Special
» 2017年01月16日 10時00分 UPDATE

アドバンテック 社長/日本地区最高責任者 マイク小池氏:完全な「IoTカンパニー」となったAdvantech、シェアリングエコノミーの拡充で業界の成長を支える

2010年から「インテリジェント・プラネットの実現」というビジョンを掲げ、IoT(モノのインターネット)に向けた戦略転換を図る台湾Advantech。同社日本法人の社長を務めるマイク小池氏は、2017年に向けた新しい組織体制が完成し“完全なるIoTカンパニー”になったと強調する。設立20周年を迎える日本法人の2016年の取り組みと、IoT業界の成長を支える事業戦略について聞いた。

[PR/EE Times]
PR

インテリジェント・プラネットの実現へ

マイク小池氏

――IoT(モノのインターネット)に向けた取り組みを積極的に行われています。

マイク小池氏 当社は、2010年から「インテリジェント・プラネットの実現」というビジョンを掲げてきた。IoTに向けて戦略転換を図ることを意味しており、その実現までには3つのフェーズがあると考えている。1つ目のフェーズは「IoTデバイス」であり、当社はハードウェアのラインアップ拡充を進めてきた。現在、第2フェーズの「IoT SRP(Solutions Ready Platforms)に差し掛かっており、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたソリューションとして提供する段階となっている。

 第2フェーズは今後5〜10年間で大きな成長期に入るが、最終的には第3フェーズの「IoTクラウドサービス」となり、2025年には1000兆円という市場規模になることが予測される。第3フェーズでは、システムインテグレーター(SI)を中心とした当社の顧客がビジネスを進める段階に入る。当社としては、ハードウェアのプラットフォームを提供することにより、IoT業界を大きく支える存在になりたいと考えている。

――第2フェーズに入る中、2016年はどのような展開を進めてきましたか。

マイク小池氏 第2フェーズに向けて、さまざまな取り組みを国内で進めた。2016年2月には、収集したデータをクラウドサービスで活用するためのソフトウェアプラットフォーム「WISE-PaaS」と、日本IBMのPaaS「Bluemix」「SoftLayer」との連携を発表した。特に、スマート・マニュファクチャリング市場向けのIoTソリューションの提供について、協業を進めている状況だ。

 同年6月には、ARM、Bosch Sensortec、Sensirion、Texas Instrumentsと提携して展開するセンサープラットフォームのオープン規格「M2.COM」の発表も行った。M2.COMは、マイコン、無線通信機能および、センサーインタフェースをパッケージ化したIoTセンシングデバイス向けプラットフォームだ。

M2.COMの概要

 また、Microsoftの「マイクロソフト・グローバル・IoTバリュード・パートナー」の認定を受け、国内でEmbeddedとAzure CSPの正規販売代理店として契約を締結した。組み込みおよびIoTソリューションをワンストップで提供することが可能となっている。

2期工事が完了した林口キャンパス

――台湾・林口キャンパスの2期工事も終えました。

マイク小池氏 IoT戦略を加速させるため、台湾・林口キャンパスへの投資を進めてきた。2014年に1期工事が終わり、2016年には2期工事が完了している。林口キャンパスは、IoTインテリジェントキャンパスとなっており、インダストリ4.0を具現化する最新設備を導入した工場が稼働している。

 同年10月には林口キャンパスで、顧客やパートナーを対象としたカンファレンス「2016 Advantech Embedded IoT Partner Summit」を開催した。国内からは、日本IBMと富士通に登壇していただき、日本におけるIoTの先進性を世界にアピールできた。

 特に富士通には、同社工場におけるインダストリアルIoTに向けた取り組みについて講演をしていただいた。島根富士通の工場では、Intelと共同開発したIoTゲートウェイ「UTX-3115」が採用され、不良品のモニタリングとして活用されている。

 同工場では、修理対象製品にビーコンセンサーを取り付け、製品の位置情報などをリアルタイムに確認する実証実験を行った。UTX-3115は、Intelのプロセッサ「Atom E3826」が搭載されており、大量のセンサー情報や画像解析に耐えられる処理性能を持つのが特長である。ビーコンセンサーからの情報を収集する際に実運用で活用され、運送費の削減に貢献することができた。

林口キャンパス

 さらに、2016 Advantech Embedded IoT Partner Summitでは、WISE-PaaSにおいてARMのクラウドソリューション「mbed」と連携を強化することも発表している。

――業績面ではどのような推移となっていますか。

マイク小池氏 2016年上半期の連結純利益は、前年比9%増となる27億台湾ドルと過去最高を実現し、株価も年初に比べて約20%上昇した。蔡英文政権へと変わり、インダストリ4.0などの取り組みを積極的に進めており、今後の政策期待も追い風となっている。

 また、成長力や収益性、資本効率などが独自に点数化された「Nikkei Asia300実力企業ランキング」(2016年6月)では、台湾企業の中で5位にランクインした。

2017年は「シェアリングプラットフォーム・ビジネス」を推進へ

――2017年の展望を教えてください。

マイク小池氏 2017年は、IoT時代における組込みコンピューティング産業の変化が起きると思っている。RISCが大きな成長を迎えて納期の短縮や低価格化が進む中、シングルボードコンピュータから統合IoTコンピューティングシステムへの移行が進む。そこで求められるのは「IoTコンセプチャル販売モデル」である。

