メディア
ニュース
» 2019年09月06日 11時30分 公開

イノベーションジャパン 2019:エッジAI、水中での無線給電 500超の研究成果を披露 (4/4)

[永山準, 村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3|4       

カメラとマーカーで構成した触覚センサー技術

 北陸先端科学技術大学院大学の准教授、Ho Anh Van氏らのグループは、ロボットアームなどに向け、カメラを利用した触覚センサー技術を紹介していた。同グループが開発した触覚センサーは、アクリルパイプがシリコン膜で覆われた細長い構造をしており、両端に内蔵された2個のステレオカメラが、シリコン膜の内部に並ぶ直径6mmのマーカーの画像データを取得することで、接触状態や圧力の推定が可能だという。

 カメラとマーカーの組み合わせで構成することで、従来のシステムのようなセンサーの断線といった心配もいらず、比較的安価に導入が可能だとしている。現在、読み取れる変形量は内向きに10〜15mm程度といい、今後機械学習も取り入れることで、高精度化を進めていく方針だ。

左=展示されていたデモンストレーションの様子、シリコン膜を触ると、モニター上に変形、圧力の情報が反映された/右=シリコン膜を裏返した状態。白いマーカーが128点並べて塗布されている

ベクトルポテンシャルだけを発生するコイル

 岩手大学理工学部准教授、大坊真洋氏らのグループが開発する「磁界ではなくベクトルポテンシャルだけを発生するコイル」の展示も行われた。これは、ソレノイドコイルをさらに円筒に巻いた2重コイルを用いた独自の技術で、磁場を発生することなく直線のベクトルポテンシャルを発生することができるという。

 この技術を使うことで、磁気シールドなども透過して信号を伝送ができることから、今後開発を進め、非破壊検査や水中での通信など幅広い分野への応用を期待しているという。

左=『磁場でも電場でもなくベクトルポテンシャルで考えたコイル』の概要/右=展示されていたベクトルポテンシャルだけを発生するコイル
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.