション技術を中心に、ソリューション・ビジネスを強化していく。また、世界トップシェアとなったロジックやディスクリートなどのスタンダード製品の販売も引き続き強化する。

計測エンジニアリングシステム(COMSOL Inc.日本総代理店)

スウェーデンCOMSOL AB/米国COMSOL, Inc. Ed Fontes氏&Walter Frei氏:

「COMSOL Multiphysics」は、スウェーデンのCAEベンダーCOMSOL ABが提供する、高い機能と精度を兼ね備えたマルチフィジックス解析(無制限強連成解析)のCAEツールだ。COMSOL ABのCTOであるEd Fontes氏と、米国法人のCOMSOL, Inc.でApplications Teamマネジャーを務めるWalter Frei氏に、最新バージョン投入の狙いと今後の戦略について聞いた。

テレダイン・レクロイ・ジャパン

代表取締役 原直氏:

テレダイン・レクロイは、高性能オシロスコープで強みを持つ。3年ほど前からミッドレンジやローエンドの製品群も相次ぎ投入し、事業の拡大を狙う。特に、3相モータ制御システムの開発/評価用途に向けた8チャネルの高速、高分解能オシロスコープが注目を集める。テレダイン・レクロイ・ジャパンの代表取締役を務める原直氏は、「市場動向にも機敏に対応していく」と話す。

東京コスモス電機

代表取締役社長 高橋秀実氏:

東京コスモス電機は、環境関連の新製品に引き合いが増えている。主力の可変抵抗器事業/車載用電装品事業で近年、投入した新製品の受注拡大を受け、2015年は生産能力増強にも着手する。社長の高橋氏は「大幅な受注増が見込まれる2016年以降に備えるとともに、時代にあった新製品をさらに開発していく」と2015年の抱負を語る。

トレックス・セミコンダクター

代表取締役社長 藤阪知之氏:

トレックス・セミコンダクターは、電源ICを中心としたアナログIC専業メーカーだ。高効率で低消費、低ノイズの電源ICを小型パッケージで実現する技術力を強みとする。産業機器/車載機器、ウェアラブル機器向けなど成長市場に向けた製品戦略を強化しつつ、既存製品分野ではモジュール製品向けなどを展開する。これらの取り組みによって、高収益体質のさらなる強化を図る。

マキシム・ジャパン

代表取締役社長 滝口修氏:

米マキシム・インテグレーテッドの日本法人マキシム・ジャパンは、自動車、産業機器/医療機器、高付加価値民生機器市場を事業の3本柱に据える。特に、自動車は平均年率50%以上、産業機器/医療機器は年率20%以上の急成長を遂げ、わずか5年ほどで事業の柱に育てた。社長の滝口修氏は、「マキシム全社として、日本市場の重要度が高まっている。2015年は、日本市場に向けた製品を投入し、高い成長率での事業拡大を続ける」と語る。

リニアテクノロジー

代表取締役 望月靖志氏:

リニアテクノロジーは、自動車や産業機器など技術進化が急速に進む分野で、高性能/多機能化と小型/低消費電力/低放熱化を両立させるなどのソリューション提供を通じて、事業規模をさらに拡大させる方針。「他社ができないことを実現するのがリニアテクノロジー。自動車、産業機器、通信機器などは次世代に向け技術課題が山積している状態は当社にとって追い風で、課題を解決する“解”を提供する」と語る日本法人代表取締役の望月靖志氏に聞いた。

提供:
アイティメディア営業企画/制作:EE Times Japan/EDN Japan/MONOist編集部/掲載内容有効期限:2015年2月12日

Copyright© 2019 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

2015年【新春トップインタビュー】一覧

矛盾を抱える技術課題に“解”を提供する

自動車、産業/医療の重要市場“日本”で急成長を維持する

コイル一体型DC-DCコンの生産を3倍以上に、電池駆動の産業機器へ浸透

“時代にあった新製品”に手ごたえ、積極投資で受注増に万全を期す

市場の変化に機敏に対応、『モータのトップランナー化』にも貢献

設計者に使ってもらえるCOMSOLとは――最新バージョンでCAEに革命を起こす

売上倍増計画を1年前倒しで達成!コネクション技術でさらなる躍進へ

独自の方向性でイノベーションを起こし、新たな価値を

日本で2桁成長を目指す――ユーザーエクスペリエンス追求

積極投資を継続、Advantechが“IoTを体現する”

事業規模の拡大を通じ、高度かつ高品質なサービスを提供する

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.