メディア
Special
» 2021年01月13日 10時00分 公開

エンジニアに“革新を起こす自由”を提供したい、豊富な製品群とサポートで業界を支えるMicrochipMicrochip Technology プレジデント兼COO Ganesh Moorthy氏

5GやIoT、自動運転、AIなど「6つのメガトレンド」を軸に成長を目指すMicrochip Technology。2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けつつ、サプライチェーンを素早く立て直し、堅調な売上高を維持した。Microchip Technologyのプレジデント兼COOを務めるGanesh Moorthy氏は、同社のトータルソリューションでエンジニアを支えたいと強調する。

[PR/EE Times Japan]
PR

――2020年の業績はいかがでしたか。

Ganesh Moorthy氏 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が当社の事業および、顧客各社に及んだことから、われわれは「供給側のショック」と「需要側のショック」の両方を経験することとなった。ただし、こうした苦戦を強いられたにもかかわらず、Microchipの売上高は堅調に推移した。

――2021年の業績見通しについてお聞かせください。鍵となる成長戦略は、何でしょうか。

Moorthy氏 2019年は主に米中貿易摩擦による低迷を経験し、2020年はCOVID-19による困難を味わったが、2021年は「成長の年」になると前向きに見ている。

 Microchipは、2021年以降の数年間の成長戦略を立てる上で、「5G」「IoT」「データセンター」「電気自動車(EV)」「ADAS(先進運転支援システム)/自動運転」「AI(人工知能)/機械学習」の6つのメガトレンドを重視している。

 成長を後押しするための要となる戦略は、まず新しい革新的なソリューションを提供するための投資が挙げられる。さらに、より優れた技術サポートを提供することも重要となる。われわれの顧客の成長を支えるべく、設備投資にも注力していく。

――COVID-19は、ビジネス面にどのような影響を与えましたか? パンデミックが、2021年以降の業界にもたらす影響については、どのようにお考えでしょうか。

Moorthy氏 2020年前半は、特に当社のサプライチェーンの一部に影響が及んだ。

 エンドマーケットについては、自動車や産業機器、民生機器、航空などの市場で需要減といった影響があった。一方で、リモートワークや医療機器など、COVID-19の感染拡大によって需要が増加した市場もあり、マイナスの影響ばかりではなかった。

 COVID-19や米中貿易摩擦など、先行き不透明な問題が続いた過去2年間だったが、先ほども述べたように2021年は、成長が期待できる明るい年になるのではないか。

――現在、エンジニアが直面している課題は何でしょうか? そうした課題を解決するために、Microchipが果たせる役割についてお聞かせください。

Moorthy氏 エンジニアは、性能と消費電力について適切なバランスを備えた、革新的なソリューションを、いかに短期間で市場に投入するかという点で、常に挑戦し続けている。開発する製品は、革新的であるだけでなく、ターゲットとするアプリケーション市場において、競争力のあるコストも実現しなくてはならない。Microchipは、スマートでコネクティビティを備え、そしてセキュアなトータルシステムソリューションと、さまざまな形での技術的なサポートを通じて、エンジニアに“革新を起こす自由”を提供したいと強く思っている。

――2020年、半導体業界には巨大M&Aの嵐が吹き荒れました。このトレンドについてどのようにお考えですか? M&Aに対するMicrochipの戦略も併せてお聞かせください。

Moorthy氏 巨大M&Aが続くということは、半導体業界の成長が十分ではないことを示しているのだろう。1社のみでは成長し続けられないので、特にここ10年、大きなM&Aにつながっているのではないか。2020年のM&Aは、金額が非常に大きかった。われわれは、M&Aを行うのであれば、より賢明かつ現実的な金額で取引や交渉をするだろう。


新春トップインタビューIndexページに戻る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:Microchip Technology
アイティメディア営業企画/制作:EE Times Japan 編集部/掲載内容有効期限:2021年2月12日

エンジニアに“革新を起こす自由”を提供したい、豊富な製品群とサポートで業界を支えるMicrochip

“アナログの泥臭さ”が生きる低電圧出力が勝負どころに、設計力を底上げしタイムリーな製品投入を狙う

コロナ禍で従業員が団結、“追い風が吹く半導体業界”を260万点以上もの常時在庫で徹底支援

ボーダレス化に対応する「ONE TEジャパン」 ―― 花ひらく1年に

20周年迎えたコアスタッフ、ハイブリッド型商社として事業領域拡大し次のステージへ

日本での事業規模は2倍に、サイプレス買収でパワーアップした「新しいインフィニオン」を打ち出し飛躍を目指す

スピード感を重視しアナログ・デバイセズの高い技術力を日本にいち早く届ける

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.