 IoTコンセプチャル販売モデルとは、従来のようなハードウェアだけでなく、上位クラウドソリューションに連携するためのソフトウェアまでを含めたソリューションパッケージとしての投入が重要になることを意味する。当社はソフトウェアのエンジニアを増やし、WISE-PaaSの付加価値向上を進めている。

 WISE-PaaSでは、オープンされた形でハードウェアとクラウドサービスをつなげる環境を用意している。先ほども述べたように、AzureやBluemixは正式に連携が可能だ。その他の幅広く活用されるクラウドサービスに対しても機能するようになっている。

AdvantechのIoTソリューション全体図

 2017年からは、新しいコンセプトとなる「EIS(Edge Intelligence Server)」に注力していく。EISとは、WISE-PaaSに接続するためのソフトウェア「WISE-Agent」を組み込んだIoTゲートウェイのことを指す。WISE-Agentを組み込むことによって、WISE-PaaSの機能を活用できるだけでなく、各種クラウドサービスへの接続が容易になる。クラウドサービスに対して、EIS自身がソリューションパッケージとなることを目指す。

――他に注力する分野などはありますか。

マイク小池氏 新しいコンセプトの「WISE-PaaS Marketplace」が挙げられる。

 ビッグデータの80%は、エンタープライズ向けに活用されている。それらのビッグデータ解析は現在さまざまな方法で行われているが、体系化されていないのが現状だ。データ解析で鍵となるのは、データを“知識化”することである。当社はアルゴリズムを用いることで、ビッグデータを知識化するAPIのフォーマットをより簡単に、低コストで提供できると考えている。このコンセプトを、WISE-PaaS Marketplaceと呼ぶ。MarketplaceにおけるAPIはオープンなものであり、誰でも参加することができる。

 WISE-PaaS Marketplaceでは、エネルギーや農業、医療向けなど各種ドメインで必要とされるAPIの開発環境を用意していく。当社もAPIの拡充を進めるが、SIやメーカーが開発したAPIも流通する形にしていきたい。重要なのは、ユーザーが各種ドメイン向けに開発したAPIに対して、当社のEISを用いるとIoTソリューションが容易に開発できるような場になることである。Appleの「iPhone」のようにハードウェアが軸となり、アプリがどんどん増えていく世界をIoTで具現化することが2017年のビジョンだ。

――WISE-PaaS Marketplaceの位置付けはどこになりますか。

マイク小池氏 SRPの1つとなる。先ほども述べたように、WISE-PaaS Marketplaceによって、多種多様なAPIが世の中に登場する。顧客が、当社のハードウェアと多様なAPIを組み合わせてSRPを開発し、販売するモデルを作っていく。

マイク小池氏

 もちろん当社としてはWISE-PaaSやEISを用意するが、Marketplaceは市場の流れに任せる形となる。最終的には、スマートシティーやインダストリアルIoTソリューションなど、専門領域に強みを持ったSIやエンドユーザーが、第3フェーズとなるクラウドサービスを開発することで、IoTの大きなマーケットが生まれると考えている。

 ハードウェアとしてのビジネスも今後増えていくと思うが、2020〜2025年にかけてはSRP/EISが成長のエンジンとなるだろう。2017年がその最初の年になる。

 ここまで挙げてきたWISE-PaaSの拡充を、当社は「シェアリングプラットフォーム」と呼んでいる。シェアリングプラットフォームは、パートナーと共同で作り上げるマーケットであり、ここから新しいIoTの市場構造が生まれてくる。アドバンテックは、WISE-PaaSを中心に継続的なイノベーションを行い、IoTマーケット拡大への使命を果たしていく。

20周年を迎える日本法人

――最後に、あらためて2017年の意気込みをお聞かせください。

マイク小池氏 各市場に応じた新しい組織体制が2017年に向けて完成し、当社は完全なる「IoTカンパニー」となった。日本法人に関しても、3年連続で成長率ナンバーワンを記録し、本社からも投資の対象としてトップランクに入っている。私が就任した2012年と比べても社員数は2倍、売り上げ規模は約3倍を実現した。

 しかし、これまでの成長は始まりにすぎない。日本法人は、2017年で創立20周年を迎える。これまでの成長を糧に、次の20年を創る最初の年としていきたい。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:アドバンテック株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EE Times Japan 編集部/掲載内容有効期限:2017年2月15日

高性能アナログの価値をさらに高めるソリューション提供を強化

差異化技術を持つファウンドリとして大手に対抗する三重富士通セミコンダクター

広範な製品群とスピード、グローバル体制で車載半導体シェアを伸ばすCypress

Digi-Keyは豊富な品ぞろえと先進サービスで“日本の技術革新”を支援する

2017年、需要は爆発する――インダストリアルIoTに向け独自IPで競争力強化

パワーマネジメントで進化を続ける50年目のIntersil ――「賢い電源IC」を積極的に投入

製品群の拡充と”More Than Silicon” のソリューション提供でイノベーションの実現に貢献―アナログ・デバイセズ

完全な「IoTカンパニー」となったAdvantech、シェアリングエコノミーの拡充で業界の成長を支える

アジアとの連携、デジタルマーケティングを強化 ―― アヴネット、次なる成長へ準備着々

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.