メディア
連載
» 2015年05月29日 09時00分 公開

EtherCAT通信の仕組みを知ろう〜メイドは超一流のスナイパー!?江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(2)(7/8 ページ)

[江端智一,EE Times Japan]

SOEMの構築

(4)SOEMの構築

 SOEMのデバッグ/トレース環境構築は次回にご説明致しますので、今回は、とにかくEtherCATのスレーブを動かしてみましょう。

(Step.1)ソースコードをダウンロードする

 こちらから、バージョン1.3.0をダウンロードして、適当なディレクトリに展開してください。私は、ディスクトップに置きました。

photo

(Step.2)Visual C++ 2010(無償版)をインストールする

 こちらからダウンロードできます。どこにインストールするかは、何も考えずに「OK」ボタンを押し続けていました(Cドライブになると思います)。

(Step.3)SOEMを展開したディレクトリで、以下を実行する

make_libsoem_lib.bat "C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\VC" x86
make_test_win32.bat "C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\VC" x86
make_test_win32_all.bat "C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\VC" x86

 「ユニコードにしろ」だのなんだのと、メッセージがやかましいですが、一応コンパイルできて、2つの実行ファイル、

test\win32\slaveinfo\slaveinfo.exe
test\win32\simple_test\simple_test.exe

が出来ているはずです。

 もし、うまくコンパイルできなかった場合には、実際にCドライブのトップからディレクトリ名を調べて見てください。Windows7の32bitと64bitで若干ディレクトリの名称が変わっているようなので、実際のディレクトリ名に合わせてください。

(Step.4)slaveinfo.exeによる動作チェック

slaveinfo.exeは、イーサネットに繋っているEtherCATスレーブの情報をかき集めてきて、それを表示するツールです。マスタの命令に応じて、EtherCATスレーブが、それぞれの持っているROM(EPPROM)に書き込まれた情報を、マスタに差し出すことで実現されます。

cd test\win32\slaveinfo

として、

slaveinfo.exe

と、打ち込むと、「NICの情報がないよー、この中から選んで付けて」と言ってきますので、

photo

 先程Wiresharkで調べたNICの情報を添付します。

photo

このようにスレーブの構成情報が表示されます。この情報の読み方は、次回御説明致します(とても重要です)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.